「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

来たる3月18日、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催する。


産業分野でのドローン活用技術や研究開発が急速に進む中、茨城県稲敷郡河内町では主産業 である農業分野での活用が大きく期待されています。 そのニーズに応える日本初の試みとして、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクス社では「ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上をテーマ」 とした「農業利用の可能性を探るコンテスト」を開催します。
また、産業用ドローンの展示やデモフライト、初心者や家族連れでも楽しめるドローンの体験会などを行います。

公式HP-URL: http://dronefield-kawachi.irobotics.co.jp/drocon/

《コンテストについて》

一定の離陸重量など基準を満たした機体を使用し、決められた地点間の離着陸タイムを競う競技を行います。

■機体レギュレーション
・非自作機・未改造のドローンに限る。
・バッテリー込の離陸重量が350g以上の機体のみ参加を認めます。

※なお、FPV(目視外)飛行のみでの参加は認めません。 (モニターなどの確認は許容されます)

参加可能機体例: DJI Inspireシリーズ、Phantomシリーズ、 Mavic Proシリーズ、3DR Soloなど

■賞金など:優勝 30万円、副賞 河内町特産品

■予定スケジュール
10:00:受付
10:45:ブリーフィング
11:00:フライト①
12:30:休憩
13:00:フライト②
15:00:審査
16:00:表彰式

《関連イベント》

初心者の方々や一般のご家族などドローンに触れ体験していただくドローン操縦体験会や空撮、産業用ドローンからレースドローン、マイクロドローンまで様々なドローンの飛行デモンストレーションなど見て、体験して楽しんでいただけるイベントも行います。

■ドローンフィールドKAWACHIとは?■
〜技術開発をスピーディに、もっと身近に「集積」と「共創」のイノベーションを〜ドローンフィールドKAWACHIは、都心から80分、成田空港から20分の立地にあり、飛行場、実証実験場、研究開発施設、カンファレンスセンター、宿泊施設などを備えた、ドローンに関わる全ての人・モノ・金・テクノロジー・インテリジェンスを集約する総合施設です。

世界では、各産業分野の大手企業と、AI、通信、電池など専門的な要素技術ベンチャー等を同居させた、イノベーションの発火点となるような集積地が生まれつつあります。しかし、国内では地理的要因で、ラボとテストフィールドの物理的な距離が離れており、スピーディな開発が困難で、ドローン産業は世界の後塵を拝しています。
各領域の専門技術者が、最適な環境で開発に専念する環境を求めて、ドローンフィールドKAWACHIは誕生しました。

ドロコン2018公式HP: http://dronefield-kawachi.irobotics.co.jp/drocon/

参加エントリー
http://bit.ly/2Fc9amh

公式Facebook
https://www.facebook.com/events/361965244212855/

日時:平成年3月18日(日) 9時30分~16時30分
場所:つつみ会館、ドローンフィールドKAWACHI
茨城県稲敷郡河内町金江津645-227 TEL 0297-86-2090(大会当日のみ)

主催/共催:河内町、株式会社アイ・ロボティクス
協力:一般社団法人 日本ドローンレース協会 (JDRA)

お問い合わせ:
河内町役場 TEL:0297-84-2111(代表)
ドローンフィールドKAWACHI  mail:info_dfk@irobotics.co.jp TEL:080-8161-1718



注)「ドロコン®」はアイ・ロボティクスの登録商標です。

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000022548.html

この記事のライター

関連する投稿


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

「ドローンフィールドKAWACHI」を中心に、 プラント向けのドローン・ソリューションの開発を行っているアイ・ロボティクスは、ドローンを利用したプラント向けソリューションの実現で、プラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業へのPOC提供やコンサルティングを開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。


NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズ株式会社(NTT-ATシステムズ)と株式会社アイ・ロボティクス(東京都新宿区)は、 ドローンを活用したレスキュー支援システムの共同研究を開始すると発表した。


アイ・ロボティクスが最長10キロのドローンの総合複合施設「ドローンフィールドKAWCHI」を 11/27にオープン

アイ・ロボティクスが最長10キロのドローンの総合複合施設「ドローンフィールドKAWCHI」を 11/27にオープン

株式会社アイ・ロボティクスは、 今後益々進むドローンの産業利用を見越して、 都心から車で約80分の茨城県稲敷郡河内町に、24時間365日利用可能な研究開発施設と、 最長10kmに及ぶテストフィールド、 そしてカンファレンス施設などが一体となった総合複合施設「ドローンフィールドKAWACHI」をオープンする。


最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。