JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTMが「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム開催 2月20日

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業に登壇してもらい、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。


「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」シンポジウム

 JUTM(一般社団法人総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年福島県南相馬市と浪江町で実施した「2017年度JUTM福島社会実証」として空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験を実施した。今回その報告とともに、「人とドローンが共生する未来社会の創造に 向けて」をテーマにシンポジウムを2月20日、東京大学で開催する。
 シンポジウムでは、無人航空機産業に取り組む関係省庁、民間企業など多数が登壇し、最新政策動向や進化する技術、サービス、インフ ラそして共生に向けての課題やビジ ネスチャンスについて講演やディスカッションが行われる。
 無人航空機産業の動向や制度・ 技術・サービス、運行管理と多面的に知見を深められるいい機会として、JUTMでは参加者の募集を開始した。

◯JUTM第1回シンポジウム概要

■主催
一般社団法人総合研究奨励会
日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)
http://www.jutm.org/

■開催日時
2月20日(火)
10;00ー18:00(9:40開場)
※シンポジウム終了後立食形式の懇親会あり

■場所
東京都文京区本郷7−3−1
東京大学工学部2号館
213 大講堂

■参加費
JUTM会員、一般(1人あたり)
30,000円(税込)
懇親会5,000円

※2月11日までの早期申し込み割引あり
JUTM会員、一般(1人あたり)
27,000円(税込)
懇親会5,000円
割引が適用されるには、申し込み時に以下の割引コードが必要となります。
j5a01

■申し込み
申し込みは以下のHPからお願いします。
https://peatix.com/event/348256

■問い合わせ先
:JUTM事務局 [ jutm@sogo.t.u-tokyo.ac.jp ]
03-5471-4856

◯プログラム

※プログラムは1月30日現在のもの。時間、内容、登壇予定者や団体は変更となる場合があります。

この記事のライター

関連する投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


IDEセミナーでJUIDA鈴木真二理事長がドローンの技術開発と安全面への課題について講演

IDEセミナーでJUIDA鈴木真二理事長がドローンの技術開発と安全面への課題について講演

ドローンによるソリューションなどを提案する「IDE TOKYO ドローンソリューション&技術展2017」が24日、東京ビッグサイトで開幕し、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が「小型航空機ドローンの最近の技術開発と活用の課題」について講演した。


実験に成功したOFF Line社の「ドローンみまもり」とは

実験に成功したOFF Line社の「ドローンみまもり」とは

OFF Line社は3月16日、 福島県南相馬市において、 一般財団法人 総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が行った複数事業者によるドローン運航管理デモンストレーションに参加し、 「ドローンみまもり」サービスのデモンストレーションに成功した。その内容とは。


Japan Drone 2017速報・ドローンで新たな産業を興す「福島ロボットテストフィールド」

Japan Drone 2017速報・ドローンで新たな産業を興す「福島ロボットテストフィールド」

福島県の商工労働部は、平成30年度から順次開所を予定している「福島ロボットテストフィールド」や南相馬市復興工業団地などを案内し、その隣ではJUTMが3月に行われた航空管制の実証実験の様子を紹介していた。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。