日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト:South by Southwest)は、音楽祭や映画祭にインタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント。最近では、スタートアップの登竜門として世界から注目が集まっている。(田中亘)


日本企業のモノづくりイノベーションを支援するVanguard Industries社

SXSW2018の会場で水中ドローンを紹介するVanguard Industries株式会社 代表取締役 山中聖彦氏

 Vanguard Industries株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山中聖彦)は、SXSW2018で水中ドローン「Explorer Drone Concept」のコンセプトを発表した。2016年6月に創業した同社は、日本版メーカーズ・ムーブメントの実現を目指すハードウェア・スタートアップ企業。山中氏によると、そのビジネスモデルはこれまでにない独創的な仕組みとなる。製品化にあたって、Vanguard Industriesは契約先との協業において、アイディアやコンセプトの段階より、契約先企業の稟議や決済などによって製品化に要する時間や、開発に投下する資本をおさえる独自のスキームを導入していると説明する。また、同社は開発により製品化の目処が立った段階で、Vanguard Industriesが中心となってクラウドファンディングなどを用いて出資者を募り製造と販売を目指す。従来のスタートアップ事業では、投資と株式の仕組みを活用して企業のインキュベーションとIPO(Initial Public Offering:新規公開株)によるキャッシュアウトを目論んできた。それに対して、Vanguard Industriesのモノづくりイノベーションは、インターネット時代を最大限に活用したスタートアップ支援とマネタイズ(収益事業化)にチャレンジする。

会場で水中ドローンの説明をする山中氏

SXSWの水中ドローン展示で新たなビジネスのアイディアがひらめく

SXSW2018で展示した機体を手にする山中氏

 米国のSXSW2018で展示された水中ドローン「Explorer Drone Concept」は、コンセプトモデルながら基本的な操作ができるプロトタイプとなっていた。その仕組みは、ホバークラフトのように本体下部に空気を送って浮上し、後方のプロペラで推進と操舵を行う。水中ではWiFiなどの無線電波を送受信できないので、本体は水上に浮いたままで移動する。そして、目的地に到達したら本体の前面に取り付けられているカメラが、ケーブルで水中に投下される。現在のモデルでは、3〜5メートルほどのケーブルで水中の撮影を予定している。
 Vanguard Industriesでは、水中ドローンの他にも大手企業と契約して10件以上のプロジェクトを進行しているが、今回の「Explorer Drone Concept」は、自社で独自に取り組んでいるプロジェクトになる。その理由について山中氏は「水中ドローンは、我々にとってビジネスのプロトタイプとなる取り組みです。この Explorer Drone Conceptを通して、実際の製品化に向けた課題や連携などを模索していきます」と話す。大手コンサルタント企業でキャリアを積んできた山中氏の経験によれば、スタートアップで成功する企業は、世界でも5%程度に留まるという。残りの95%は、失敗するリスクを抱えている。そのリスクを少しでも低くするためには、プロトタイプによる失敗の積み重ねが重要になる。SXSW2018への出展も、水中ドローンの製品化の可能性を探る挑戦の一環となっていた。
 山中氏は「当初は、純粋なコンシューマ向けのホビー製品としての市場を想定していました。しかし、SXSWで水中ドローンに関心を示してくれた人たちの中に、水中の点検や検査などに使えないか、という問い合わせもあり、娯楽よりもビジネス向けの需要の方が、製品化の可能性が高いのではないかと考えるようになりました」と振り返る。さらに、水陸両用を想定してホバークラフト機構の開発を目指していたが、会場で水槽に浮かせるために機体下部にフロートを取り付けたところ、「水上での移動だけならば、フロート方式の方が現実的でコストもかからないのではないか」と山中氏は着想したという。SXSWからの帰国後は、クラウドファンディングでの募集に向けて、部品メーカーとの連携などを模索している。
 大阪府立大学の機械工学を学んでいた時代に、鳥人間コンテストに参加した経験もある山中氏は、卒業後はコンサルタントやビジネスデベロッパーとしてのキャリアを歩んできたが、自ら創業したVanguard Industriesを通して、日本の製造業を飛躍させるハードウェア・スタートアップを加速していく。

ケーブルで水中を撮影するカメラは本体の前面に取り付けられている

この記事のライター

関連する投稿


水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

日本初の水中ドローン(ROV)専業メーカーとして2014年に創業した 株式会社 空間知能化研究所が、自社開発の水中ドローンのレンタルサービス開始を前に、3月30日付で社名を「株式会社 FullDepth」(フルデプス)へ変更したと発表した。


水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

2018年4月9日。シドニー、マサチューセッツ。水中ドローンを開発しているAquabotix社は、1人で複数の水中ロボットを操作できるSwarmDiverを発表した。海洋調査や防衛などに活用できる。(田中亘)


Vanguard Industriesが世界初の水中ドローンコンセプト「Explorer Drone Concept」発表

Vanguard Industriesが世界初の水中ドローンコンセプト「Explorer Drone Concept」発表

Vanguard Industries株式会社(東京都港区)は、SXSW2018(サウスバイサウスウエスト 2018)Trade showにおいて、世界初の水中ドローンのコンセプト「Explorer Drone Concept」を発表。


筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所、水中ドローンで家から深海調査へ——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所、水中ドローンで家から深海調査へ——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所は、潜水士よりも深く潜る水中ドローンを開発するスタートアップだ。2017年8月に総額1.9億円の資金調達を実施し、来春には新型水中ドローン「SPIDER」のリリースを予定している。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。