「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は3月22日~24日、幕張メッセでドローンに特化した単独開催の国際展示会とコンファレンスからなる「ジャパン・ドローン2018」を開催する。


Japan Drone 2018とは

ジャパン・ドローン 2018 / Japan Drone 2018

http://www.japan-drone.com/index.html

日本で初めての本格的な民間ドローン専門展示会&コンファレンスの単独イベント、Japan Drone 2018。キーワードは「日本発。世界発。」イベントの進行状況にしたがってトピックスを適時に表示します。

日本で初めての本格的な民生用・商業用ドローン市場に特化したイベントとして2016年の初開催以来、今年で、3回目を迎えます。

参加者は、ドローンに関わる様々な産業分野のビジネスパーソンをはじめ、ドローンのサービスを活用したいビジネスユーザーや一般ユーザーなどが集い、たくさんの交流の場が生まれています。

第3回目となるJapan Drone2018は、「ドローンの事業化」を視野にスケールも内容もさらに拡充して開催いたします。

また、世界のドローンシーンの中心人物による数多くの講演を今回も予定しています。

是非、貴社製品やサービスのPRの場としてご活用ください。
情報収集やネットワーク構築など販路拡大の場としてもお役立てください。

■名称
ジャパン・ドローン2018|第3回/Japan Drone 2018
-Expo for Commercial UAS Market ー

■会期
【国際展示会】
2018年3月22日(木)~ 24日(土)
【国際コンファレンス】
3月22日(木)~ 23日(金)
【フライトショーケース】
3月22日(木)~ 24日(土)

■会場
幕張メッセ 展示ホール、国際会議場

■主催
一般社団法人日本UAS 産業振興協議会(JUIDA)

■共催
株式会社コングレ、株式会社スペースメディアジャパン

■出展者数
150 社・団体(予定)

■来場者数
10,000 名(予定)

■後援
経済産業省、国士交通省、内閣府地方創生推進室事務局、農林水産省、
千葉県、千葉市、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、
国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法人情報通信研究機構、
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(順不同 12/12 現在 申請中含む)

■協賛
一般社団法人日本産業用無人航空機工業会、一般社団法人日本ドローンコンソーシアム、一般社団法人セキュアドローン協議会、日本ラジコン模型工業会、一般社団法人強化プラスチック協会、一般財団法人総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)、学校法人日本航空学園、一般社団法人日本建築ドローン協会(JADA)(順不同 12/12 現在 申請中含む)

■入場料
¥2,000(税込)※ただし事前登録者、招待状持参者は無料

…この記事の続きを読む

情報提供元:Japan Drone 公式HP
http://www.japan-drone.com/index.html

この記事のライター

関連する投稿


【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月17日、都内で「新春パーティ」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが集まった。冒頭、JUIDAの鈴木真二理事長は2018年を「ドローン物流元年」と位置づけた。鈴木理事長のあいさつは以下の通り。


JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、ドローン産業関係者の新年の交流を図る『新春パーティ』を、1月17日に都内で開催する。現在、参加を呼びかけている。参加費はJUIDA会員は5000円、 一般は8000円だ。


D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


物流ドローンの機体は〝アラームレッド〟に JUIDAが「物流ガイドライン(案)」公表 飛行空路設定も提案

物流ドローンの機体は〝アラームレッド〟に JUIDAが「物流ガイドライン(案)」公表 飛行空路設定も提案

 ドローンによる物流実現に向けた制度整備の必要性が叫ばれる中、ドローンの業界団体、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は22日、議論の土台となる「JUIDA物流ガイドライン(案)」を公表した。幅100㍍、高さ60㍍の一方通行の飛行空路設定や、機体の色をアラームレッドと呼ばれる赤にすることなどを盛り込んだ。


台湾のドローン業界団体TWUASが来日、JUIDAと会談 人材育成、技術などで交流促進

台湾のドローン業界団体TWUASが来日、JUIDAと会談 人材育成、技術などで交流促進

 台湾のドローン業界団体、台湾無人機応用発展協会(TWUAS)の代表団が12月19日来日し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長ら幹部と会談した。交流活性化が目的で、22日までの滞在期間中にJUIDA認定スクールを訪問したり、日本の関連企業と情報交換をしたりする計画だ。


最新の投稿


2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国・商業用ドローン市場の規模が、600億元(約1兆322億円)を超えるとの分析が公表された。


【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月17日、都内で「新春パーティ」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが集まった。冒頭、JUIDAの鈴木真二理事長は2018年を「ドローン物流元年」と位置づけた。鈴木理事長のあいさつは以下の通り。


茨城県が森林・林業分野におけるドローン技術の活用実践検討会を開催

茨城県が森林・林業分野におけるドローン技術の活用実践検討会を開催

危険が伴う林野災害での迅速な現場確認や効率的な地形データの取得などの森林調査測量等,森林・林業分野においてもドローンの活用を図ることを目的として,森林組合や県職員を対象とした検討会を開催する。


有楽町でドローン体験! 有楽町マルイで「ドローン・ザ・ワールド」期間限定開催

有楽町でドローン体験! 有楽町マルイで「ドローン・ザ・ワールド」期間限定開催

1月19日(金)~2月18日(日)、8Fイベントスペースで開催。


Dアカデミー関東 東京校 【 i-construction対応4日間コース 】1月28日~31日

Dアカデミー関東 東京校 【 i-construction対応4日間コース 】1月28日~31日

「i-construction」に特化した短期集中セミナーです。