アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

ドローンを使用した3次元空中測量のノウハウを座学を通じて学ぶ。


ドローン空中写真測量基礎講座(1日)

【料金:100,000円】税抜き

ドローンを使用した3次元空中測量のノウハウを座学を通じて学びます。今後ドローンによる空中写真測量の導入を検討されている方に向けた講座となります。
i-Constructionに準拠した成果を出すためにどうするのか、具体的な例を使用して学びます。 対象者は、『これからドローン測量を始めたい方』です。
講座では コンピューターを1人に1台ご用意しており、PIX4Dと、Photo Scanを実際に使った実習を3時間以上行います。
本講座を担当するのは、兵庫県の地図情報のエキスパートであるGEO ソリューションズで、2014年当時、国内で2社しか認められなかった「ドローンによる地図データが十分な精度を有する」と言う承認を国土地理院から受領しています。 GEOソリューションズは測量に関してのソフト開発、ドローン本体の開発を手がける技術開発集団でもあり、現在ではドローン測量を実務に活用しています。

■受講資格
20歳以上
■期間
1日(座学)
■開催日
2018年2月22日(木)
■料金に含まれるもの
講習代、テキスト代、会議室使用料
■講習場所
株式会社アマナ 天王洲オフィス 会議室
東京都品川区東品川2−2−43-T2ビル1F
http://amana.jp/company/facilities/tennoz-office.html
りんかい線・東京モノレール「天王洲アイル駅」徒歩5分、JR「品川駅」徒歩15分
*開催場所は変更になる事が有ります。
■JUIDAドローンライセンスの保有者の方へ
JUIDAドローンライセンスの保有者は、受講したコースによって以下の料金で受講出来ます。
(アマナビ卒業生でなくても可)
操縦ライセンスを保有の方=測量講座 80,000円
総合ライセンス(操縦+安全運航)を保有の方=測量講座 50,000円
お申込みの際にその旨を備考欄にご記入ください。

■講習場所株式会社アマナ天王洲オフィス
東京都品川区東品川2-2-43-T3ビル1F TEL:03-3740-4200(アマナビ)

http://amana.jp/company/facilities/tennoz-office.html

<スケジュール>
8時30分:受付
9時~12時:講座 
12時~13時:お昼休み
13時~18時:講座


<講座内容>(8時間)

空中写真測量の概要
・i-Constructionとは
・写真測量技術の基本的な原理
・必要とされるカメラのスペックと構造の解説
・成果となるデータのイメージ

国土地理院「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」の解説
実際の公共測量マニュアルの内容をご説明します
・記載されている写真測量用語の説明
・UAVによる公共測量に求められる作業内容と成果基準の解説

UAVによる撮影フライトプランの作成実習
様々な実際の地形図を利用して、カメラのスペックに合わせたフライトプランを作成します
・撮影計画手順の説明
・撮影した写真の点検方法
・撮影フライトプランの作成実習

PCを利用した3Dサーフェスモデル作成実習
コンピューターを1人に1台ご用意し、PIX4Dと、Photo Scanを使用し、サンプル画像による実習を行います。
・Pix4D mapperの使用法・実習
・PhotoScanの使用法・実習

お申込みはこちら

…この記事の続きを読む

情報提供元:株式会社アマナビ
https://adstokyo.com/cours/business01

この記事のライター

関連するキーワード


測量 アマナビ

関連する投稿


SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company :京都市北区)は、航空写真測量ソフトウェアの開発を手がけるPix4D社(スイス)と共催し、ドローンを活用した測量分析ツールの公式セミナー、およびフィールドワークショップを京都で開催する。


産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

ドローンを産業利用するにあたり、各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連など、ドローン関連情報を知ることができる。


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


amana drone seminar Vol.1「本当はどうなの?ドローンビジネス!」開催のお知らせ

amana drone seminar Vol.1「本当はどうなの?ドローンビジネス!」開催のお知らせ

アマナビでは「第1回 amana drone seminar」を開催する。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。