ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

カリフォルニア州サンノゼ、2018年3月28日。高性能なLiDARを開発しているOUSTER社(本社:サンフランシスコ)は、NVIDIA DRIVE AIプラットフォームに対応する2つの新製品を発表した。(田中亘)


200mで64ビームを誇るOS-2-64と3,500ドルの手頃なOS-1-16

 OUSTER社は、価格と用途に合わせて2つの新製品を発表した。OS-2-64は、15.8度の狭い間隔で64ビームを使用して200メートルのレンジを測定する。自動運転では、ハイウェイAVおよびADAS(先進運転支援システム)用アプリケーションの長距離検出に適したパフォーマンスを提供する。OS-2-64のサイズは、直径110mm x高さ85mm。市販の小型フォームファクタLiDARセンサとほぼ同等のサイズで、重さは約600グラム。他社の拡張距離センサと比較して、OS-2-64のビーム数は多く、レンジも拡張され、ユニット当たり24,000ドルの大幅な低価格化も達成した。
 OS-1-16は、ビーム数を16に減らし3,500ドルの低価格を実現した。その製品ラインナップは、用途に合わせて3種類が用意される。

OS-1-16A - 垂直視野31.6度の均一なビーム間隔
OS-1-16B - 水平線を中心に高いビーム密度
OS-1-16C – 水平よりも低いビーム密度

レンジ分解能は1.5cmで、ドローンのナビゲーションや測量アプリケーションでの利用も可能。製品は、2018年5月から入手できる。
 2つの新製品は、NVIDIA DRIVE AIプラットフォームに対応することで、自動運転車のナビゲーション用センサーとして、車両周辺の物体検知の高速化や正確性を向上させる。

OS-2(中央)は、200mの範囲を64ビームで測定する。OS-1-16(左)は、コストパフォーマンスに優れた高性能LIDARセンサーで、ドローンでのナビゲーションや測量に活用できる。

この記事のライター

最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。