【ジャパンドローン2018・発見!】実機の固定翼無人航空機を展示した日本海洋

【ジャパンドローン2018・発見!】実機の固定翼無人航空機を展示した日本海洋

日本海洋株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:鈴木敏夫)は、ジャパンドローン2018の展示ブースに、実際の飛行が可能な固定翼無人航空機システムのBRAMOR ppXを展示した。


3.5時間の連続飛行と耐風速30m/sの固定翼

固定翼無人航空機システムのBRAMOR ppX

 日本海洋は、以前から展示会で固定翼無人航空機システムのBRAMOR ppXを紹介していたが、これまではモックアップの機体を展示していた。今回のドローンジャパン2018では、実際に輸入した実機を展示した。BRAMOR ppXは、最長3.5時間の連続飛行が可能で、時速は約60km/h。耐風速は30m/sで、一般的なマルチコプターに比べて、かなりの強風でも飛行できる。その飛行方法は、約5分で組み立てられるという専用のカタパルトで発射し、着陸時はパラシュートを開いて降下する。実機写真の左側に開いている箇所が、パラシュートの収納部分になる。
 実機の輸入に際して、現地で同社の社員が飛行研修を受けてきたという。近く、日本国内での試験飛行を計画している。

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

国際ドローン展の飛行デモンストレーションで、日本海洋が有線給電ドローンを、ササモモさんがDJI Matrice 200の魅力を紹介した。(田中亘)


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


InspireやM200の飛行時間を飛躍的に伸ばす~日本海洋のドローン有線給電システム~

InspireやM200の飛行時間を飛躍的に伸ばす~日本海洋のドローン有線給電システム~

海洋調査の関連機器を取り扱う日本海洋株式会社(本社:東京都、代表取締役:鈴木敏夫)は、DJIのInspireシリーズやM200に対応する有線給電システムの輸入販売を開始した。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。