【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


可視・近赤外の画像、軽トラドローンポートなど紹介 生産者も負担軽減など期待

 意見交換会は「グリーンパーク都路におけるドローンを活用したアグリセンシング研究開発事業に係る第2回意見交換会」で、開催は1月15日に続いて2度目だ。慶應義塾大学ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表、田村市でドローン活用を進めている株式会社糺の森(東京)、田村市の関係部局の職員、生産農家、JAの担当者ら出席。システム開発サービスを展開するこまくさネットサービス(東京)の廣瀬幸義取締役、ドローン関連製品の開発、製造、販売を手掛けるTEAD(テッド)株式会社(群馬県高崎市)の市川王崇営業戦略室室長も加わった。
 意見交換会では、農業にドローンを活用する視点として、農薬散布、圃場観察、防除、運搬などが考えられることや、それぞれでの活用事例が紹介された。その活用のひとつとして、植物の生育状況を可視・近赤外の画像を撮影できるカメラをドローンに搭載する事例などが紹介された。
 ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は、軽トラックに積めるドローンの離発着基地(ドローンポート)を試作したことを報告。「現在は一部手動で運用している。導入するさいには自動離発着を目指す」などと今後の抱負を述べた。このほか、ドローンの農業活用をすすめるうえで欠かせない自動航行に関する国のルールづくりの動向についても言及があり、それをふまえて検討が進めることなどを確認した。
 このほか、圃場管理システム活用の可能性や、ハウス内でのドローンでの監視の有効性、ドローンでは農薬が適切に散布されるためドローンから地表に向けて吹き下ろすダウンウォッシュと呼ばれる風の重要性、大豆など品目ごとに農薬の扱い方を検討することの必要性などが示された。
 生産者からは、「運搬が実用できれば、負担が大きく減る期待がある。見守りに活用できれば、梅雨明けの暑くなる繊細な時期に作業効率化の効果が見込める」などと期待が表明され、今後、実用化に向けた検討をさらに進めることになった。
 慶大は田村市とドローンの活用について、2016年12月に包括提携を締結しており、これまでに、高校生向けに特別講座を軸とした人材育成を中心に事業を進め、実績を上げてきた。現在、ドローン活用の拡大を進めており、農業では市内の農業体験施設、「グリーンパーク」で、ビールの原料となるホップの生産などで、ドローンを活用する事業を進める。2018年は、運用のための情報収集を集中的に進める方針だ。

ドローンの農業利用について意見を効果する「意見交換会」出席者

意見交換会は福島県田村市役所で開催された

慶大コンソが田村市で展開するドローンの農業展開で活動拠点となる予定の「グリーンパーク都路」

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 農業利用

関連する投稿


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。


【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

 東日本ドローンサミットでは、災害対応、復興支援にドローンがどう使えるのかを検証するセッション「ドローン×災害対応。復興支援」も行われる。東日本大震災の復興拠点となったJ-ヴィレッジで、震災時のドローン活用を、慶大ドローン社会共創コンソーシアム副代表、南政樹氏とともに考える貴重な時間となる。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。