DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンの安全技術で商用飛行の可能性を拡大する

ParaZero Drone Safety SolutionsのCEOを務めるEden Attias(エデン アッティアス)氏

 ParaZero Drone Safety SolutionsのCEOを務めるEden Attias(エデン アッティアス)氏は、イスラエルの空軍でパイロットとして勤務していた経歴の持ち主。2014年に同社を設立したAttias氏は、2015年からドローン用パラシュートのデモンストレーションを公開し、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。SafeAirと呼ばれる同社の安全技術は、独自のセンサーを組み入れたパラシュートにより、飛行中のドローンが制御を喪失したり、自由落下の状態に陥ったり、臨海角度を越えるなど、重大な障害と認識される状態を検知すると、パラシュートを撃ち出す。公開されている動画の様子では、100分の1秒の速度でフルサイズのパラシュートを撃ち出している。同社のブログによれば、緊急時にパラシュートが動作しなくなる可能性は1:1,000,000時間で、信頼度は一般的なドローンの1,000倍になるという。

DJI Matrice 600用のパラシュートSafeAirを取り付けた様子

 DJI Matrice 600用のSafeAirは、同社のサイトで$2,100(約23万円)で販売されている。重量は1.23kgで、15分で取り付けられる。D-RTKアンテナを取り付けた機体にも対応する。ただし、追加のリモートコントローラー拡張キットが必要になる。また、日本への発送にも対応しているが、日本国内で利用できるかどうかは未定。実際に飛行させるためには、機体の改造などを国土交通省への申請し認可を得なければならない。さらに、イスラエルで特許を取得しているパラシュートを開く技術が、日本の法律に適合しているかも不明。

この記事のライター

最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。