福島・郡山の専門学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の専門学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業人養成の専門学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


KIT、グリーンアースなどドローン事業団体の視察報告

 報告されたのは、石川県にある金沢工業大学(KIT)工学部航空システム工学科、赤坂剛史研究室、NPO法人グリーンアース(事務局:沖縄県)、株式会社オカベメンテ(沖縄県)の調査報告。それぞれ5人が現地に赴き、施設を見学し、担当者に話を聞いた。
 金沢工業大学では、赤坂研究室の研究内容の概要を把握したうえで、ドローンを活用する人材に求められる要素などについてヒアリング。ドローンが幅広く活用が見込まれる中、各領域に共通して求められる要素があるほかに、IT、電気設備、放射線測定ではさらに専門知識が求められるという話を聞いたことが報告された。
グリーンアースでは高精度の測量を実現している実態を、オカベメンテでは、測量のためにはドローンの操縦にとまらず、カメラの知識が必須になることを実感した。
それぞれについて報告書が協議会に出席した委員に配布された。
このあと、4月にスタートする2018年度、最終年度となる2019年度の取り組む方針などについて確認した。
 WIZは、さまざまな職業人を育成する総合職業専門学校、FSGカレッジリーグのひとつ。協議会はWIZが提案した「福島県ロボット産業の基盤となるドローン活用人材養成事業」が、文部科学省の「専修学校による地域作業中核的人材育成事業」に採択されたことを受けて組織された。

WIZ:http://www.wiz.ac.jp/index.html

調査報告を聞く協議会の委員

協議会が開催されたWIZがあるFSGカレッジリ-グのキャンパス

この記事のライター

関連するキーワード


WIZ ドローン活用人材

最新の投稿


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。