ものづくりの新拠点「センター・オブ・ガレージ」がオープン! Drone Fundと提携のリバネスなど東京・墨田区に

ものづくりの新拠点「センター・オブ・ガレージ」がオープン! Drone Fundと提携のリバネスなど東京・墨田区に

個人投資家・千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fundと事業提携している株式会社リバネスは、子会社の株式会社グローカリンクと共同で、ベンチャー、町工場、大企業の3者連携を実現するインキュベーション施設「センター・オブ・ガレージ(COG)」を、町工場が集積する東京都墨田区に開設した。


〝リアルテック・ベンチャーのインキュベーション〟

COGのオープニングイベントは立ち見が出るほどの来場者で満席となった

 COGは、研究開発やものづくりに特化したベンチャーに、全方位のサポートを提供する仕組み。グローカリンクが運用する拠点としての施設のほか、リバネスの知識プラットフォーム、町工場集団「スーパーファクトリーグループ」の技術支援、リバネスの運営する提案型研究受託サービス「RESQUE」との連携、海外ベンチャーとの連携、毎月開催するピッチイベントなどのサポート環境が提供される。
 施設運営を担うグローカリンクの長谷川和宏代表は「場所であるよりも場」として、「人類が持っていないものをもたらす」ことへのチャレンジを支援する「世界初のリアルテック・ベンチャーのインキュベーション」と位置づけている。
 施設は8つの個室、64席のフリーアドレス、2つの会議室、プレゼンテーションルーム、ものづくり相談スペースで構成され、9面マルチディスプレイ、プロジェクター、スクリーン、移動式ホワイトボード、無線LAN、キッチンスペースを備える。工作機械、3Dプリンターのような設備は、これからの入居者、利用者が求めるものを集め、備えていけるよう柔軟に対応する。
 営業は午前10時から午後6時まで。ただしベンチャーは申請すれば終日、利用できる。

「ドローンとも愛称は抜群 是非利用を」

 背景には町工場が激減している状況がある。COGの立地する墨田区には2500の町工場が集まる。集積はしているが、かつての1万あった頃の4分の1だ。同様に町工場が集まると言われる東京都大田区、大阪府東大阪市も事情は同じだ。日本経済を支えたものづくりは、町工場の持つメッキや金型、金属加工などの基盤技術がなければ不可能だったが、コスト競争にさらされ、結果として廃業が増えている。
 リバネスの丸幸弘代表は、「企業経営の利益はよくなっている、とニュースで聞くが、中小企業や町工場の方からそんな声は聞かない。利益を出しているのは大企業だけというのは、どこかおかしくないか。ベンチャー自身が、町工場自身が、価値を社会に送り出さないといけない。ここでは、ベンチャーも未来の話を堂々とできる」と述べた。
 また提携しているDrone Fundについて、丸代表は「ファンドの出資先企業にもぜひ利用して頂きたいし、千葉さんからはそうしたい、という話をした。実際、ドローン事業との愛称は抜群にいい。是非、利用して頂き、世界にほこるドローン事業を生み出してほしいし、それを手伝いたい」と話している。

施設内の配置図

上流で仕事をし、下請け体質から脱却を

 オープニングイベントには、スーパーファクトリーグループのグループ長で、墨田区に本社を置く金属加工会社、株式会社浜野製作所(東京)の浜野慶一社長が登壇し「町工場の多くは、量産加工を担っているが、人件費抑制のあおりをまともに受けているうえ、発注企業の海外流出もあり、たえず競争相手の多いところで仕事をせざるをえず、製品を高く売るのが難しい状況だ。COGで、売れないステージを変えたい。上流で仕事をし、下請け体質から脱却しないといけない」と、町工場やベンチャーを激励した。
 また入居予定企業として、センシングな技術などで睡眠の測定や改善サービスを提供する睡眠サイエンス・ベンチャー、株式会社ニューロスペース(東京)、台風時にも発電できる風力発電ベンチャー、株式会社チャレナジー(東京、COGが本社)、バイオテックのuFraction8(英)、人工皮膚技術のDeNova Sciences(シンガポール)が、取り組みを披露。
 また日本たばこ産業株式会社が祝辞にかけつけ、パートナー企業として、三菱電機株式会社、農業機械メーカー、小橋工業株式会社(岡山市)が登壇してメッセージを寄せた。Focustech Ventures(シンガポール)、Bloom Accelerate(英)、DG TAKANOもあいさつをするなど、注目されている企業が数多く登壇するにぎやかなイベントとなった。

COG
 〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3
 「押上」駅から徒歩12分
 「本所吾妻橋」駅から徒歩10分

問い合わせは
株式会社グローカリンク
URL:info@glocalink.com

COGのオープニングであいさつをする(左から)DG TAKANOの高野雅彰代表、リバネスの丸幸弘代表、浜野製作所の浜野慶一社長

オープニングイベントに集まった登壇者。豪華な顔ぶれが勢揃いした

この記事のライター

関連する投稿


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。


空飛ぶクルマ開発のSkyDriveがDrone Fundから3億円資金調達

空飛ぶクルマ開発のSkyDriveがDrone Fundから3億円資金調達

株式会社SkyDriveは、Drone Fund 2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)より、3億円の資金調達を実施。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

 日本を代表する個人投資家の1人、千葉功太郎氏が率いるドローン・スタートアップ特化型ファンドDrone Fundは7月31日、「Drone Fund2号」を8月1日付で設立すると発表した。ファンドの規模は30億~50億円を見込む。特化型として「暫定で世界最大級でドローン前提社会とエアモビリティー社会の創造に邁進する。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。