農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)


Terra1は、エンジンを搭載した小型、軽量のヘリコプタータイプ

 この日デモフライトで飛行シーンを披露したのは、テラドローンの「Terra 1」。エンジンを搭載した、ヘリコプタータイプながら、小型、軽量が特徴で、大人なら1人で持ち運びができる。デモフライトは、農薬散布の現場を想定し、浮上、移動、農薬に見立てた水の散布を実演した。
 テラドローンの技術者が模範飛行を行い、続いて参加者が各自、操縦する方法で実施。操縦に挑んだ参加者からは、Terra 1の軽さを評価する声や、参加者が日頃利用している機体との感覚的な違いを指摘する声が上がった。テラドローンは、参加者の意見を機体のチューニングや、操縦者の教育などに反映させる方針で、サービスの充実にも活用する考えだ。
 デモフライトでは、農薬散布の場面を想定し、10㎏の水を搭載した飛行も実施。小型でも高いペイロードを実現している点を強調し、参加者に農薬散布市場への本格参入参加を印象づけた。

競合モデルの1/3のコストパフォーマンス

 Terra 1は、これまでのヘリコプター形の農薬散布ドローンと比較すると、費用を約1/3に抑えられる。テラドローンの事業開発部の泉水栄二部長は「Terra 1は自社で設計し製造しており、搭載エンジンもTerra 1のために開発しました。完全な内製機なので、コストパフォーマンスが高いうえ、現場の意見を迅速にフィードバックできる開発体制も整えております」と説明した。
 Terra 1は50台/月の生産能力を整えて、10月から販売を開始する。詳細は今後、発表される。

この記事のライター

関連する投稿


Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

テラドローン株式会社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に認定された。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


産業用ドローンに特化したオンラインストア「TERRA STORE」をオープン プロに相談しながら産業向けドローンの購入が可能

産業用ドローンに特化したオンラインストア「TERRA STORE」をオープン プロに相談しながら産業向けドローンの購入が可能

テラドローン株式会社は、ドローンの機体並びにドローン関連商品を販売するテラドローン公式オンラインストア「TERRA STORE」を、24月26日付けでオープンした。


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。