【ジャパンドローン2018・発見!】実機の固定翼無人航空機を展示した日本海洋

【ジャパンドローン2018・発見!】実機の固定翼無人航空機を展示した日本海洋

日本海洋株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:鈴木敏夫)は、ジャパンドローン2018の展示ブースに、実際の飛行が可能な固定翼無人航空機システムのBRAMOR ppXを展示した。


3.5時間の連続飛行と耐風速30m/sの固定翼

固定翼無人航空機システムのBRAMOR ppX

 日本海洋は、以前から展示会で固定翼無人航空機システムのBRAMOR ppXを紹介していたが、これまではモックアップの機体を展示していた。今回のドローンジャパン2018では、実際に輸入した実機を展示した。BRAMOR ppXは、最長3.5時間の連続飛行が可能で、時速は約60km/h。耐風速は30m/sで、一般的なマルチコプターに比べて、かなりの強風でも飛行できる。その飛行方法は、約5分で組み立てられるという専用のカタパルトで発射し、着陸時はパラシュートを開いて降下する。実機写真の左側に開いている箇所が、パラシュートの収納部分になる。
 実機の輸入に際して、現地で同社の社員が飛行研修を受けてきたという。近く、日本国内での試験飛行を計画している。

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

国際ドローン展の飛行デモンストレーションで、日本海洋が有線給電ドローンを、ササモモさんがDJI Matrice 200の魅力を紹介した。(田中亘)


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


InspireやM200の飛行時間を飛躍的に伸ばす~日本海洋のドローン有線給電システム~

InspireやM200の飛行時間を飛躍的に伸ばす~日本海洋のドローン有線給電システム~

海洋調査の関連機器を取り扱う日本海洋株式会社(本社:東京都、代表取締役:鈴木敏夫)は、DJIのInspireシリーズやM200に対応する有線給電システムの輸入販売を開始した。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。