【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


厳しさなの中に、面倒見の良さと修了生の結束力が魅力

 第一印象は修了生同士の結束力の固さ。ジャパンドローン2018の一般社団法人ドローン大学校(東京都)ブースを覗くと、お茶や缶コーヒーにどら焼きが出され、修了生達の“休憩所”となっている。代表理事の名倉真悟さんの人柄なのか、ブースには常に修了生が溜まり、ドローン談義が交わされ、これがビジネスにまで繋がることもあるという。
 同校は今年1月、東京キャンパスを台場からビジネスの中心、千代田区の大手町に移転し「大手町キャンパス」に改めた。カリキュラムも、これまでのいつからでもスタートできるシステムから、名古屋キャンパスと同じ定期性に変更した。
 また、5月には岡山県笠岡市に新たに「瀬戸内キャンパス」を開校する。このキャンパスは、ドローン大学校の卒業生によって運営される。
 瀬戸内は離島や中山間地が多く、2018年度にはドローン物流も新たなフェーズにはいることもあり、ドローンが期待される地域だけにニーズは高そうだ。

 ドローン大学校は独自のカリキュラムに定評があり、テキストもオリジナルで、アップデートされるたびに修了生にも配布され、より実戦的な修了生向けのカリキュラムも開催されている。「修了してからが本当のおつきあい」を謳っているだけに「修了生がドローンビジネスによって利益を得ることが、ゴールだと私たちは考ている」という方針通り、卒業生の結束が固いのもうなずける。

■一般社団法人ドローン大学校HP
https://dronecollege.ac/

ドローン大学校のブースはいつ行っても名倉真悟代表理事(左から3人目)を中心に修了生達が集い、笑い声が絶えない=3月24日、千葉・幕張メッセのジャパンドローン2018(渡辺照明撮影)

この記事のライター

関連する投稿


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指すドローン大学校“瀬戸内キャンパス"が5月13日に開講する。


【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい地区)が3月1日開催され、ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)や一般社団法人ドローン大学校などが出展した。4日まで。


CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市みなとみらい地区)で、3月1日〜4日に開催される。今年は過去最大となる128社・団体が出展、ドローン関連の出展やセミナーもある。ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)と一般社団法人ドローン大学校が出展する。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。