農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

農薬散布市場に本格参入へ テラドローン10月発売の「Terra 1」のデモフライト

土木測量や農薬散布など小型無人機ドローンを使った産業支援を手掛けるドローンベンチャー、テラドローン(東京都渋谷区)は、9月15日、ドローン代理販売の茨城スカイテック(茨城県城里町)を会場に、農薬散布ドローン「Terra 1」のデモフライトを開催した。(田中亘)


Terra1は、エンジンを搭載した小型、軽量のヘリコプタータイプ

 この日デモフライトで飛行シーンを披露したのは、テラドローンの「Terra 1」。エンジンを搭載した、ヘリコプタータイプながら、小型、軽量が特徴で、大人なら1人で持ち運びができる。デモフライトは、農薬散布の現場を想定し、浮上、移動、農薬に見立てた水の散布を実演した。
 テラドローンの技術者が模範飛行を行い、続いて参加者が各自、操縦する方法で実施。操縦に挑んだ参加者からは、Terra 1の軽さを評価する声や、参加者が日頃利用している機体との感覚的な違いを指摘する声が上がった。テラドローンは、参加者の意見を機体のチューニングや、操縦者の教育などに反映させる方針で、サービスの充実にも活用する考えだ。
 デモフライトでは、農薬散布の場面を想定し、10㎏の水を搭載した飛行も実施。小型でも高いペイロードを実現している点を強調し、参加者に農薬散布市場への本格参入参加を印象づけた。

競合モデルの1/3のコストパフォーマンス

 Terra 1は、これまでのヘリコプター形の農薬散布ドローンと比較すると、費用を約1/3に抑えられる。テラドローンの事業開発部の泉水栄二部長は「Terra 1は自社で設計し製造しており、搭載エンジンもTerra 1のために開発しました。完全な内製機なので、コストパフォーマンスが高いうえ、現場の意見を迅速にフィードバックできる開発体制も整えております」と説明した。
 Terra 1は50台/月の生産能力を整えて、10月から販売を開始する。詳細は今後、発表される。

この記事のライター

関連する投稿


横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

第18回横浜ITクラスター交流会は、経産省製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐の牛嶋裕之氏とテラドローンの事業開発部長の竹崎孝二氏を迎えて「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」をメインテーマに13日、横浜市の横浜情報文化センターで開催された。


テラドローン、国内7拠点目となる関西支社を設立~全国すべてのエリアをカバー~

テラドローン、国内7拠点目となる関西支社を設立~全国すべてのエリアをカバー~

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷、 代表/徳重 徹、 以下テラドローン)は、 国内7拠点目となる関西支社を神戸に設立した。


 テラドローン、レーザー搭載ドローンによる断崖絶壁の測量実施

テラドローン、レーザー搭載ドローンによる断崖絶壁の測量実施

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、北海道広尾 郡広尾町にてオリコマナイ法面防災工事で、レーザー搭載ドローンによる測量を実施致し、新技術を導入で、従来法と比べて格段に安全な工事を執り行え、精緻な 3 次元地形測量に基づい た施工管理、大幅な時間短縮が可能となった。


テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役/徳重 徹)は、 シドニーとメルボルンに支社を6月、同時に設立すると発表した。 2017年1月に、 オーストラリア支社第一号となるブリスベン支社を立ち上げてから、 わずか5ヶ月後の設立となる。


KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。