ドローンに「見て触れて」魅力発信 国内初のドローン博物館、大阪・堀江にオープン

ドローンに「見て触れて」魅力発信 国内初のドローン博物館、大阪・堀江にオープン

小型無人機「ドローン」を集めた国内初の博物館「ドローンミュージアム堀江」が大阪市西区南堀江にオープンした。展示・販売のほか操縦体験ができるコーナーもあり、運営会社の「スカイアスキー」(豊中市)は「国内でドローンを見て触れられる場はまだ少ない。関西から魅力を発信していきたい」とPRしている。


操縦体験もできる日本初のドローン博物館

 小型無人機「ドローン」を集めた国内初の博物館「ドローンミュージアム堀江」が大阪市西区南堀江にオープンした。展示・販売のほか操縦体験ができるコーナーもあり、運営会社の「スカイアスキー」(豊中市)は「国内でドローンを見て触れられる場はまだ少ない。関西から魅力を発信していきたい」とPRしている。
 室内用で18グラムの手のひらサイズのものや10リットルのタンクを備える農薬散布用の大型機など、国内外の計16機が並ぶ。2011年にニュージーランドで製造された産業用の初期型からスマートフォンで飛行中の映像を確認できる最近の機体までそろえ、ドローンの歴史を知ることができる。
 体験コーナーでは、コントローラーなしで手ぶりに応じて上昇、旋回する最新型を操縦できる。「宙に浮く物を初めて操るので不思議な感覚」と来館者に好評。
 コンクリート打ちっ放しの館内は、1、2階が吹き抜けで、天井までの高さは約10メートルと飛行に十分な空間が広がる。航空法で定められた飛行方法や飛行禁止区域を学ぶ安全教室も開く予定だ。
 認知度向上のための情報発信やドローンに携わる業者間の交流を増やそうと、昨年12月に開館。操縦者の育成などを担うスカイアスキーが企画した。
 館長の渡辺芽依さん(28)は「おしゃれなカフェや洋服店が集まる南堀江にあるので気軽に立ち寄ってもらえれば。ドローンをより身近に感じてほしい」と話している。

 入館無料で、開館は午前10時~午後6時で火曜定休。問い合わせは同館(電)06・6539・1780。
 
 ■ドローンミュージアム堀江HP
  http://www.drone-museum.jp/index1.html

この記事のライター

最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。