米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


目視外での飛行管制による自律的な飛行と医療用品の搬送を実験

NASAのスタッフによるUTM試験の様子

 安全で効率的で公正な方法でUASの低高度空域へのアクセスを目指すNASAのUTMプロジェクトは、FAAやUASテストサイトに業界関係者と協力して、UTMシステムのプロトタイプ開発とテストを推進している。ネバダ州で行われた試験では、ネバダ州の経済開発局やNevada Institute for Autonomous Systems(NIAS)に、データセンター事業者、さらにドローンやハイテク機器のサービスプロバイダーのDrone America、GEのベンチャー企業のAiRXOSなどが参加した。
 報道機関に公開された実験では、消防署のチームが即時の輸血を必要とする事故を想定して、Drone Americaのドローンで、血液のパケットが入った容器を空輸した。テストでは、指定された着陸場所に着陸し、消防士が血液パケットを回収して輸血を開始した。今回の実験は、NASAが推進するTCL 3(人口が密集していない地域での飛行管制による目視外飛行)に該当する試験になる。NASAのUTM TCL3フライトテストディレクターのArwa Aweiss 氏は「NASA、FAA、およびNIASを含むパートナーは、航空安全の伝統を尊重しながら、イノベーションと業界の成長を取り巻く環境の限界を超えて、UASの有益なアプリケーションの多くを拡大するために尽力しています」と話す。

血液パックの空輸にはDrone America製のドローンが利用された

この記事のライター

関連するキーワード


NASA FAA TCL 3 UTM

関連する投稿


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国の連邦航空局(FAA)は、法務省(DOJ)および国土安全保障省(DHS)と協力して、連邦施設の側面境界内で最大400フィートのドローン飛行に追加の制限を設定した。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。