JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業に登壇してもらい、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。


「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム

 JUTM(一般社団法人総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年福島県南相馬市と浪江町で実施した「2017年度JUTM福島社会実証」として空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験を実施した。今回その報告とともに、「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」をテーマにシンポジウムを2月20日、東京大学で開催する。
 シンポジウムでは、無人航空機産業に取り組む関係省庁、民間企業など多数が登壇し、最新政策動向や進化する技術、サービス、インフ ラそして共生に向けての課題やビジ ネスチャンスについて講演やディスカッションが行われる。
 無人航空機産業の動向や制度・ 技術・サービス、運行管理と多面的に知見を深められるいい機会として、JUTMでは参加者の募集を開始した。

◯JUTM第1回シンポジウム概要

■主催
一般社団法人総合研究奨励会
日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)
http://www.jutm.org/

■開催日時
2月20日(火)
10;00ー18:00(9:40開場)
※シンポジウム終了後立食形式の懇親会あり

■場所
東京都文京区本郷7−3−1
東京大学工学部2号館
213 大講堂

■参加費
JUTM会員、一般(1人あたり)
30,000円(税込)
懇親会5,000円

※2月11日までの早期申し込み割引あり
JUTM会員、一般(1人あたり)
27,000円(税込)
懇親会5,000円
割引が適用されるには、申し込み時に以下の割引コードが必要となります。
j5a01

■申し込み
申し込みは以下のHPからお願いします。
https://peatix.com/event/348256

■問い合わせ先
:JUTM事務局 [ jutm@sogo.t.u-tokyo.ac.jp ]
03-5471-4856

◯プログラム

※プログラムは1月30日現在のもの。時間、内容、登壇予定者や団体は変更となる場合があります。

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

「第1回JUTMシンポジウム」開催 総勢38人の登壇者が空域管理や電波管理などで見解を披露 

 ドローンの普及促進と、それに伴う課題解決に必要な社会基盤を整備するため、空域や電波の管理システム構築を目指す日本無人機運航管理コンソ-シアム(JUTM)が第1回シンポジウムを開催した。産業界、研究機関、中央省庁、地方行政など各界の第一人者が計38人が、講演やパネルディスカッションに登壇する異例の大規模集会となった。


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


IDEセミナーでJUIDA鈴木真二理事長がドローンの技術開発と安全面への課題について講演

IDEセミナーでJUIDA鈴木真二理事長がドローンの技術開発と安全面への課題について講演

ドローンによるソリューションなどを提案する「IDE TOKYO ドローンソリューション&技術展2017」が24日、東京ビッグサイトで開幕し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が「小型航空機ドローンの最近の技術開発と活用の課題」について講演した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。