【CES2018】パワービジョンがインテリジェント水上ロボット「PowerDolphin」を発表

【CES2018】パワービジョンがインテリジェント水上ロボット「PowerDolphin」を発表

米国ラスベガスで開催されているCES 2018で、パワービジョン社が新製品「PowerDolphin」を発表した。水上での4K撮影や水難救助に餌撒きなどの機能を備えたインテリジェントな水上ロボット。


最大1,000mに対応するリモートコントロール

ルアーを取り付けて釣りをするイメージ

 「PowerDolphin」は、4K HDカメラを搭載した水上ロボット。最大で1,000mの範囲でリモートコントロールによる遠隔操作が可能。バッテリは約2時間で、4K動画の撮影に加えて、1080Pの動画をリアルタイムで伝送できる。移動速度は、5.00m/sのハイスピードモードから、3.00m/sのミディアムスピードに2.00m/sのロースピードを設定できる。速度とバッテリの消費は反比例となるので、高速で移動するとバッテリの消費は多くなる。本体の前方に取り付けられたカメラは、ダブルジョイント式で最大215度まで可動する。水平方向は最大132度までの広角が、上下視野は-135〜+80度まで撮影できる。また、ベイトコンテナという餌用の容器の牽引が可能で、目的の場所に魚の餌を投入できる。ルアーのトロールにも対応しているので、釣りも楽しめる。そして、牽引ラインを取り付けて浮き輪やライフジャケットなどの救援用品を届けられる。
 パワービジョングループの創業者で CEO の Wally Zheng(鄭 衛鋒)氏は「PowerDolphin はパワービジョン社の新しいライフスタイルロボットで、撮影や釣り、ウォータースポーツなどの愛好家だけでなく、水難救助や研究にも斬新な視点を提供できます。」と話す。
 CES 2018会場での展示の様子などは、同社のサイトで紹介されている。

http://www.powervision.me/jp/html/pv/news_details.html?id=2098

浮き輪などの牽引もできる

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】パワービジョンが卵型ドローンから水上ドローンまで展示

【国際ドローン展】パワービジョンが卵型ドローンから水上ドローンまで展示

幕張メッセで開催された国際ドローン展にパワービジョンが出展し、卵型ドローンのパワーエッグに水中ドローンのパワーレイ、そして水上ドローンのパワードルフィンを紹介した。(田中亘)


PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」のメインステージで、PowerVision社(中国)が水中ドローンを披露した。マリンスポーツを楽しむボートオーナーの多くが、水中・水上ドローンに高い関心を示した。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


新型ドローン「PowerEgg」の発売を 2017 年 11 月 11 日(土)に開始

新型ドローン「PowerEgg」の発売を 2017 年 11 月 11 日(土)に開始

中国の商業用ドローンの開発・販売を手掛けてきたパワービジョンの日本法人である臻廸(しんてき)日本株式会社(所在地:東京都多摩市、代表:王 珈瑶)は、ドローンの概念を変えるデザインと機能を兼ね備えた新型ドローン「PowerEgg」の発売を2017 年 11 月 11 日(土)に開始すると発表した。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。