「空撮ドローン」の次は「セルフィードローン」⁉ 新製品続々…下半期のトレンドに

「空撮ドローン」の次は「セルフィードローン」⁉ 新製品続々…下半期のトレンドに

 消費者向けドローン市場は、「空撮ドローン」が牽引役を一手に担ってきたが、2016年下半期からは、「セルフィードローン」と呼ばれる、小型、高性能モデルがもうひとつのトレンドに名乗りをあげそうだ。


 Zerotechがセルフィードローン「Dobby」、Yuneecが「Breeze」を発表、今後、Zero Zero Robotics、Nixie Labs、Hover Cameraの各社も追随の見込みだ。セルフィードローンの特徴は、小型で、先端技術を搭載し、多彩な飛行モードとセルフィー撮影に対応している点にある。多くがSNS利用を前提としている。…この記事の続きを読む

情報提供元:CNET Japan
http://japan.cnet.com/sp/drone_market/35089107/

この記事のライター

関連する投稿


ドローンコラム:「自撮り」に特化した低価格ドローンは本当に浮上するのか

ドローンコラム:「自撮り」に特化した低価格ドローンは本当に浮上するのか

スマートフォンのサイズで自撮り飛行に特化したセルフィードローンが、注目を集めている。KICKSTARTER(キックスターター)というクラウドファンディングで、人気を集めている2つのドローンに注目して、その可能性を考察する。(田中亘)


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

当サイトでも人気のZeroTech社の手の平サイズドローンの「Dobby」を飛ばしてみました。動画で楽しさは動画で確認してください。クリスマスにもまだ間に合います。産経netShopで取り扱っています。


新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

ドローンの楽しみ方を広げる最新モデルの発表が相次いでいる。飛行申請のいらない200グラム未満のミニドローンと、折りたたみ式で持ち運びが簡単でありながら本格的な空撮が楽しめるプロフェッショナルなモデルがその主役だ。


小型高性能ドローン「Dobby」10月7日発売

小型高性能ドローン「Dobby」10月7日発売

ZEROTECH Intelligence Technology Co., Ltd.(本社:中国)の小型高性能ドローン「Dobby(ドビー)」が、10月7日に大手家電量販店、各ECサイトで発売される。予約の受け付けは9月13日から順次、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpなどの各ECサイトで開始される


最新の投稿


【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

【速報】DJIがCP+ 2017に最新ドローンと噂のHASSELBLAD搭載機を展示

2 月 23日(木)から 26 日(日)までの 4 日間、パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」 に、DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)は、最新ドローンとハンディスタビライザー、そして噂のHASSELBLAD搭載機を展示した。


「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

「深圳ドローンフィールドワーク2017」深圳ドローンシティレポート

ドローンの聖地と言われる中国深圳のドローン業界との交流を目的としたフィールドワーク「深圳ドローンフィールドワーク2017」が2017年2月11日から14日までの4日間開催された。


世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

世界最大手の運輸会社「UPS」、配送トラックからドローンが離着陸

運輸会社のUPSが、フロリダ州のタンパで同社初となるドローンによる配達を行った。同社は昨年9月にも同様のテスト飛行を行っており、その際は医薬品を離島に届けることに成功している。


中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

中国国営電力会社、「火炎放射ドローン」で電線に引っかかったゴミを焼却!?

 中国メディア襄陽日報は11日(現地時間)、湖北省咸陽の国営電力会社が火炎放射機を装着したドローンを用い、電線に付着したゴミなどを焼却していることを報じた。


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(3)

NEDOの『TSC Foresight』セミナーの最後は、「UAVの今まで、UAVのこれから」というテーマでパネルディスカッションが行われた。日本のドローン産業を牽引するパネラーによるUAVの現状と課題、そして今後に向けた取り組みが語られた。