旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


農業の産業化に向けてドローンが果たす役割とは

 スマート農業シンポジウムには、80名を越える参加者が旭川市内だけではなく、道内や本州からも集まった。前半の特別講演には、セキュアドローン協議会の春原久徳会長が「農業分野におけるドローン活用の現状と今後の展望」と題した講演を行った。日本の農業が抱える課題について、春原氏は「就農人口の減少や高齢化に、国内での消費の減少による輸出の増加」という現状を分析した上で、解決していくためには「農業を産業化して情報システムの活用や見える化による農作物情報の正しい伝達」が重要だと指摘する。農業の産業化に向けては、川上となる生産者からレストランやスーパーのような川下まで、農作物の情報が伝わるためのシステム構築が理想になる。そして、スマート農業におけるドローンの役割について、春原氏は二つあると説明する。一つは、薬剤や肥料などを「運ぶ」ドローン。もうひとつが、情報を「集める」ドローン。春原氏の分析によれば、産業用途でドローンが活用されている分野の80%が、情報を収集するリモートセンシングに使われているという。農業の分野ではドローンが登場する以前から、ヘリやセスナに人工衛星などで空から農地を撮影する取り組みが行われてきたが、可視光による上空からの撮影だけでは十分な情報が得られなかった。それに対してドローンによるリモートセンシングでは、マルチスペクトルカメラやサーモカメラを取り付けて、低い高度から撮影することにより植生や土壌に水分量などの情報を得られる。その結果、NDVI(正規化差植生指数)をはじめとして、植物の生育状況を分析できる様々な指数を計算できるようになる。そして、その各種の指数から光合成の状況や水と肥料のバランス、植物のストレスなどを解析できるようになる。

講演する一般社団法人セキュアドローン協議会の春原久徳会長

リモートセンシングは投資対効果のバランスが重要

 ドローンによるリモートセンシングを活用したスマート農業は、日本でも2〜3年ほど前から行われてきたが、春原氏は「ROI、リターンオブインベストメント。つまり、どれだけ資金を投入したら、いくらのリターン、戻りがあるのかを重要視してもらいたい」と来場者に提唱する。資金を投入すれば、現在でも詳細な農地や田圃の植生や土壌のリモートセンシングは可能になる。しかし、明確な目的や投資効果を前提としないドローンによる精密農業の実施は、継続的な計測と分析ができなくなり、単なる実証実験で終わってしまう危険性がある。また対象となる農地や植物の種類に合わせて、ドローンによる空撮だけではなく、ローバーなど地上を走行するロボットなどの活用も検討するべきだと春原氏は提言する。そして収集したデータを解析して得られる結果にも、生産者だけではなく流通から販売に至るまで、それぞれの事業者による活用目的の違いがあるという。春原氏は「農家では発芽や生育むら、収穫時期の判断に病害虫の発見が、リモートセンシングを利用する投資対象になります」と指摘し「農協や自治体農政や損害保険会社では、農作地の管理情報に営農指導と収穫順や災害調査などの目的が重要になります。さらに食品加工やレストランにスーパーとなると、収穫予想といった情報を必要としてきます」と分析する。

マルチコプターと固定翼を使い分けるリモートセンシングが効果的

 2016年に400hの農地を、2017年には10倍の4,000hをリモートセンシングしてきた春原氏が会長を務めるドローン・ジャパンでは、2018年に40,000hを計測するプランを立てている。その理由について春原氏は「情報を集めることで、様々な比較が可能になり、データが詰まれば詰まるほど、分からなかった問題をAIが分析してくれるようになる」と話す。データの重要性を理解してもらうために、2017年に収集した画像を元に発芽状況からの収穫予想や、自然農法と慣行農法の違いを植生分析から判別する様子を紹介した。さらに具体的なリモートセンシングの事例として、マルチコプターでは最大でも6hの撮影が限界であるのに対して、30〜40分の飛行が可能な固定翼ドローンであれば一度の飛行で60h以上を撮影できる性能の違いなども説明された。
 最後に春原氏は「スマート農業の実現には、計画から実行までを繰り返すPDCAサイクルの確立が重要です」と訴える。農業におけるPDCAでは、最初に課題を抽出し、解決のための優先度を決め、そこから数値目標となる計画(Plan)を立てる。そしてドローンによるリモートセンシングなどの施策を実施(Do)して、データの内容や解析結果などを確認(Check)する。その後で、次回に向けた修正や改善(Action)を行い、次年度からの計画へと引き継いでいく。「課題は各地域や農家によって異なります。すべてを解決するのは無理でも、優先順位を決めて課題に取り組んでいくことが重要です」と春原氏は締めくくった。

この記事のライター

関連する投稿


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


米国でDJI Phantom 4用の農業リモートセンシング向けジンバルが登場

米国でDJI Phantom 4用の農業リモートセンシング向けジンバルが登場

2018年2月22日。米国ミネアポリスのSentera社は、DJI Pahntom 4シリーズに取り付けられる小型のジンバルSentera Micro Gimbalを発表した。同ジンバルを取り付けたドローンは、精密農業のリモートセンシングが可能になる。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半のパネルディスカッションには、上川農業改良普及センターの近藤睦氏が、データの利活用の可能性について触れた。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半は、代表理事の春原久徳会長がモデレーターを務めたパネルディスカッションが行われた。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。