ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

個人投資家の 千葉功太郎氏がGPを務める千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合(以下「ドローンファンド1号」)は、総額約16億円にて組合組成を完了したと発表した。


ドローン特化型のベンチャーキャピタルとしては世界最大規模

 総額約16億円のファンドサイズは、 目標金額の10億円を上回り、 またドローン領域に特化した独立系ベンチャーキャピタルが組成した1号ファンドとしては世界最大規模となる。また、ドローンファンドのような個人投資家出身者がGPを務めるファンドが独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)より出資を受けるのは今回が初めて。

主な出資者

ドローンファンド1号の主な出資者は、 株式会社オークファン、 株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、 キャナルベンチャーズ株式会社、 大和企業投資株式会社、 株式会社DGインキュベーション、 テクノプロ・ホールディングス株式会社、 日本アジアグループ株式会社、 MistletoeVenturePartners株式会社、 三井化学株式会社、 (以上50音順)等の大手事業会社、 エンジェル投資家及び中小機構。

投資方針

 ドローンファンド1号は、 ドローンをキーワードに、 関連するコア・テクノロジー、 サービスの全方面を積極的にカバーして投資している。
 投資ステージとしては、 シード・アーリーを主な対象とし、 1件当たりの投資金額はシード・アーリーでは1,000万円~5,000万円、 ミドル・レイターでは~約1億円を上限としている。
 これまでにシード・アーリーを中心に国内外のスタートアップ19社に対して(合計約7.4億円)投資を実行している。

今後について

ドローンファンドは、 引き続きドローンファンド1号の運営を通じて、 ドローンスタートアップエコシステムの発展に貢献していくとしている。

ドローンファンドについて

略名称      :Drone Fund(ドローンファンド)
正式名称    :千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合
特例業務届出者 :鎌倉インベストメント株式会社、 千葉功太郎
メールアドレス :funanami@dronefund.vc
ウェブサイト : http://dronefund.vc

この記事のライター

関連する投稿


最大50時間の飛行を目指すSabrewing Aircraft社がエンジェル資金調達目標の140%を達成

最大50時間の飛行を目指すSabrewing Aircraft社がエンジェル資金調達目標の140%を達成

2018年1月30日 – 米国カリフォルニア州カマリロ -- 無給油で最長50時間、5,000マイルの飛行が可能な無人航空機(UAV)を設計するSabrewing Aircraft(セイバーウイング・エアークラフト)社(本社:米国カリフォルニア州)が、初期エンジェル資金調達目標の140%を達成したと発表した。


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


【ドローンファンド企業の挑戦】iROBOTICS、上空滞在インフラ「SKYPROBE構想」公表

【ドローンファンド企業の挑戦】iROBOTICS、上空滞在インフラ「SKYPROBE構想」公表

 日本を代表する個人投資家の1人、千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型ファンド、ドローンファンドに加わることになった、ITソシューションの専門家集団、株式会社iROBOTICS(アイ・ロボティクス、東京)は、ドローンを網状にはりめぐらせて上空滞在型インフラを構築する「SKYPROBE構想」を公表した。


ドローンファンド千葉功太郎氏インタビュー! 「投資家はお金を出す人ではなく、熱い志を応援する人」

ドローンファンド千葉功太郎氏インタビュー! 「投資家はお金を出す人ではなく、熱い志を応援する人」

 日本で初めて、世界でも珍しいドローンスタートアップ特化型ファンド「ドローンファンド」が6月1日、発足した。6月中に11社への出資を予定している。ファンドを率いる千葉功太郎氏は、DroneTimesのインタビューに応じ、「世界でゼロに近い日本のドローンのプレゼンスを高めたい」と語った。インタビューの内容をお届けする


日本のドローン産業を育てる「ドローンファンド」が始動

日本のドローン産業を育てる「ドローンファンド」が始動

個人投資家の千葉功太郎氏が中心となり、日本初のドローン・スタートアップに特化したベンチャーキャピタルの「ドローンファンド」が設立された。発表会には、第一陣となるベンチャー企業やアドバイザリーボードの専門家が集結した。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。