【ジャパンドローン2018】ドローンムービーコンテスト2018のグランプリに伊藤広大さんの作品

【ジャパンドローン2018】ドローンムービーコンテスト2018のグランプリに伊藤広大さんの作品

日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2018 」(千葉・幕張メッセ)で開幕初日となる22日、第3回 Drone Movie Contest 2018の受賞作品が発表され、受賞式が行われ、グランプリに伊藤広大さんの作品がグランプリに輝いた。


グランプリとなった伊藤広大さんの北海道の雄大な自然をテーマに撮影された「NORTHERNMOST-travel around hokkaido,Japan」。

 日本最大のドローンの展示会「Japan Drone 2018 」(千葉・幕張メッセ)で開幕初日となる22日、第3回 Drone Movie Contest 2018の受賞作品が発表され、受賞式が行われた。
 今年のコンテスト応募作品は97作品が寄せられた。最終選考に残った作品は7作品だった。作品は3分以内、作品の50%がドローンで撮影されていることが条件で、選考に会あたってはジャンルは問わないが、JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っていることと映像作品としての芸術性や、技術的な先進性などを審査ポイントとすることなどを基準に審査された。
 厳正な審査の結果グランプリには、伊藤広大(いとう ひろき)さんの北海道をテーマに撮影された「NORTHERNMOST-travel around hokkaido,Japan」が栄冠を手にした。
 審査員特別賞は市川範之(いちかわ のりゆき)さんさんの「PELELIU ISLAND」(ヘキサメディア賞)と佐々木賢一さんの「SHIKISAI-Four Seasons of TOHOKU」そして竹内佳嗣さんの「高北土楼」(DroneTimes賞)がそれぞれ受賞した。

記念写真に収まる、第3回ドローンムービーコンテスト受賞者ら=3月23日、千葉・幕張メッセのジャパンドローン2018(村山繁撮影)

 グランプリに輝いた伊藤さんは残念ながら欠席となったが、代理でコメントした小林幸平さんは「大好きな北海道の作品が評価されとても光栄」と本人にかわり受賞の喜びを語った。
 審査員特別賞ドローンタイムズ賞を受賞した竹内さんは、昨年に続き2度目の受賞となった。
 各審査員の総評としては、ファイナルに残った7作品はどれもレベルの高いものばかりで素晴らしかった。審査員のひとりドローン・エモーションの大前創希氏は「丁寧に取材した作品が多かったと感じる。時間をかけじっくりとテーマを追っていて好感が持てた」と感想を述べた。また、今後はよりテーマ性、を作品に求めていきたいと次回に課題を提起する声もあった。

2年連続で審査員特別賞に輝いた竹内佳嗣さんの「高北土楼」(DroneTimes賞)。

受賞作品

【グランプリ ドローンエモーション賞】 伊藤広大さん
 ‐ NORTHERNMOST - travel around hokkaido, Japan -

【DroneTimes賞】 竹内佳嗣さん
 ‐ 福建土桜 -

この記事のライター

関連する投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


デジタルハリウッドが第3回「Drone Movie Contest 2018」を開催、ドローン空撮映像を募集 2月28日まで

デジタルハリウッドが第3回「Drone Movie Contest 2018」を開催、ドローン空撮映像を募集 2月28日まで

デジタルハリウッド株式 会社(東京都千代田区)は、デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー)におい て、第 3 回目となる「Drone Movie Contest 2018」を開催する。コンテストドローンで撮影した映像作品を対象とし、3月開催の「Japan Drone 2018」の企画の一つとして作品を募集する。


「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は3月22日~24日、幕張メッセでドローンに特化した単独開催の国際展示会とコンファレンスからなる「ジャパン・ドローン2018」を開催する。


ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

 ドローン専門サイトのドローンタイムズでは、ドローンジャパン株式会社(東京都千代田区九段)が推進する「ドローン米」プロジェクトの考え方に賛同し、2016年度に旭川市の篤農家・市川範之さんが経営する市川農場で有機栽培により収穫された「ドローン米・北海道産ゆめぴりか」のパック米(包装米飯)を産経ネットショップで販売中。


「森林浴コース」を」空撮 宍戸ヒルズカントリークラブ ショートムービー <佐々木賢一氏>

「森林浴コース」を」空撮 宍戸ヒルズカントリークラブ ショートムービー <佐々木賢一氏>

樹齢を重ねた豊な自然林の中に展開する36ホール。東コースは雄大な林間コース。陽の光が織りなす美しい樹木の中でのラウンドは、「森林浴コース」の愛称で賞賛されている。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。