ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


ソーラーパネル自動点検・解析サービスとしてトライアル提供

この「ドローンプラットフォーム docomo sky」は、①クラウドコネクト、②運航支援基盤、③ビジネス支援基盤、④解析支援基盤の、4つの要素で構成されている。ドローンとプラットフォームをセルラーネットワークで常時接続することで、複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報管理、機体を用いた業務のワークフロー管理、撮影画像データ等のセンシングデータをリアルタイムに取得し管理を行うまでの一連の運用を、WEB上で管理可能とする。
 最初の取り組みとして、このプラットフォームを活用した「太陽光発電事業者向けソーラーパネル自動点検・解析サービス」を、本年3月から南国殖産株式会社を通じて、グループ企業である九州おひさま発電株式会社の日置発電所(鹿児島県)に対しトライアル提供する。
 今後ドコモはこのプラットフォームについて、様々な産業分野への活用をめざし、パートナー各社とのビジネス実証、ならびに技術開発に取り組んでいく。またこの様な取り組みを加速させるため、4月に「セルラードローンTM・オープンパートナーイニシアティブ」を発足し、エントリーを開始する予定。

 さらにドコモは、このプラットフォームの本格導入に先立ち、ビジネス活用を目的にドローンの導入を検討している企業や自治体向けにドローンの機体及び機体用カメラの販売やレンタル、通信端末の提供、映像中継や3D画像計測等のソリューション提供、国土交通省への飛行申請サポート、パイロットの派遣や安全に運用するための講習等、ドローンの初期導入を支援する「ドローンスターターサポートTM」を2018年春より開始する。

「ドローンプラットフォーム docomo sky」概要

1. docomo sky コンセプト

 クラウドコネクト、運航支援基盤、ビジネス支援基盤、解析支援基盤の4つの要素で構成され、企業、自治体が展開するドローンサービスをWEB上で統合管理する仕組みを提供する。

<プラットフォームを構成する4つの要素に関する機能>
(1)クラウドコネクト
docomo sky対応通信デバイスによりドローンとセルラーネットワークを常時接続し、クラウド上でドローン遠隔制御、カメラ制御を可能とします。また、リアルタイムデータ通信を実現します。

(2)運航支援基盤
予め設計した飛行ルートをドローンに設定することで、遠隔地から複数のドローンを自動運航させることが可能です。また、飛行中のドローンや飛行空域に関する様々な情報を一元管理し、複数のドローンを安全に運航させることを可能とします。
①運航計画(FOS:Flight Operation System)
飛行するエリアの地形や気象、飛行禁止区域などの地理的情報を基にドローンの飛行計画を作成、高度、座標情報等の詳細な飛行ルート(Waypoint)を設定し遠隔地から複数ドローン自動運航が可能
② 運航管理(UTM:UAS※1 Traffic Management)
一定の空域内に飛行している複数のドローンの位置情報を一元管理する機能で、空中衝突の危険や、禁止空域への侵入を検知し通知することで空域の安全確保が可能
③機体情報管理
使用するドローン機体、カメラ、回線情報、利用実績等を管理することが可能
ドローンの機体名称や形状
搭載するカメラ等のセンサーデバイス等
使用するセルラーネットワーク情報(通信状況、パケット使用量等)
飛行時間、操縦パイロット等の利用実績
④業務ワークフロー管理
業務を行う利用者が予め定めたフライト方法、機体情報、パイロット、スケジュール、フライトエリア等の実施項目を利用者間で共有し進捗確認、運航計画や各種ドキュメントの共有が可能

(3)ビジネス支援基盤
撮影した画像データなど、ドローン飛行時に取得したデータを保存・管理しビジネスに活用することを可能にします。
①リアルタイムなデータ保存・管理
飛行毎に撮影した画像データやフライトログを保存し、WEB上での管理を可能とする
②アナリティクス
取得した画像データ等を分析しレポート自動作成が可能

(4)解析支援基盤
パートナーとの連携による高度な解析アプリケーションの開発を目的としており、様々な画像データを蓄積し、識別や分類を行い、またその結果から今後の比較の軸になるデータを作成したり、様々なパターンに対処するなど行います。

※ Unmanned Aircraft System:無人航空機システム

2. 利用イメージ

 このプラットフォームを活用することにより、フライト前のフライト計画書の作成から、フライト後のデータ分析まで一元した管理が可能になる。

3. WEBブラウザ上での一連の操作イメージ

■フライトプランの管理イメージ

プロジェクト名や機体情報等を登録、フライトプランを計画する。

■オペレーションの操作イメージ

地形や気象、飛行禁止区域等の情報を設定し、ドローン機体を遠隔制御する。

■アナリティクスの操作イメージ

クラウド上に記録された画像データ、位置情報、飛行記録等を元にデータ分析を行う。

4. セルラードローン・オープンパートナーイニシアティブ


(1)目的
パートナーへ本プラットフォームの開発情報やテスト環境の提供を行い、様々な産業分野への活用をめざす。

(2)提供内容
開発情報の提供
docomo sky対応通信デバイスや自動飛行テスト環境の提供

(3)時期
2018年4月よりエントリー受付開始予定

「ドローンスターターサポート」概要

1.ドローンスターターサポートのコンセプト

 現在、災害現場の状況確認、鉄塔・橋梁などのインフラ点検、建設現場の測量、空撮、警備等、多方面でドローンの活用が期待されている。
 ドローンのビジネス活用を始めるにあたり「まずは使ってみたい」「どの機体を購入したらよいかわからない」「活用方法がわからない」という法人企業、自治体に対して、安心してドローンを活用することができるようドコモがドローンの初期導入を支援する。
 ドローン機体及びカメラの販売やレンタル、通信端末の提供、現地でのセットアップ、講習、パイロット派遣、飛行申請サポート、機体修理サポート等を利用用途に合わせてご提案する。

2.ドローンスターターサポートのメニュー内容


(1)機体販売・レンタル
利用用途に合わせたドローン機体本体、およびカメラを販売、レンタルする。
なお、レンタル機体には動産総合保険と施設賠償責任保険を付保する。

(2)通信端末
ドローン操縦時のモニター用タブレット端末や、ドローンで撮影している映像をセルラーネットワークを活用してリアルタイムに伝送する際に活用するモバイルWi-Fiルーターを提供する。

(3)現地セットアップ
ドローン機体の出荷前調整、現地組み立て、各種操作説明を行う。

(4)講習
ドローンを安全に運用するための座学講習のほか、認定機関のライセンス保有者による操作講習を行う。

(5)パイロット派遣
測量や点検などのお客様の利用用途に合わせて認定機関のライセンス保有者による操縦代行する。

(6)飛行申請サポート
国土交通省に事前に飛行申請が必要な場合、申請をサポートする。

(7)映像中継ソリューション
ドローンで撮影している映像を、セルラーネットワークを活用し遠隔地へリアルタイムに伝送するソリューションを提供する。

(8)3D画像計測ソリューション
画像解析ソフトを使用しドローンによる空撮データを3D化することで、建設現場における土砂量の計測等を可能とするソリューションを提供する。

(9)保守/修理サポート・交換
レンタル品の故障時は良品を先出後、故障品を引き取ります。また販売品故障時は修理受付を行う。

3.参考価格

4.提供開始

2018年春

5.問い合わせ先

NTTドコモ法人営業担当者までお問い合わせください。


※「docomo sky」「セルラードローン」「ドローンスターターサポート」は株式会社NTTドコモの商標です。
※本報道発表に関する詳細な情報はこちらのWEBサイトをご覧ください。別ウインドウが開きますhttps://www.docomosky.jp

この記事のライター

関連する投稿


セルラードローンによる物流ドローンのレベル3自律飛行に成功

セルラードローンによる物流ドローンのレベル3自律飛行に成功

株式会社自律制御システム研究所(以下、ACSL)は、モバイルネットワーク経由での自律飛行に対応したドローン(以下、セルラードローン)を開発し、株式会社NTTドコモならびに日本郵便株式会社と、レベル3(補助者無しでの長距離目視外)環境でのLTEを活用したドローンの自律飛行の実証実験に成功した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

 NTTドコモが2月21日に発表した企業向けにドローンの運用を支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky(ドコモスカイ)」が大きな反響を呼んでいる。発表会に登壇した中山俊樹副社長の発言を改めて紹介する。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。