農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)


Terra1は、エンジンを搭載した小型、軽量のヘリコプタータイプ

 この日デモフライトで飛行シーンを披露したのは、テラドローンの「Terra 1」。エンジンを搭載した、ヘリコプタータイプながら、小型、軽量が特徴で、大人なら1人で持ち運びができる。デモフライトは、農薬散布の現場を想定し、浮上、移動、農薬に見立てた水の散布を実演した。
 テラドローンの技術者が模範飛行を行い、続いて参加者が各自、操縦する方法で実施。操縦に挑んだ参加者からは、Terra 1の軽さを評価する声や、参加者が日頃利用している機体との感覚的な違いを指摘する声が上がった。テラドローンは、参加者の意見を機体のチューニングや、操縦者の教育などに反映させる方針で、サービスの充実にも活用する考えだ。
 デモフライトでは、農薬散布の場面を想定し、10㎏の水を搭載した飛行も実施。小型でも高いペイロードを実現している点を強調し、参加者に農薬散布市場への本格参入参加を印象づけた。

競合モデルの1/3のコストパフォーマンス

 Terra 1は、これまでのヘリコプター形の農薬散布ドローンと比較すると、費用を約1/3に抑えられる。テラドローンの事業開発部の泉水栄二部長は「Terra 1は自社で設計し製造しており、搭載エンジンもTerra 1のために開発しました。完全な内製機なので、コストパフォーマンスが高いうえ、現場の意見を迅速にフィードバックできる開発体制も整えております」と説明した。
 Terra 1は50台/月の生産能力を整えて、10月から販売を開始する。詳細は今後、発表される。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 2017年2月14日、 太陽光発電関連事業者向けサービスを開始したと発表。


テラドローン、東北地方でのUAV測量サービス拡大へ

テラドローン、東北地方でのUAV測量サービス拡大へ

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、 2017年2月7日、 宮城県仙台拠点にUAV測量部門の専任者を配置し、 東北支社として強化致した。 レーザーや高精度カメラを活用したドローン測量により、 東北からもCIM/i-Constructionを推進する。


テラドローン、英国の大手固定翼メーカーと戦略的パートナーシップを提携

テラドローン、英国の大手固定翼メーカーと戦略的パートナーシップを提携

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 2017年1月、 イギリスの固定翼型ドローンメーカーQuestUAV社と戦略的提携を無数んだと発表した。 今後QuestUAV社の固定翼機を用いた測量サービス・機体自体の販売・新たな機体の共同開発を行う。


テラドローンがオーストラリアに子会社設立 鉱山、オイルガス、鉄道点検分野でドローン活用

テラドローンがオーストラリアに子会社設立 鉱山、オイルガス、鉄道点検分野でドローン活用

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、1月25日、 海外進出第一弾としてオーストラリアに子会社を設立した。準備段階からクイーンズランド州政府の協力・支で、 同州副首相Jackie Trad氏と会談。日本での実績のある土木測量事業に加え、 オイルガス、 マイニング、 鉄道の点検事業などドローンを用いた各事業を行う。


テラドローン、愛知県に中部支社設立~CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

テラドローン、愛知県に中部支社設立~CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

ドローン(UAV)土木測量の日本最大手テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、1月、愛知県に支社を設立した。この支社設立を通 して、中部地方におけるドローン測量を中心とした CIM/i-Construction への対応強化を行う。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。