【ジャパンドローン2018・発見!】「OITAドローンフェスタ」9月に開催! 広瀬知事がDRONE STARを手に表明

【ジャパンドローン2018・発見!】「OITAドローンフェスタ」9月に開催! 広瀬知事がDRONE STARを手に表明

 大分県の広瀬勝貞知事は千葉・幕張メッセで開催されたJapan Drone 2018を訪問し、9月23、24の両日、大分県で「OITAドローンフェスタ」を開催すると発表した。ドローンレースや映像コンテストが行われる見込みだ。


温泉もグルメもドローンも!

 広瀬知事は、ドローン関連の県内企業、大学、機関で組織する大分県ドローン協議会の石井四郎会長とステージに登壇し、温泉やグルメなど大分県の魅力をアピール。鉄鋼、化学など多くの製造業、企業が拠点を構えるなど産業集積地であることも強調し、「大分から先端産業の魅力を発信したい」とアピールした。
 そのうえで、「重大発表をします」と断わり、「9月23日、24日に大分県でOITAドローンフェスタを開催します」と表明した。最新技術の展示のほか、映像コンテスト、レースなどを催す見込みだ。
 広瀬知事は大分出身の坂本義親社長が率いるORSO(東京)が開発した練習教材機DRONESTARを手に、「たった18グラムで素晴らしい教材」と力説した。フェスの開催時期は、地元のグルメイベントの開催も計画されていて、「来場者は大分の味も楽しんでいただける。足を運んでほしい」と呼びかけた。

ORSOが開発したDRONE STARを手にフェス開催を発表し来場を呼びかける大分県の広瀬勝貞知事(中)

この記事のライター

最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。