米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国ノースカロライナ州 - 2018年2月8日 - 企業向けドローンの大手プロバイダーPrecisionHawk Inc. は、Droners.ioとAirVidの買収を発表した。買収により、同社は15,000を越えるドローンパイロットのネットワークを形成する。


7,500万ドルの調達資金を活用して2つのパイロット仲介企業を買収

グローバルにパイロットの仲介を行うair-vid.comのサイト

 PrecisionHawk社は、2017年に100人以上の新入社員を雇用し、エネルギー、保険、政府および建設など世界中のさまざまな業界にサービスを提供する能力を拡大してきた。そして、1月24日にベンチャーおよび戦略的投資家のグループから、7,500万ドルの資金を調達し、約2週間で今回の買収を発表した。同社のMichael Chasen(マイケル チャゼン) CEOは「Droners.ioとAirVidとは、ドローンオペレーターが職業に情熱を傾けるように支援する、という使命を共有しています。PrecisionHawkがプロフェッショナルなドローンのサービスを企業に提供していることと相まって、この合併により、ドローンのパイロットにとって最高のプラットフォームを構築すると同時に、エンタープライズクライアントに必要なオンデマンドサービスを提供できます」と話す。
 PrecisionHawk社は、2018年末までに何十万ものミッションを達成する目標を掲げている。同社は、この需要を満たすために、新しく形成された認証パイロットのネットワークを全国および海外に拡大していく。FAAのパート107認定を取得しているパイロットは、www.droners.ioにプロフィールを登録して、地域内の仕事を受注できるようになる。Droners.ioを設立したDave Brown氏は、今後はパイロットネットワーク開発チームを管理する。また、AirVidの創設者のPatrick Egan氏は、PrecisionHawkをコンサルタントとして支援する。
 Dave Brown氏は「ドローンパイロットのネットワークは、成功したドローンエコシステムの基本ブロックの1つであると信じています。PrecisionHawkの使命を継続し、ドローンパイロット経済の成長をサポートすることができて嬉しく思います」と話す。

工事から結婚式まで空撮パイロットを仲介するDroners.ioのサイト

新たな資金調達を発表したときにPrecisionHawkの発表資料に掲載されていたPwCによる市場予測

この記事のライター

関連するキーワード


PrecisionHawk Droners.io AirVid

関連する投稿


DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

2018年10月24日、PrecisionHawk,Inc(米国)は、ジオフェンシング技術を向上させるために、民間用のドローンおよび空中映像技術の世界的リーダーであるDJIとの提携を発表した


提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

2018年9月5日。米国のドローン大手プロバイダーのPrecisionHawkは、エネルギー分野の検査サービスに長けたHAZONとInspecToolsを買収し、屋根や不動産データ分析を得意とするEagleViewと提携し、ドローンのデータ解析に関連するビジネスを強化した。


PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

米国でドローンを活用したソリューションを展開しているPrecisionHawk社(代表:マイケル・チャゼン)は、最先端の音響検出技術などを組み合わせて、半径10km以内の航空機を識別する目視外飛行(BVLOS)対応ドローンの技術プラットフォームを発表した。(田中亘)


スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、今年2月に提携した米国のドローンソリューション・ベンチャー PrecisionHawk USA Inc.(米・北カロライナ州) のドローン業務ソリューションの提供を5月から開始する。


新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

米国でドローンを活用したサービスを提供するPrecisionHawk(プレシジョンホーク)社は、新しい市場にドローンのサービスを拡大するために、5つのサービスパッケージを9月7日、発表した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。