農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)


Terra1は、エンジンを搭載した小型、軽量のヘリコプタータイプ

 この日デモフライトで飛行シーンを披露したのは、テラドローンの「Terra 1」。エンジンを搭載した、ヘリコプタータイプながら、小型、軽量が特徴で、大人なら1人で持ち運びができる。デモフライトは、農薬散布の現場を想定し、浮上、移動、農薬に見立てた水の散布を実演した。
 テラドローンの技術者が模範飛行を行い、続いて参加者が各自、操縦する方法で実施。操縦に挑んだ参加者からは、Terra 1の軽さを評価する声や、参加者が日頃利用している機体との感覚的な違いを指摘する声が上がった。テラドローンは、参加者の意見を機体のチューニングや、操縦者の教育などに反映させる方針で、サービスの充実にも活用する考えだ。
 デモフライトでは、農薬散布の場面を想定し、10㎏の水を搭載した飛行も実施。小型でも高いペイロードを実現している点を強調し、参加者に農薬散布市場への本格参入参加を印象づけた。

競合モデルの1/3のコストパフォーマンス

 Terra 1は、これまでのヘリコプター形の農薬散布ドローンと比較すると、費用を約1/3に抑えられる。テラドローンの事業開発部の泉水栄二部長は「Terra 1は自社で設計し製造しており、搭載エンジンもTerra 1のために開発しました。完全な内製機なので、コストパフォーマンスが高いうえ、現場の意見を迅速にフィードバックできる開発体制も整えております」と説明した。
 Terra 1は50台/月の生産能力を整えて、10月から販売を開始する。詳細は今後、発表される。

この記事のライター

関連する投稿


KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン、北海道支社・道東営業所を設立〜北海道の事業を強化

テラドローン株式会社(本社:東京 代表取締役:徳重 徹)は、札幌市中央区に北海道支社と北見市に道東営業所をを設立したと発表した。同社の国内支社は仙台、名古屋、広島、福岡に続き、5支社目の設立となり、全国展開および北海道の事業強化をしていくことになる。


テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン、メガソーラー事業者向けの3次元UAVレーザー計測・CIMモデリング業務を強化

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、 社長:徳重 徹/以下、 テラドローン)は、 太陽光発電関連事業者向けの新たな主力サービスとして、 かねてより注力していた山間部での3次元レーザー計測に加え、 今後は計測後のCIMモデリング分野にも注力していく。


テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン、業界初レーザー搭載型固定翼無人機「Terra Powerlifter」の開発 UAVレーザー三次元計測事業を強化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 Riegl社製レーザー搭載の固定翼無人機「Terra Powerlifter」開発した。 すでに対応済みのVelodyne社製レーザーと使い分けることで、 高精度な測量が必要顧客のニーズにも対応可能となる。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。