米国で対ドローン用の DroneGun Tacticalと DroneSentinelが発表

米国で対ドローン用の DroneGun Tacticalと DroneSentinelが発表

DRONESHIELD社(本社:シドニー)は、広範囲のドローンモデルに対して効果的でポータブルなドローン対策を提供するDroneGun Tacticalと、統合ドローン検出ソリューションのDroneSentinelを発表した。


ビデオ機能を無効にするガンと不正なドローンを検知するDroneSentinel

ポータブルなDroneGun Tactical

 新たに発表されたDroneGun Tacticalは、従来のDroneGun MKIIよりも小型で携帯性が増している。最大1kmの範囲まで対応し、バッテリで駆動し一人で操作できる。主な機能は、ドローンに対するビデオ送信の停止、複数のRF周波数帯域を同時に中断できる。対応帯域は、433MHz、915MHz、2.4GHzおよび5.8GHz。また、GPSやGLONASSなどのGNSSも中断させられる。本体の重量は、2個のバッテリーを含めて6.8kg。
 ただし、DroneGun Tacticalは米国連邦通信委員会(「FCC」)の要求に応じて承認されていない。そのため、承認が得られるまでは、アメリカ合衆国政府およびその代理店以外の米国内で販売またはリースされない。米国でDroneGun Tacticalを州または地方政府機関を含む他の人物または団体によって使用することは、連邦法によって禁止されている。特定のタイプのユーザーに対してDroneGun Tacticalの可用性を制限する法律は、他の管轄区域で適用される場合があり、販売は該当する法律に従ってのみ行われる。

統合ドローン検出ソリューションのDroneSentinel

 一方、統合ドローン検出ソリューションのDroneSentinelは、DroneShieldの検出センサーをすべて1つの製品に統合する。モジュラー設計によりコンパクトに輸送して、現地で組み立てられる。屋外での利用において、高い耐久性を備えている。UASの検出範囲は、レーダー0が750m、レーダー1が1.5km。広域アラートが100m、RFOneは1km。Droneの飛行音は小型機で600m、大型機で2kmまで検出できる。

この記事のライター

関連する投稿


対ドローン新兵器の威力 2km離れた標的を操作不能に

対ドローン新兵器の威力 2km離れた標的を操作不能に

ドローンがますます一般的するのと同時に、犯罪やテロへのドローン利用が懸念されることから、ドローン対策技術の開発も進んでいる。2km離れた場所から妨害電波によってドローンを飛行不能にさせる銃「ドローンガン」を紹介。


最新の投稿


スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

株式会社Gloture (東京都港区)は、SELFLY camera, LLC (ボストン・アメリカ) の高性能スマホケース型ドローンカメラ「Selfly Camera」を今年12月ごろ販売開始する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

 データセクション株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによって撮影された車や人の動画像をAI技術で分析し、自動で交通量を計測するサービス「ドローントラフィックモニター」の提供を開始した。


住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。