オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進するため「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとしてオプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画し、実証実験を開始する。


「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画

 AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行(青森県青森市)と、金融分野ならびに農業分野で、AI・IoTの活用を推進するために「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとして、青森県の基幹産業である第一次産業のさらなる発展を図るべく、オプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業3社(有限会社サンマモルワイナリー、株式会社松山ハーブ農園、株式会社アグリーンハート)が参画し、実証実験を開始する。

オプティムの「スマート農業アライアンス」

 オプティムがすすめる「スマート農業アライアンス」とは、AI・IoT・ビッグデータを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組み。「オプティム・スマート農業アライアンス」へは、スマート農業を共に実現する未来志向の方々であればだれでも参画できる。「スマート農業アライアンス」に参画すると「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」の何れかに参加することができる。

「スマート農業アライアンス」イメージ

「スマート農業アライアンス」各プロジェクト


◯「スマートアグリフードプロジェクト」とは
ドローン・AI・IoTを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクト。「スマートアグリフードプロジェクト」に協力できる生産者には、ピンポイント農薬散布テクノロジーを含む、「OPTiM スマート農業ソリューション」を無償提供する。また、その中でも「大豆」と「米」の生産者は、「OPTiM スマート農業ソリューション」を通じて生産された作物すべてを、オプティムが買い取る。

◯「スマートデバイスプロジェクト」とは
「スマートデバイスプロジェクト」とは、スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクト。さまざまなメーカーのデバイスを、オプティムの「OPTiM スマート農業ソリューション」と融合させ、生産者に必要となるサービスを作り出す。

「スマート農業アライアンス」についての詳細は以下の「OPTiM スマート農業ソリューション」Webサイトを参照のこと。

https://www.optim.co.jp/agriculture/

この記事のライター

関連する投稿


オプティム、ランドログ、コマツが「平成30年7月豪雨」の災害支援  被災状況の把握にドローン測量を無償で実施

オプティム、ランドログ、コマツが「平成30年7月豪雨」の災害支援  被災状況の把握にドローン測量を無償で実施

株式会社オプティム(東京都港区)ならびに株式会社ランドログ(東京都港区)、コマツ(東京都港区)の3社は、「平成30年7月豪雨」の災害支援として、自治体へ向けて、被災状況の把握を目的としたドローン測量を8月3日より無償で実施。


オプティム、ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」β版を開始

オプティム、ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」β版を開始

株式会社オプティムは、ドローンパイロットシェアリングのサービスプラットフォームとして「DRONE CONNECT」β版を開始した。


日本初、オプティムと佐賀県白石町がドローンによる作付確認を実施

日本初、オプティムと佐賀県白石町がドローンによる作付確認を実施

株式会社オプティム(以下 オプティム)と、佐賀県杵島郡白石町(以下 白石町)は、固定翼ドローン「OPTiM Hawk」と圃場管理サービス「Agri Field Manager」を用いて山地を除く町内全域、約8,500ヘクタールをスキャンし麦の作付確認の実証実験を実施した。


パイロット不足を解消するためにOPTIMがドローン版Uberとなるdrone connectを発表

パイロット不足を解消するためにOPTIMがドローン版Uberとなるdrone connectを発表

都内でオプティム・スマート農業アライアンスの成果発表会を開催した株式会社オプティム(東京都)は、需要が拡大しパイロットが不足している状況を改善するために、drone connectというマッチングサイトの立ち上げを発表した。


オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

株式会社オプティムは、佐賀県三養基郡みやき町と、AI・IoTの活用を推進し、住民の健康福祉拡充、町の経済発展を目指すことを目的として、「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結した。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。