DJI、赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」と「PAYLOAD SDK」を発表

DJI、赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」と「PAYLOAD SDK」を発表

空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、インフラ点検および検査、精密農 業、消防活動や捜索救援活動などの専門的な業務を対象に、高性能赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」 と DJI の産業用ドローンプラットフォームをカスタマイズできる「PAYLOAD SDK」を発表した。


インフラ点検、検査や捜索救援活動などの産業用途に特化したプラットフォームに

 Zenmuse XT2 は、FLIR Systems 社と共同開発した赤外線カメラで、並列配置したビジュアルセン サーと赤外線センサーによって、救急活動や災害復旧時、産業分野での調査の際に、高品質のデータ収集 を可能にする。
 またPayload SDK(Software Development Kit)を利用することで、ドローンを活 用するスタートアップや開発者、センサーやデバイス製造業者は、DJI のドローンにカメ ラやセンサーなどのさまざまなツールを搭載することができる。

 Zenmuse XT2 は、データをより実践的なインサイトへ導く高性能赤外線カメラ。スタビライザー 付きジンバルとデュアルセンサーを FLIR の放射測定熱画像と 4K ビジュアルカメラに組み合わせるこ とで、オペレーターは飛行中に赤外線データと映像データの両方を確認できる。産業利用や公共安全等の業務に従事するユーザーに、高水準の汎用性とより詳細なデータを提供する。
 オペレーターは、FLIR MSX が搭載されているインテリジェント機能を、映像データや赤外線データ と組み合わせることで、問題の発生している対象物を簡単に特定できる。
 また、「Spotlight Pro(ス ポットライトプロ)」に搭載された「QuickTrack(クイックトラック)」と「HeatTrack(ヒートトラ ック)」の 2 つのインテリジェント機能により、カメラが自動で被写体を追尾するので、オペレータ ーは飛行操作とデータ収集に専念することができる。
 QuickTrack は、選択したエリアを常にカメラ の中心に収め、HeatTrack は、最も熱を持つ部分を自動で追尾する。
 「Temp Alarm(高温ア ラーム)」機能は、赤外線データをリアルタイムで読み取り、対象物の温度が閾値を超えた際に、オ ペレーターに通知する。

 Zenmuse XT2 は、DJI の「MATRICE 200 シリーズ」 と「MATRICE 600 PRO」の産業用ドローンに対応しているす。
 また、Android 向けの「DJI PILOT」アプリで利用できるが、今後、iOS 向けの 「DJI XT PRO」アプリをリリース予定。
 Zenmuse XT2 は、堅牢なデザインと保護等級 IP44 を有し、雨、雪、煙や霧の中といったあらゆる状況下で飛行できる汎用性を備えている。 12MP のビジ ュアルカメラを搭載し、640 x 512 と 336 x 256 の 2 種類の赤外線センサー解像度を提供し、レンズは 9mm/13mm/19mm/25mm を使用できる。

産業用ドローンが SDK でカスタマイズ可能に

 Payload SDK を使用することで、サードパーティ製のカメラ、センサー、 空対地通信ツールやデバ イスといったペイロードを、Matrice 200 シリーズに直接取り付け、統合することが可能になる。 産業用ドローンのエコシステムをオープンにすることで、あらゆる製造業パートナーや開発者は、特 定の目的や産業にあわせて、オリジナルのドローンをカスタムすることができる。
 DJI は、外付けペイロードをドローンにシームレスに搭載できるジンバルポートアダプター「DJI SKYPORT」を導入することで、複雑な工程を減らした。DJI Skyport で、サーキットボード、API へのアクセス、外付けセンサーやペイロードの取り付けが容易になり、Zenmuse シリーズと同様 な操作性を実現することができる。セットアップをドローンの電源に直接接続できるので、外付けのケーブルや バッテリーは必要なく、また、Payload SDK でデータ通信システムにアクセスできるため、オ ペレーターはセンサーと直接通信し、データをリアルタイムに受信することができる。

※Payload SDK と DJI の開発者向けソリューションについての詳細は、 https://developer.dji.com/payload-sdk/  を参照。(※英文のみ)

提供開始時期

 Zenmuse XT2 カメラは、全国の DJI Enterprise の正規代理店で 4 月下旬からの販売開始を予定している。
 製品購入については、https://enterprise.dji.com/jp/contact-us へ。
 ペイロード SDK は、DJI の開発者向けポータルサイト、 https://developer.dji.com/payload-sdk/ から 提供する。(※英文のみ)

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、屋根点検ソリューション 「Terra Roofer 」赤外線カメラに対応した新バージョンの提供を開始

テラドローン、屋根点検ソリューション 「Terra Roofer 」赤外線カメラに対応した新バージョンの提供を開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 昨年9月にリリースした屋根点検ソリューション「Terra Roofer」(テラルーファー)に、16機能以上を新たに追加し、 大幅なバージョンアップにて提供を開始した。


CLUE、ドローン屋根外壁点検アプリDroneRoofer(ドローンルーファー)が赤外線画像撮影に対応

CLUE、ドローン屋根外壁点検アプリDroneRoofer(ドローンルーファー)が赤外線画像撮影に対応

株式会社CLUE(東京都港区)は、 iPadだけでドローンを安全に自動操縦し、 屋根外壁点検を行うことができるアプリ「DroneRoofer(ドローンルーファー)」を、5月8日から赤外線カメラ搭載DJI製ドローンMavic 2 Enterprise Dualに対応させると発表した。


DJIと農薬業界最大手のシンジェンタジャパンが「農業ドローンと農薬の安心・安全」の実現に向けて業務提携へ覚書締結

DJIと農薬業界最大手のシンジェンタジャパンが「農業ドローンと農薬の安心・安全」の実現に向けて業務提携へ覚書締結

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と、 シンジェンタジャパン株式会社(東京都中央区)は、日本の農業の持続的な発展に両社で貢献していくことを念頭に、業務提携に向けて覚書を 締結したと発表した。


DJI 、ドローン空撮データを収集、可視化、分析する「DJI TERRA」を発表

DJI 、ドローン空撮データを収集、可視化、分析する「DJI TERRA」を発表

3Dモデリングとマッピングソフトウェアが、ドローン空撮データをデジタル資産に変換し、分析と意思決定をサポート。


SkyPixel、2018 年 空撮コンテスト「Aerial Storytelling Contest」受賞者発表

SkyPixel、2018 年 空撮コンテスト「Aerial Storytelling Contest」受賞者発表

空撮写真コミュニティのSkyPixel は、2018 年の「Aerial Storytelling Contest」の受賞者を発表した。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。