ヘビーデューティーな産業用自律式AIドローン「Sparrow」

ヘビーデューティーな産業用自律式AIドローン「Sparrow」

イスラエルの「Percepto社」(2013年設立)の「Sparrow(雀)」は、産業用のAIドローンである(「Percepto Autonomous Drones」)。


「ストックホルム国際平和研究所」のレポートによると、1985年から2014年に世界で輸出入されたドローン(UAV:無人機)の輸出額の60.7パーセントはイスラエル発(「The numbers behind the worldwide trade in drones」)とされている。この中には軍事用も含まれるが、昨今のドローンは民生用、娯楽用も増えてきている。

例えば、イスラエルの「Percepto社」(2013年設立)の「Sparrow(雀)」は、産業用のAIドローンである(「Percepto Autonomous Drones」)。

プロペラは4翼4基、対角線が約1m、重さ8.5kg、フル充電で約40分間飛行可能、最高速度は時速75km、2kgの荷物を運ぶことができる。石油や天然ガスの生産設備、精製設備、発電所、大規模工場、港湾設備などで、監視や検査などを行わせるためのドローンで、遠隔操縦も可能だが、基本的には自律的に飛行するよう設計されている。過酷な環境で、人手を介さずにミッションをこなせるドローンとなっている。

…この記事の続きを読む

情報提供元:WirelessWireNews
https://wirelesswire.jp/2018/01/62979/

この記事のライター

関連するキーワード


Sparrow イスラエル AI

関連する投稿


第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPO(東京・ビッグサイト)で、株式会社OPTiM(東京都港区)がドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示し、来場者の関心を集めた。


ミツイワとNTTコムウェア、ドローンによる漁業密漁の監視抑止に画像認識AI 「Deeptector®」 を採用し検証を開始

ミツイワとNTTコムウェア、ドローンによる漁業密漁の監視抑止に画像認識AI 「Deeptector®」 を採用し検証を開始

 ミツイワ株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる漁業密漁の監視抑止サービスにおける映像解析に、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(東京都港区/ NTTコムウェア)の画像認識AI 「Deeptector®」*1を採用することを決定、漁場におけるフィールド検証を4月から開始する。


日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社日立建設設計 (取締役社長:橘 滋夫、本社:東京都千代田区/以下、日立建設設計)と協力し、構造物の劣化箇所をAIで自動診断する「自動劣化診断機能」を「ドローン運用統合管理サービス」に追加した。


オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


コマツとNVIDIAがドローンの活用も含めた建設現場におけるAIの導入で協業

コマツとNVIDIAがドローンの活用も含めた建設現場におけるAIの導入で協業

大手建設・鉱山機器メーカーの株式会社小松製作所(本社:東京都港区、代表取締役社長(兼)CEO:大橋徹二、以下:コマツ)は、建設現場の安全と生産性を高めていくために、ドローンの活用も含めて建設機器へのAI導入を目的にNVIDIAとの協業を発表した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。