システムファイブがDJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」1/23・24開催!

システムファイブがDJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」1/23・24開催!

システムファイブでは、DJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」を新たに開講いたします。


DJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」 1/23・24開催!

概要

この度システムファイブでは、DJIスペシャリスト育成プログラム「DJI CAMP」を新たに開講いたします。
「DJI CAMP」とは、世界No.1シェアを誇るドローンメーカーDJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主導している、ドローン操縦者向けの民間資格を取得するプログラムです。
本プログラムで取得できる技能資格「DJIスペシャリスト」は、実際にドローン飛行業務に携わる方の知識や技能を証明するものとなります。

ドローンの飛行が免許制ではない現在、誰でも簡単にドローンを飛ばすことができます。しかし実地で求められているのは、正しい製品知識と確かな操作技術、そして個々の現場における判断能力です。
「DJIスペシャリスト」の資格は、あなたがより正しく安全な飛行ができるということを証明します。
撮影業務においてドローンを使用するならぜひ資格の取得をご検討ください。

※本資格はDJI製の機体を使うことが前提となっています。他メーカーの機体については認定内容に含まれませんのでご注意ください。

弊社セミナーでお馴染みの講師陣が、自信をもってお教えします!

システムファイブが提供する本プログラムでは、DJI社オフィシャルムービーを含む多くの空撮業務を手掛ける株式会社アルマダス 吉田泰行氏と、DJI JAPANの認定を持つ弊社インストラクターが講師を担当。
過去に起きた事例をふんだんに用いながら、ドローンを安全に運航する上での技能・知識を教育し、「DJIスペシャリスト」を育成します。

開催場所は東京・半蔵門の弊社セミナールーム、そして東京タワーに隣接する「スターライズタワー」と、いずれもアクセスが良好な立地で行ないます。

「DJIスペシャリスト」 資格取得のメリット!

■ドローンを業務で使用する際に必要な正しい知識、正しい操縦方法、飛行モラルを習得していることの証明となります。
■一部ドローン保険の割引が適用されます。 詳細はこちらよりご覧ください。
■国土交通省への飛行申請の際に、以下の飛行形態についての一部資料が免除となります。

・人又は家屋の密集している地域の上空
・人又は物件と 30mの距離が確保できない飛行
・進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
・地表又は水面から 150m 以上の高さの空域
・催し場所上空の飛行

受講対象者

・無人航空機の飛行時間が10時間を越えている方
・DJI社の機体を運用している方
※上記の2点をすべて満たしている方のみご参加いただけます。

講師

二木 洋

RC歴20年以上のベテランオペレーター。
F3C日本選手権(国際航空連盟の定めるラジコンヘリ競技会)の上位入賞常連者。
RCヘリコプター技能証D級所持、産業用無人ヘリコプター「R-50」「RMAX」飛行技術認定所持など、確かな操縦技術に定評がある。
JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定インストラクター、DJI社認定インストラクターとしても幅広く活躍中。

吉田泰行氏(株式会社アルマダス 代表)

1985年埼玉県生まれ。カリフォルニア大学 ロングビーチ校在学中に水中撮影に出会い、カメラを始める。
大学卒業後、愛知県にて株式会社アルマダスを設立。空撮機材やDJI Ronin等のスタビライザーを使用し、PV制作を中心に活動中。
Canon Cinema EOSシリーズを核としたワークフローを構築し、AF機能を活かした機動性の高い撮影を得意とする。
DJI認定インストラクターとして活躍中。

日時と会場

◆日時
1日目 2018年1月23日(火) 10:00~17:00 (座学、途中休憩あり)
2日目 2018年1月24日(水) 10:00~16:00 (筆記試験及び飛行試験、途中休憩あり)
※Webによる事前予約制です。 ※ 受付は15分前より開始します。
※2日間通しでご参加頂く必要がございます。 ※認定証発行用の証明写真を撮らせて頂きます。
※10時間以上の飛行操縦経験をご証明いただくため、1日目受付時にDJI GO4アプリの飛行記録をご提示頂きます。

◆会場
1日目:株式会社システムファイブ PROGEAR半蔵門セミナールーム
<所在地>〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
<連絡先>TEL : 050-3187-9555|FAX : 03-5212-5101
<MAIL>proseminar@system5.jp <営業時間>月~土曜日 10:00-19:00|定休日 日・祝

2日目:スターライズタワー5F Studio Jupiter
<所在地>〒105-0011 東京都港区芝公園4-4-7 東京タワーメディアセンター内
<最寄り駅>
大江戸線 赤羽橋駅 / 赤羽橋口 徒歩5分
日比谷線 神谷町駅 / 1 徒歩7分
三田線 御成門駅 / A1 徒歩6分
浅草線 大門駅 / A6 徒歩10分
JR 浜松町駅 / 北口 徒歩15分

参加費用と定員

◆参加費用:64,800円(税込)
◆定員:20名様
◆持ち物:DJI CAMP技能検定テキスト 3,240円(税込)

※テキストはあらかじめご用意ください。ご注文はこちら!
※当日購入する事も可能です。
※事前にWeb上でのお申込と、クレジットカード又は銀行振込によるお支払が必要となります。
※試験に合格された方は後日、DJIスペシャリストの認定書・認定カード発行手数料として別途16,200円(税込)が必要になります。
※お申し込み後のキャンセルは、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。

▼本セミナーにご参加いただく場合には、以下の項目への同意が必要です。
・同業者の方のお申込みについてはお断りさせて頂いております。
・セミナー中は、弊社および関係会社が写真撮影を行います。
・撮影内容にはお客様が映り込む可能性がございます。
・撮影した画像データは、弊社WebサイトやSNSサイトなどに掲載される場合がございます。
・お客様ご自身によるセミナー内容の撮影・録音・ネット配信などは一切禁止とさせていただきます。
・セミナー時は、スタッフの指示に従ってください。万が一、従っていただけない場合は退場していただく事もございます。
・当日はDJI CAMP 秘密保持契約書にサインをして頂きます。
・技能資格認定書発行の為、個人情報をDJI CAMP運営事務局へ開示いたします。あらかじめご了承ください。

お申込みはこちら

※受講申込システムにはシステムファイブのオンライン注文システムを利用しております。
そのため、オンラインショップへの会員登録(無料)が必要となります。

スケジュール

1日目:PROGEAR半蔵門セミナールーム

[10:00~12:00] 座学
[12:00~13:00] 昼食 ※弊社でご用意いたします。
[13:00~17:00] 座学

【学習内容】
第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全基準
第3章 禁止事項
第4章 マルチコプターの概論
第5章 電波について
第6章 気象について
第7章 飛行について
第8章 DJI製品について
第9章 法律について

2日目:スターライズタワー5F Studio Jupiter

[10:00~10:30] 試験説明
[10:30~11:30] 筆記試験
[11:30~12:30] 昼食 ※弊社でご用意いたします。
[12:30~16:00] 飛行試験 ※機体のお持ち込みは不要です。飛行試験では弊社がご用意する『Phantom 4 Pro』を使用します。

【飛行試験内容】
1.機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。
2.離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。
3.ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4.右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
5.対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)
6.前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。
7.対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。
8.8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)
9.ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)
10.着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。

試験後の流れ

◆1週間以内に弊社担当者より合否の連絡を致します。合格された方はDJIスペシャリストに認定されます。
◆不合格だった場合は、別日での再受講となりますのでご了承ください。
◆合格された方には、DJI CAMP事務局より認定書発行費用の入金先情報についてご連絡差し上げます。
◆ご入金確認後、翌月20日頃にDJI運営事務局より認定書と領収書を送付致します。
 顔写真入りの認定カードは約1~2ヶ月後にお届けいたします。
 ※2ヶ月経っても届かない場合は、DJI CAMP事務局までご連絡ください。

認定書発行に関するお問合せ先
<DJI CAMP事務局>
エアロエントリー株式会社内 DJI CAMP事務局
Email:admin.djicamp@aeroentry.co.jp
TEL:03-6661-9577(平日10:00~12:00、13:00~17:00)
FAX:03-6661-9760

◆主催
株式会社システムファイブ
◆協力
DJI JAPAN株式会社
◆お問い合わせ先
TEL:03-5212-5100 | FAX:03-5212-5101
東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
株式会社システムファイブ PROSEMINAR事務局

情報提供元:株式会社システムファイブ
https://info.system5.jp/proseminar/archives/17940

この記事のライター

関連するキーワード


DJI CAMP

関連する投稿


セキド「ドローン技能認証」DJI CAMP ~DJI スペシャリスト 育成プログラム~ in 横浜 2018年間スケジュール

セキド「ドローン技能認証」DJI CAMP ~DJI スペシャリスト 育成プログラム~ in 横浜 2018年間スケジュール

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、DJIドローン技能認証 DJI CAMP の2018年度年間スケジュールを発表しました!


第13回DJIスペシャリスト認定資格試験(2月22-23日)札幌会場開催

第13回DJIスペシャリスト認定資格試験(2月22-23日)札幌会場開催

DJI CAMPとは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格が取得できる企業向けプログラムです。


第12回DJIスペシャリスト認定資格試験(1月25-26日)札幌会場開催のお知らせ

第12回DJIスペシャリスト認定資格試験(1月25-26日)札幌会場開催のお知らせ

DJI CAMPとは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格が取得できる企業向けプログラムです。


第11回DJIスペシャリスト認定資格試験(12月14-15日)札幌会場開催のお知らせ

第11回DJIスペシャリスト認定資格試験(12月14-15日)札幌会場開催のお知らせ

DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格が取得できる企業向けプログラムです。


DJI CAMP×スカイシーカーが夜間飛行と目視外飛行の特殊訓練 9,28〜29

DJI CAMP×スカイシーカーが夜間飛行と目視外飛行の特殊訓練 9,28〜29

第5回目となるDJI CAMPの日程が決定致しました。今回は【夜間飛行、目視外飛行】の研修内容も組み込んでいる為、夜間飛行や目視外飛行の国土交通省への許可申請がスムーズになります。


最新の投稿


【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

 ドローンの研究と社会実装を目指している慶應義塾大学の自主活動“ドロゼミ”のメンバーはこのほど、湘南海岸沿いに国道をはさんで広がる神奈川県立辻堂海浜公園(神奈川県藤沢市)で、空撮活動を実施した。初めてドローンに触れてから3カ月で、公共の場での撮影にこぎつけた。


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。