【ジャパンドローン2018】50分の長時間飛行を実現するヘリコプター型UAV登場

【ジャパンドローン2018】50分の長時間飛行を実現するヘリコプター型UAV登場

TPホールディングス株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:山川道明)は、ジャパンドローン2018に出展し、50分の長時間飛行を実現した測量用のヘリコプター型UAVのSKY-Heliを展示した。


ドローンと同じ操縦を実現したヘリコプター型UAVのSKY-Heli

 TPホールディングスは、測量用コンピュータの開発にGPSの販売やサポートを主力事業に、ドローンを活用した測量ソリューションを提供している。今回のジャパンドローン2018で展示していたSKY-Heliは、ヘリコプター型のUAVとして、Jupiter JM-1Sという独自開発のフライトコントローラーにより、ドローンのような簡単な操縦を実現した。機体の重量は7.15kgで、最大ペイロードは16kg。ソニーのミラーレス一眼カメラα7 IIを搭載する専用のジンバルも開発し、約1.8kgのカメラとジンバルを搭載した状態で、30~50分の長時間飛行を可能にする。
 また、フリーソフトのMission Plannerを改良した「Mission Planner For Sky-Mapper」を提供し、飛行する住所を入力したら、Googleマップに表示された地図から飛行範囲を選択するだけで、自動飛行を計画できる。ドローンの使い勝手と、ヘリコプターならではの長時間飛行を両立させたSKY-Heliは、日本での試験飛行を繰り返した後で、すでに契約している顧客を中心に納品を開始する計画。
 さらに、LiDAR搭載モデルや16Lタンクを装備できる農薬散布タイプのSKY-Heliの販売も予定している。

測量用のヘリコプター型UAVのSKY-Heli

ソニーのカメラ専用のジンバルを開発し高精細な測量用の空撮を実現する

この記事のライター

最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。