農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)


Terra1は、エンジンを搭載した小型、軽量のヘリコプタータイプ

 この日デモフライトで飛行シーンを披露したのは、テラドローンの「Terra 1」。エンジンを搭載した、ヘリコプタータイプながら、小型、軽量が特徴で、大人なら1人で持ち運びができる。デモフライトは、農薬散布の現場を想定し、浮上、移動、農薬に見立てた水の散布を実演した。
 テラドローンの技術者が模範飛行を行い、続いて参加者が各自、操縦する方法で実施。操縦に挑んだ参加者からは、Terra 1の軽さを評価する声や、参加者が日頃利用している機体との感覚的な違いを指摘する声が上がった。テラドローンは、参加者の意見を機体のチューニングや、操縦者の教育などに反映させる方針で、サービスの充実にも活用する考えだ。
 デモフライトでは、農薬散布の場面を想定し、10㎏の水を搭載した飛行も実施。小型でも高いペイロードを実現している点を強調し、参加者に農薬散布市場への本格参入参加を印象づけた。

競合モデルの1/3のコストパフォーマンス

 Terra 1は、これまでのヘリコプター形の農薬散布ドローンと比較すると、費用を約1/3に抑えられる。テラドローンの事業開発部の泉水栄二部長は「Terra 1は自社で設計し製造しており、搭載エンジンもTerra 1のために開発しました。完全な内製機なので、コストパフォーマンスが高いうえ、現場の意見を迅速にフィードバックできる開発体制も整えております」と説明した。
 Terra 1は50台/月の生産能力を整えて、10月から販売を開始する。詳細は今後、発表される。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


Terra Mapper、リンクを送るだけで点群データを共有できる点群ビューワー 機能を追加

Terra Mapper、リンクを送るだけで点群データを共有できる点群ビューワー 機能を追加

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 i-Construction対応のドローン測量用画像処理ソフト「Terra Mapper デスクトップ版」 に、 リンクを送るだけ点群データを共有できる点群ビューワー機能を追加した。


最新の投稿


DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

UAVやロケットなどのパラシュートを数多く開発しているFRUITY CHUTES社(米国カリフォルニア州)は、DJI Mavic Pro用のパラシュートの販売を開始した。(田中亘)


日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

日本初のプロチーム「RAIDEN RACING」が発足 中学生選手も! 最高峰リーグ「DCL」への参戦を表明

 DRONE SPORTS株式会社(東京)は4月25日、プロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」の発足を発表した。中学生を含む4選手が、2018年はヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions league」に挑む。初陣は6月22日だ。


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツ、「EverydayDrone」の提供を5月より開始 日々の進捗管理を可能にするスマートコンストラクション新サービス

コマツは、建設現場の課題解決のためのソリューション事業「スマートコンストラクション」において、ドローンおよびエッジコンピューティング技術を利用した新サービス「EverydayDrone」(エブリデイドローン)を、子会社であるコマツカスタマーサポート株式会社を通じて本年5月より開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。