ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンによる太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。人工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供が可能となった。


AIを用いた画像解析 により点検時間を大幅に削減を達成

 企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンを用いた太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。
 「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」は赤外線サーモ グラフィカメラを搭載したドローンを自動運行させて太陽光パネルを撮影し、その撮影結果に対して人 工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上させるだけでなく、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供を可能とした。

提供サービス内容

 先ず発電所の太陽光パネルの配置に合わせて、事前にドローンの航行ルートを設定し、そのルートに 沿って赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンが自動航行させ、ソーラーパネルを撮 影する。 次に保存されたパネル画像をクラウド上にアップロードすることで、ディープラーニングによる画像解析を自動的に開始し、異常パネルが検知されれば、その発生場所が分か る点検結果レポートが作成される。
 初回準備として、運用に必要な初期設定とテスト撮影および研修をサービス申込後に実施、2 回目以降は、導入企業側で簡単な操作で点検を実施できるようにする。

サービス特徴

サービス利用イメージ

1. 点検時間を大幅に短縮
 人手だと1 枚 1 枚検査が必要だった太陽光パネル点検を、自動航行のドローンでスピーディに撮影するだけで、これまで 2MW を約 4 日かけて点検していたところを、このサービスを使うことで約 15 分で完了することができる。
2. 異常検知の正確さ
 従来の点検では見落とすことのあったホットスポットも、太陽光パネルの角度に合わせてドローン撮影 することで、異常検知の精度が向上した。点検しにくい傾斜地などでも柔軟に対応可能となった。
3. 点検実施回数の増加
 従来のドローンを活用したパネル点検は、社外のオペレーターが必要だったため、実施頻度に制限が あったが、このサービスだと、操作を簡易化および自動化することで、特別な技術がない点検スタッ フでも、高頻度での点検が可能となった。点検結果の履歴も管理できるため、経年変化も把握できる。
4. AI を活用した自動解析、迅速なレポート作成
 一般的なドローン点検では、撮影工数を削減しつつも、異常検知をした画像と対象パネルの照合に非 常に時間がかかるという課題があったが。このサービスでは解析から対象パネル特定までをディープラ ーニングを活用して自動で行うため、短期間で高精度な点検結果をご報告できるようになった。

参考データ

ディープラーニングを活用した画像認識について

 「SOLAR CHECK」は、データセクション株式会社の提供するディープラーニン グ(深層学習)などの人工知能を用いた高い映像解析技術により、より精度の高い解析が可能となっ ている。
 映像解析技術を担うデータセクションは、独自に開発したプラットフォーム「MLFlow(エムエルフロ ー)」を活用し、大量の映像を即時に処理する技術に強みがあり、また今回の太陽光発電設 備点検のソリューションにおいては、太陽光パネル検出に特化したアルゴリズムを開発。旧来の映像 処理に加えさらに複数の深層ネットワークをプラスすることで、運用を続けるほど賢くなる AI アルゴリズ ムによって検知精度をあげる仕組みを作り上げた。

サービス料金プラン

導入初期費用+月額課金型
※発電所の拠点数・規模に応じて、個別見積る。
※対象のドローンをお持ちの会社についてはアプリケーションのみの提供も可能。

株式会社データセクション ( http://www.datasection.co.jp )
株式会社ブイキューブロボティクス ( http://www.vc-robotics.com/ )

この記事のライター

関連する投稿


ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」に11月27日参加、防災用「セルラードローン(R)」「DRONEBOX」を紹介した。


【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム4組が、首都高速道路株式会社、PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


ブイキューブロボティクスが「愛媛県原子力防災訓練」に参加しドローンを避難経路の被災状況確認に活用

ブイキューブロボティクスが「愛媛県原子力防災訓練」に参加しドローンを避難経路の被災状況確認に活用

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス (東京都渋谷区)は、株式会社 NTT データ(以下:NTT データ)に技術協力する形で、愛媛県の実施する「愛媛県原子力防災訓練」に11 月 14 日に参加、避難経路の被災状況をドローンを活用して確認する実証実験を行った。


ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)は、2017年6月29日に仙台市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、宮城県医薬品卸組合(事務局:宮城県仙台市、理事長:鈴木三尚)と共同で、ドローンによる緊急医薬品搬送の実証実験を実施した。


データセクション、ブイキューブロボティクスと業務提携、AIの映像解析×ドローンの自動航行による警備・点検業務の完全自動化の実現へ

データセクション、ブイキューブロボティクスと業務提携、AIの映像解析×ドローンの自動航行による警備・点検業務の完全自動化の実現へ

〜第一弾として、メガソーラーにおける点検業務の効率化に向けた実証実験を開始〜


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。