ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機株式会社は、優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”を採用し、軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と、当社産業用無人ヘリコプター(以下無人ヘリ)に匹敵する散布品質を実現する産業用マルチローター(通称ドローン)「YMR-08」を6月から限定発売する。


優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”採用

 ヤマハ発動機株式会社は、優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”を採用した産業用マルチローター「YMR-08」を6月から限定発売すると発表した。
 産業用マルチローターYMR-08は、軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と、同社の産業用無人ヘリコプター(以下無人ヘリ)に匹敵する散布品質を実現するという。
 YMR-08の販売開始により、同社の特約店等を通じて、水田等の圃場におけるヤマハドローンでの農薬散布作業が行われる予定。なお、YMR-08の本格販売は今秋に予定されている。

「YMR-08」 (2018年限定発売モデル)

 YMR-08は、1フライトあたり1ヘクタールの連続散布を15分で完了することをコンセプトに開発。散布品質はもとより、操作性や作業性、そして安全性を実現するためバッテリーおよびモーターも専用開発し、農業の現場のプロユースにも耐える性能を実現している。
 同社は無人ヘリによる薬剤散布事業において30年余の実績があり、現在では無人ヘリによる薬剤散布事業は年間延べ面積100万ヘクタールを超え、国内水稲作付面積の40%以上をカバーしている。一方で無人ヘリでは対応しにくい狭小圃場では手作業のほか、近年ドローンによる薬剤散布も拡大しつつある。

YMR-08の主な特徴

1) 上下二重反転ローターと散布ノズル最適配置による当社無人ヘリに匹敵する散布品質の実現
2) 安全性と作業性に配慮したバッテリーと新開発の軽量・高出力モーター
3) 衝撃吸収樹脂を前縁に採用し、衝撃の低減と破損時の飛散を防止するカーボン製ハイブリッドローター
4) 軽量で剛性バランスに優れたモノコックシェル構造カーボン製ボディ
5) 生命感が漂う2眼フェイスと電装系の冷却性を考慮したダブルエアーインテークデザイン
6) 着陸時の衝撃を緩和する樹脂製スキッド
7) ターンアシスト機能搭載による操縦簡素化と散布精度の向上

対向するローターが反転する一般の6枚ローター(左)と「YMR-08」(右)の比較

「YMR-08」は左右2軸のローターを上下2重反転させ、小型軽量ながら力強いダウンウォッシュを生み出し、ローターの回転方向を前後対称にすることで、前後進時どちらでも同じ位置(ノズル付近)のダウンウォッシュを強くした。

この記事のライター

関連するキーワード


ヤマハ発動機 YMR-08

関連する投稿


ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機、スマート農業ソフトウェア「YSAP」提供で国際航業、トプコン、ウォー ターセルと協業

ヤマハ発動機株式会社は、農業用ドローン「YMR-08」や産業用無人ヘリに よる農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理をスマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソ フトウェア・サービス「 YSAP」の提供開始に向け、観測・解析などのエキスパート企業 3 社と協業を開始すると3月8日、発表した。


デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー、ドローン最新活用を学ぶ「ドローントーク」開催 先端3社の担当者登壇

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社のデジタルハリウッド ロボティクスアカデミーで、ドローンの活用を積極的に推進する企業3社のドローン担当者を招き、 ドローンの最新活用事例を学ぶイベント「DroneTalk(ドローントーク)」が1月31日、開催された。


ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機、農薬散布ドローン「YMR-08」を来年3月発売 ドローンスクール「ヤマハマルチローターアカデミー」11月開講

ヤマハ発動機株式会社(東京都千代田区)は、農薬散布ドローン「YMR-08」を2019年3月に販売開始すると発表した。


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


最新の投稿


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。


【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

【国際ドローン展】SkyLinkが最新のドローン測量ソリューションを展示

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

【国際ドローン展】エアロセンス、4K映像を非圧縮、高画質でリアルタイム伝送する有線ドローンシステム「AEROBO ON AIR」

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシア、国営電力会社PLNの長距離送電線点検の効率化に成功

テラドローンインドネシアは、 (一財)電力中央研究所(東京都千代田区)の協力で、インドネシアにおける ドローンを使用した送電線点検の実証実験を実施したと発表した。