福島・郡山の専門学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の専門学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業人養成の専門学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


KIT、グリーンアースなどドローン事業団体の視察報告

 報告されたのは、石川県にある金沢工業大学(KIT)工学部航空システム工学科、赤坂剛史研究室、NPO法人グリーンアース(事務局:沖縄県)、株式会社オカベメンテ(沖縄県)の調査報告。それぞれ5人が現地に赴き、施設を見学し、担当者に話を聞いた。
 金沢工業大学では、赤坂研究室の研究内容の概要を把握したうえで、ドローンを活用する人材に求められる要素などについてヒアリング。ドローンが幅広く活用が見込まれる中、各領域に共通して求められる要素があるほかに、IT、電気設備、放射線測定ではさらに専門知識が求められるという話を聞いたことが報告された。
グリーンアースでは高精度の測量を実現している実態を、オカベメンテでは、測量のためにはドローンの操縦にとまらず、カメラの知識が必須になることを実感した。
それぞれについて報告書が協議会に出席した委員に配布された。
このあと、4月にスタートする2018年度、最終年度となる2019年度の取り組む方針などについて確認した。
 WIZは、さまざまな職業人を育成する総合職業専門学校、FSGカレッジリーグのひとつ。協議会はWIZが提案した「福島県ロボット産業の基盤となるドローン活用人材養成事業」が、文部科学省の「専修学校による地域作業中核的人材育成事業」に採択されたことを受けて組織された。

WIZ:http://www.wiz.ac.jp/index.html

調査報告を聞く協議会の委員

協議会が開催されたWIZがあるFSGカレッジリ-グのキャンパス

この記事のライター

関連するキーワード


WIZ ドローン活用人材

最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。