ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


 業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、2018年3月28日(水)に、農林中央金庫(JAバンク)、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社リクルートライフスタイル、株式会社農協観光の4社が熊本県・大分県の震災復興に向けて発足した「食農グリーンツーリズム」の視点による支援を行うプロジェクトに参加、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸することをテーマとした「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を3月28日に実施した。

蘇山郷館主がいちごを受け取る様子

■ドローンを活用したいちごの空輸実証実験の内容
 この実証実験は災害で道路が寸断されているという想定で、熊本県の木之内農園から摘みたていちごを宿泊施設である蘇山郷(そざんきょう)にドローンで空輸するという設定で実施された。
 ドローンが8パックのいちごを積み込み自動離陸、事前に設定した約1kmの航路を7分程度の時間をかけて安定した自動飛行をしながら、その後自動着陸し、積載されたいちごは形を崩さないまま運搬することができた。
 熊本の災害時には、道路が寸断され生産者がいちごや牛乳などの生鮮食品を廃棄せざるを得なかったという経緯があったことから、ドローンで空輸することによって、災害時にも生鮮食品を新鮮な状態で消費者に届けられることが実証された。

 今回のいちご運搬の実証実験を踏まえブイキューブロボティクスでは、災害発生時における物資緊急輸送にドローンを有効活用できるソリュ―ションの提供に実現すべく努めるとしている。

 出村太晋ブイキューブロボティクス代表は、東京都大手町のJAビルカンファレンスで行われた記者会見で「災害対応領域はブイキューブロボティクスとしても注力領域であるため、熊本大分における震災復興支援に参画できることは非常に意義深いと考えています。弊社は過去に仙台市でのドローンによる緊急時医薬品輸送を行った実績があり、輸送技術が確立されれば、災害時でも農産物の出荷が可能となり、生産者の2次被害を抑えながら、実際に農作物を待っている人たちに届けることが出来るという、事業者・生産者双方に大きなメリットを生み出すことが出来ると考えています」と新しいソリューションを投入し、少しでも災害時対応に貢献したいと述べた。

木之内農園にてドローンにいちごを積む様子

木之内農園から離陸し見送られる様子

蘇山郷に着陸するドローン

阿蘇内牧上空を飛行しいちごを空輸するドローン

この記事のライター

関連する投稿


ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

 全自動ドローン運用サービス「ドローンボックス」など、企業、自治体向けロボティクスソリューションを手掛ける株式会社ブイキューブロボティクス(東京)は6月29日、総額約 12 億円の資金調達を実施し、 7 月 1 日に社名を「式会社センシンロボテ ィクス(SENSYN ROBOTICS)」に変更すると発表した。


ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクスと、株式会社 NTTデータが業務提携契約を締結。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、無人航空機(ドローン)操縦者向けにオンライン学科講習サービスを開始した。


ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンによる太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。人工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供が可能となった。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。