KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、産業用ドローンを開発・製造する株式会社プロドローン (愛知県名古屋市) と追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となった。


 KDDIは現在のIoT時代に、ドローンがモバイル通信ネットワークにつながり自律飛行するようになると考え、2016年12月よりドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」の開発をおこない、物流や農業、警備などさまざまな実証実験を実施している。
 プロドローンは、2本のロボットアームを持つ大型ドローン、壁面や天井面の両方を張り付きながら検査することが可能なドローン、水面に着水し、水中の映像をリアルタイムで伝送可能なドローンなど他にはないユニークかつ、高い技術力で「高安定・高機能・高安全」のハイエンド向け産業用ドローンを開発製造している。またそれを活用した多種多様なニーズに応じた最高のドローンシステムを提供している。
 このKDDIとプロドローンの両社が今回の資本提携と業務提携を強化することにより、KDDIが構築した「スマートドローンプラットフォーム」と、用途に応じた多種で高性能な機体を提供するプロドローンの知見を掛け合わせることにより、さまざまな分野でネットワークにつながるドローンが活躍する「スマートドローン構想」を推進していくとしている。

■KDDIの概要
(1) 商号
KDDI株式会社
(2) 事業内容
電気通信事業
(3) 設立年月日
1984年6月1日
(4) 本店所在地
東京都新宿区西新宿2丁目3番2号
(5) 代表者
代表取締役社長 髙橋 誠
(6) 資本金
141,852百万円 (2017年3月31日現在)
(7) 社員数
35,032人 (連結ベース 2017年3月31日現在)

■プロドローンの概要
(1) 商号
株式会社プロドローン
(2) 事業内容
産業用ドローンシステムの研究・開発・製造、コンサルティング等
(3) 設立年月日
2015年1月15日
(4) 本店所在地
愛知県名古屋市中区新栄町2-4 坂種栄ビル16階
(5) 代表者
代表取締役社長 河野 雅一
(6) 資本金
570百万円 (2018年3月31日現在)
(7) 社員数
35人 (2018年3月31日現在)

この記事のライター

関連する投稿


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDI株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中孝司)は、株式会社KDDI総合研究所と「無人航空機型基地局 (ドローン基地局)、以下ドローン基地局」を開発し、実証実験に成功したと発表した。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

株式会社プロドローンの代表取締役社長・河野雅一は、11月28日に開催された「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」(以下、EOY JAPAN)において、チャレンジング・スピリット部門の大賞を受賞した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。