ブラザー、ヘッドマウントディスプレー「エアスカウター WD-300A」新発売

ブラザー、ヘッドマウントディスプレー「エアスカウター WD-300A」新発売

ブラザー工業株式会社の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社は、ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter(エアスカウター)」の新製品として、画面サイズの大型化や防塵防滴など本体性能が向上した業務モデル「WD-300A」を2018年3月上旬に発売。


エアスカウター「WD-300A」

ブラザーは、2012年6月より業務用のヘッドマウントディスプレー「エアスカウター」を発売しています。工場における組立作業支援や遠隔作業支援などにおいて、画面を見ながら両手で作業ができることに加え、エアスカウターで表示した情報と実視野の情報をわずかな視線移動で両方見ることができるため、作業効率の向上に貢献しています。このたび発売する「WD-300A」は、近年増加するカメラ付きドローンや業務用カメラ、測定機器などの操縦用途の需要拡大に合わせて、画面サイズを大型化し、防塵防滴性能などの本体性能を向上しました。工場の作業支援から撮影の操縦支援まで、ハンズフリーな作業環境を求めるさまざまな業務用途での導入を目指してまいります。

製品特長

従来比約1.44倍の大画面で見やすさ向上

従来機種と比べ、ディスプレーの画角が、約1.44倍の大画面*1を実現しました。明るくシャープな720p(1280×720ピクセル)の高解像度液晶パネルによる見やすさに加え、位置合わせの容易性も一段と向上しています。

防塵防滴IP54に準拠

ヘッドディスプレー部分が防塵防滴性能IP54*2に準拠しました。屋外での使用環境を気にすることなく、活用範囲を広げてご利用いただけます。

焦点距離調節機能の向上

眼鏡やヘルメットなどを装着した状態でも、最適なポジションにディスプレーを固定できるフレキシブルアームに加え、映像の奥行を合わせる焦点距離調整機能を、ドローン向けに適した30cmから無限遠*3に対応することで、見やすさを向上しました。

展示会情報

この新製品を、幕張メッセで開催される『ジャパン・ドローン2018』に出展します。

名称:
ジャパン・ドローン2018
イベントの詳しい情報は以下のウェブサイトをご覧ください。
別ウィンドウで開きます http://japan-drone.com/outline/index.html (「ジャパン・ドローン2018」のサイトへリンクします。)

会期:
2018年3月22日(木)~24日(土) 10:00~17:30(24日のみ17:00)

展示場所:
幕張メッセ 展示ホール 小間番号:D36

製品詳細

エアスカウター WD-300A

製品情報のページへ

*1: 標準モード時。
*2: IP(International Protection)規格は、IEC(国際電気標準会議)で定められている防水・防塵の規格。
*3: 従来機種の「WD-200A」の焦点距離調整機能は、30cmから5mまで対応。

<お客様 お問い合わせ先>

サポートサイト http://www.brother.co.jp/support/
ブラザーコールセンター TEL : 050-3786-8841
※ブラザーコールセンターは、ブラザー販売株式会社が運営しています。

<報道関係 お問い合わせ先>

ブラザー販売株式会社 マーケティング推進部 広報宣伝G 内村
TEL : 052-824-3415 FAX : 052-819-1578

情報提供元:ブラザー工業株式会社
http://www.brother.co.jp/news/2018/airscouter/index.htm

この記事のライター

関連する投稿


ブラザー、DJI JAPANとワークショップ 異色コラボによる次世代空撮技術

ブラザー、DJI JAPANとワークショップ 異色コラボによる次世代空撮技術

 ブラザー工業とドローン世界最大手DJIの日本法人、DJI JAPANが、ドローンの空撮にヘッドマウントディスプレー「AiRScouter(エアスカウター)」を活用する次世代テクニックについて、ワークショップを開催した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。