【SLUSH TOKYO】GPSに頼らない自動運転の米アーティセンス社が優勝! SLUSH TOKYOのピッチコンテスト

【SLUSH TOKYO】GPSに頼らない自動運転の米アーティセンス社が優勝! SLUSH TOKYOのピッチコンテスト

 世界から起業家が集まるスタートアップの祭典、SLUSH TOKYOは29日、世界の起業家による事業構想を競うピッチングコンテストの優勝者に、GPS(衛星測位システム)や地図情報に頼らずに自動運転を可能にする「ダイナミック・グローバル・MAP」を提案した米アーティセンス社(Artisense)を選出して閉幕した。


ヴィジュアルオドメトリ、IMUを駆使

 アーティセンス社は、相手の位置を推定するヴィジュアル・オドメトリや、慣性計測装置IMUの技術などを組み合わせて、GPSに頼らずに現在地や移動距離の正確な測定をする技術を開発。ドローンや自動運転車両などが目的地に正確に、安全にたどり着くのに役立つとアピールし、コンテストに参加した世界80の起業家のトップにたった。
 優勝したアーティセンス社のティム・ミクスキー・カントリー・マネジャーは「このような驚くべきことが起こるなど考えていなかった。この賞金を日本で会社を設立することに使う」と喜びを爆発させ、会場から喝采を浴びた。アーティセンス社にはリクルートホールディング賞として賞金、500万円が贈呈される。
 このほか、アーリン社(Arilyn、フィンランド)が「エコシステム賞」に、ウルトラセルシウス社(UltraCelcius、インドネシア)が「JAL賞」に、バイアンドシップ社(BuyandShip、香港)が「PR Times賞」にそれぞれ選ばれ、副賞が贈られた。
 SLUSH TOKYOのピッチングコンテストは2日会にわたって行われ、200社を超える応募の中から審査を通過した80社が初日に登壇。20社に絞られて2日目のセミファイナルが行われて、最終的に4社がファイナルに進出した。
 今回のSLUSH TOKYOの出展は、ブロックチェーン、VR、AIなどの技術が多かくみられた。日本からも多くの企業が参加したほか、横浜市、福岡市、仙台市などの自治体や、東京工業大学などの大学も参加。主催した一般社団法人SLUSH ASIA(東京)のアンティ・ソンニネン代表は「日本でSLUSHを始めたときから、作りたいのはイベントではなくムーブメントである言い続けてきた。それに近付いていると実感してもらえるとうれしい」と話していた。
 ピッチコンテスト終了後は会場でアフターパーティーが行われ、来場者や出展者、登壇者、投資家が交流を深めた。
 SLUSH TOKYOは起業に挑戦する若者を応援する社会を作るために2008年にフィンランドで発足したイベントで、2015年から日本でも開催している。音楽や光線などで派手に演出された会場や、公用語が英語であること、運営の主体が学生であることなどが話題を集め、回を重ねるごとに規模が拡大している。今回は期間中、事前に6000人の来場を見込んでいた。実際の来場者数は、今後集計する。

光と音で派手に演出されたドーム型ステージ

ピッチングコンテストで優勝を決め笑顔を見せるアーティセンス社カントリーマネージャーのティム・ミクスキー氏

SLUSH TOKYOにはスタートアップ、大学のほか都市や自治体もスタートアップ紹介のためのブースを出展していた。スタートアップ支援に力を入れている福岡市はメインステージの近い場所に出展し目立っていた

SLUSH TOKYOには世界各国から大小さまざまがブースが出され、独自の強みをアピールしていた

この記事のライター

関連するキーワード


SLUSH TOKYO

関連する投稿


SLUSH TOKYOがリクルーティングイベント開催 スタートアップと学生が英語で質疑

SLUSH TOKYOがリクルーティングイベント開催 スタートアップと学生が英語で質疑

世界最大規模のスタートアップの祭典、SLUSH TOKYOは10月26日、スートアップでインターンシップなどとして働きたい求職者と、求職者を受け入れたいスタートアップとを橋渡しするリクルーティングイベントを開催した。約80人が参加し、スタートアップのプレゼンテーションを堪能した。


【SLUSH TOKYO】発電機搭載の「Marine Drone」に注目! 炎重工が出展!

【SLUSH TOKYO】発電機搭載の「Marine Drone」に注目! 炎重工が出展!

 東京ビッグサイトで開催されている世界最大級のスタートアップの祭典、SLUSH TOKYO2018では、炎重工株式会社(岩手県)が仙台市のブースで、海や湖の水上を動く、自律移動式船舶ロボット「Marine Drone」を展示して来場者の問い合わせが相次いだ。発電機を搭載し120時間の作業が可能だ。


最新の投稿


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。