ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

個人投資家の 千葉功太郎氏がGPを務める千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合(以下「ドローンファンド1号」)は、総額約16億円にて組合組成を完了したと発表した。


ドローン特化型のベンチャーキャピタルとしては世界最大規模

 総額約16億円のファンドサイズは、 目標金額の10億円を上回り、 またドローン領域に特化した独立系ベンチャーキャピタルが組成した1号ファンドとしては世界最大規模となる。また、ドローンファンドのような個人投資家出身者がGPを務めるファンドが独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)より出資を受けるのは今回が初めて。

主な出資者

ドローンファンド1号の主な出資者は、 株式会社オークファン、 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、 キャナルベンチャーズ株式会社、 大和企業投資株式会社、 株式会社DGインキュベーション、 テクノプロ・ホールディングス株式会社、 日本アジアグループ株式会社、 MistletoeVenturePartners株式会社、 三井化学株式会社、 (以上50音順)等の大手事業会社、 エンジェル投資家及び中小機構。

投資方針

 ドローンファンド1号は、 ドローンをキーワードに、 関連するコア・テクノロジー、 サービスの全方面を積極的にカバーして投資している。
 投資ステージとしては、 シード・アーリーを主な対象とし、 1件当たりの投資金額はシード・アーリーでは1,000万円~5,000万円、 ミドル・レイターでは~約1億円を上限としている。
 これまでにシード・アーリーを中心に国内外のスタートアップ19社に対して(合計約7.4億円)投資を実行している。

今後について

ドローンファンドは、 引き続きドローンファンド1号の運営を通じて、 ドローンスタートアップエコシステムの発展に貢献していくとしている。

ドローンファンドについて

略名称      :Drone Fund(ドローンファンド)
正式名称    :千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合
特例業務届出者 :鎌倉インベストメント株式会社、 千葉功太郎
メールアドレス :funanami@dronefund.vc
ウェブサイト : http://dronefund.vc

この記事のライター

関連する投稿


千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

 日本を代表する個人投資家の1人、千葉功太郎氏が率いるドローン・スタートアップ特化型ファンドDrone Fundは7月31日、「Drone Fund2号」を8月1日付で設立すると発表した。ファンドの規模は30億~50億円を見込む。特化型として「暫定で世界最大級でドローン前提社会とエアモビリティー社会の創造に邁進する。


【SLUSH TOKYO】インフォステラもスピーチ! スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2018開催中

【SLUSH TOKYO】インフォステラもスピーチ! スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2018開催中

 世界中のスタートアップの祭典、スラッシュ・トウキョウ(SLUSH TOKYO)が28日に、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開幕した。起業家が事業構想を競うピッチングコンテストでは、初日に80の経営者が登壇し、20人がセミファイナルに進んだ。29日に受賞者が決まる。


【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

ドローン前提社会において提供したい価値を議論し、ドローン産業のエコシステムについて中長期的なビジョンを共有する目的で、投資とスタートアップの最前線を業界で活躍する第一線のパネリストが熱い議論を交わした。


最大50時間の飛行を目指すSabrewing Aircraft社がエンジェル資金調達目標の140%を達成

最大50時間の飛行を目指すSabrewing Aircraft社がエンジェル資金調達目標の140%を達成

2018年1月30日 – 米国カリフォルニア州カマリロ -- 無給油で最長50時間、5,000マイルの飛行が可能な無人航空機(UAV)を設計するSabrewing Aircraft(セイバーウイング・エアークラフト)社(本社:米国カリフォルニア州)が、初期エンジェル資金調達目標の140%を達成したと発表した。


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


最新の投稿


スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

株式会社Gloture (東京都港区)は、SELFLY camera, LLC (ボストン・アメリカ) の高性能スマホケース型ドローンカメラ「Selfly Camera」を今年12月ごろ販売開始する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

 データセクション株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによって撮影された車や人の動画像をAI技術で分析し、自動で交通量を計測するサービス「ドローントラフィックモニター」の提供を開始した。


住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。