米国で対ドローン用の DroneGun Tacticalと DroneSentinelが発表

米国で対ドローン用の DroneGun Tacticalと DroneSentinelが発表

DRONESHIELD社(本社:シドニー)は、広範囲のドローンモデルに対して効果的でポータブルなドローン対策を提供するDroneGun Tacticalと、統合ドローン検出ソリューションのDroneSentinelを発表した。


ビデオ機能を無効にするガンと不正なドローンを検知するDroneSentinel

ポータブルなDroneGun Tactical

 新たに発表されたDroneGun Tacticalは、従来のDroneGun MKIIよりも小型で携帯性が増している。最大1kmの範囲まで対応し、バッテリで駆動し一人で操作できる。主な機能は、ドローンに対するビデオ送信の停止、複数のRF周波数帯域を同時に中断できる。対応帯域は、433MHz、915MHz、2.4GHzおよび5.8GHz。また、GPSやGLONASSなどのGNSSも中断させられる。本体の重量は、2個のバッテリーを含めて6.8kg。
 ただし、DroneGun Tacticalは米国連邦通信委員会(「FCC」)の要求に応じて承認されていない。そのため、承認が得られるまでは、アメリカ合衆国政府およびその代理店以外の米国内で販売またはリースされない。米国でDroneGun Tacticalを州または地方政府機関を含む他の人物または団体によって使用することは、連邦法によって禁止されている。特定のタイプのユーザーに対してDroneGun Tacticalの可用性を制限する法律は、他の管轄区域で適用される場合があり、販売は該当する法律に従ってのみ行われる。

統合ドローン検出ソリューションのDroneSentinel

 一方、統合ドローン検出ソリューションのDroneSentinelは、DroneShieldの検出センサーをすべて1つの製品に統合する。モジュラー設計によりコンパクトに輸送して、現地で組み立てられる。屋外での利用において、高い耐久性を備えている。UASの検出範囲は、レーダー0が750m、レーダー1が1.5km。広域アラートが100m、RFOneは1km。Droneの飛行音は小型機で600m、大型機で2kmまで検出できる。

この記事のライター

関連する投稿


対ドローン新兵器の威力 2km離れた標的を操作不能に

対ドローン新兵器の威力 2km離れた標的を操作不能に

ドローンがますます一般的するのと同時に、犯罪やテロへのドローン利用が懸念されることから、ドローン対策技術の開発も進んでいる。2km離れた場所から妨害電波によってドローンを飛行不能にさせる銃「ドローンガン」を紹介。


最新の投稿


PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

 ドローンタイムズが主催する「ドローントークPIT」にゲスト登壇したことがある世界最大級の会計事務所PwCが、社内の新規事業を競う「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催した。勝ち上がった6組による高レベルなピッチや、著名芸術を成分までそっくりに再現するクローンアートのセッションが繰り広げられた。


【慶大ドローン】ドロゼミの学生が公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席の式典

【慶大ドローン】ドロゼミの学生が公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席の式典

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。