東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る③ 「解体か保存か」遺構めぐり町を2分

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る③ 「解体か保存か」遺構めぐり町を2分

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


「解体」も、揺れる住民の思い

 東日本大震災の津波で当時の町長と職員の計40人が犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎。「解体か保存lか」で小さな町を二分する議論がつづいていた。3月に開かれた町議会は、解体経費4700万円を計上した30年度補正予算案を可決した。採決では6対6の可否同数となったが、議長の裁決で可決を判断した。旧庁舎の解体を訴えて当選した平野公三町長は会見で、30年度中の解体を表明した。
 一方、当面の保存を訴える住民団体は、「まだ議論が必要」と、解体阻止に向け住民監査請求や差し止め訴訟などの法的手段を模索する考えを示している。
 震災で職員ら43人が犠牲となった宮城県南三陸町の旧防災対策庁舎のケースでは、いったん解体方針が打ち出されたが、県有化することで、解体を回避した。
 こうした震災遺構も含めた伝承に関する市町村支援について、達増拓也岩手県知事は「県と市町村の役割分担を前提に、連携してやった方が効果的なら連携し、県の政策として支援すべきと判断したら支援する」との姿勢を示した。
 工事用のフェンスに囲まれた大槌旧庁舎周辺は、新築住宅や災害公営住宅の整備が進んでいる。町民1285人の犠牲者をだした町の切実な思いはいまだに揺れている。
(写真と文 産経新聞写真報道局・桐山弘太)

この記事のライター

関連する投稿


【ドローンView】 水面の書 ジュンサイ収穫始まる・山形県村山市

【ドローンView】 水面の書 ジュンサイ収穫始まる・山形県村山市

初夏の味覚ジュンサイの収穫が山形県村山市の沼で最盛期を迎えている。箱舟に乗った大高根じゅん菜採取組合の組合員が箱舟に乗って沼にこぎ出すと、ジュンサイの葉で一面緑色の水面に筆書きのような黒い模様が描き出された。


【ドローンView】サクラエビの天日干しがピーク 静岡の富士川河川敷

【ドローンView】サクラエビの天日干しがピーク 静岡の富士川河川敷

静岡市清水区の富士川河川敷で、駿河湾特産のサクラエビの天日干しがピークを迎え、一面をピンク色に染めた。


【ドローンView】神秘のブルーに浮かぶ新緑 群馬県中之条町「奥四万湖」

【ドローンView】神秘のブルーに浮かぶ新緑 群馬県中之条町「奥四万湖」

ドローンから見た奥四万湖は、絵の具をそのまま流し込んだような濃い青色が水面を染めていた。湖の北端にある「浮島」と呼ばれる小さな半島は、水面下に沈み、サンゴ礁のようなエメラルドグリーンのグラデーションを加えていた。


【ドローンView】鮮やかな緑が覆うジオパーク 静岡県伊東市・大室山

【ドローンView】鮮やかな緑が覆うジオパーク 静岡県伊東市・大室山

伊豆半島東部にある「大室山」(静岡県伊東市)をドローン空撮した。標高580メートルで直径300メートルの噴火口がある伊東市のシンボルは、約4000年前の1回の噴火活動でできた単成火山の典型として、平成22年に国指定の天然記念物に指定された。


東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る⑥ 命救った伝承の防災教育

東日本大震災から7年 被災地を鳥の眼で見る⑥ 命救った伝承の防災教育

東日本大震災から7年、津波で甚大な被害を蒙った沿岸地域は堤防工事やかさ上げでその風景は大きく変貌し、一方、東京電力福島第一原発事故の影響を受けた地域は未だ復旧、復興の兆しが見えない。従来のアングルからは分からなかった被災地の姿を、ドローンの“鳥の眼”を通して再検証した。産経新聞写真報道局が報告する。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。