ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


 業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、2018年3月28日(水)に、農林中央金庫(JAバンク)、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社リクルートライフスタイル、株式会社農協観光の4社が熊本県・大分県の震災復興に向けて発足した「食農グリーンツーリズム」の視点による支援を行うプロジェクトに参加、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸することをテーマとした「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を3月28日に実施した。

蘇山郷館主がいちごを受け取る様子

■ドローンを活用したいちごの空輸実証実験の内容
 この実証実験は災害で道路が寸断されているという想定で、熊本県の木之内農園から摘みたていちごを宿泊施設である蘇山郷(そざんきょう)にドローンで空輸するという設定で実施された。
 ドローンが8パックのいちごを積み込み自動離陸、事前に設定した約1kmの航路を7分程度の時間をかけて安定した自動飛行をしながら、その後自動着陸し、積載されたいちごは形を崩さないまま運搬することができた。
 熊本の災害時には、道路が寸断され生産者がいちごや牛乳などの生鮮食品を廃棄せざるを得なかったという経緯があったことから、ドローンで空輸することによって、災害時にも生鮮食品を新鮮な状態で消費者に届けられることが実証された。

 今回のいちご運搬の実証実験を踏まえブイキューブロボティクスでは、災害発生時における物資緊急輸送にドローンを有効活用できるソリュ―ションの提供に実現すべく努めるとしている。

 出村太晋ブイキューブロボティクス代表は、東京都大手町のJAビルカンファレンスで行われた記者会見で「災害対応領域はブイキューブロボティクスとしても注力領域であるため、熊本大分における震災復興支援に参画できることは非常に意義深いと考えています。弊社は過去に仙台市でのドローンによる緊急時医薬品輸送を行った実績があり、輸送技術が確立されれば、災害時でも農産物の出荷が可能となり、生産者の2次被害を抑えながら、実際に農作物を待っている人たちに届けることが出来るという、事業者・生産者双方に大きなメリットを生み出すことが出来ると考えています」と新しいソリューションを投入し、少しでも災害時対応に貢献したいと述べた。

木之内農園にてドローンにいちごを積む様子

木之内農園から離陸し見送られる様子

蘇山郷に着陸するドローン

阿蘇内牧上空を飛行しいちごを空輸するドローン

この記事のライター

関連する投稿


煩雑な手続きなしで思い切りドローンが飛ばせる「南小国ドローン手形」に新サービス 熊本県南小国町

煩雑な手続きなしで思い切りドローンが飛ばせる「南小国ドローン手形」に新サービス 熊本県南小国町

昨年10月に開始した「南小国ドローン手形」が3カ月間の利用者が60人を超え、新サービスを追加した。


大分県がドローンを使った目視外自動飛行による宅配継続実験開始

大分県がドローンを使った目視外自動飛行による宅配継続実験開始

少子高齢化と運送業者の人手不足などから過疎地に居住する買い物弱者への支援策の一つとして、大分県はドローンを使った宅配サービスに着目、2月7日、佐伯市宇目地区の山間部で実施され、目的地に重さ3キロの荷物を自動飛行で配送する、1ヶ月にわたる実験を開始した。


ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

 全自動ドローン運用サービス「ドローンボックス」など、企業、自治体向けロボティクスソリューションを手掛ける株式会社ブイキューブロボティクス(東京)は6月29日、総額約 12 億円の資金調達を実施し、 7 月 1 日に社名を「式会社センシンロボテ ィクス(SENSYN ROBOTICS)」に変更すると発表した。


ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクスと、株式会社 NTTデータが業務提携契約を締結。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。