テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


約30haの山地を約4時間で計測

韓国初となる3次元レーザー計測の様子

 従来の山地計測では、森林の地表面の計測を行い、樹木の下にある地表面を計測するため、樹高を観照と地盤高の計算をし、必要な部分に関しては実際に森林を伐採して計測を行ってきた。しかし、正確な地表面データを取ることが困難であり、実際に施工を行うと、取得したデータの誤差が激しく、計測の段階からやり直しを行わければならず、数ヶ月の遅れとともに
数千万円単位の追加費用がかかることや安全面についても大きな課題があった。また韓国は国土の約 65%が山地であり、洪水や土砂崩れが頻繁に起こるため、災害対策における山地計測の需要は高いものの、従来方法では工数も費用もかかるため、十分な地表面情報が計測できていない。
 今回の韓国で初となるUAV 3次元レーザー計測では、韓国・釜山にある荒嶺山で、約30haの山地を約 4 時間で、高精
度な地表面データを取得した。レーザー搭載ドローンによる樹木下の 3 次元計測では、広範囲の樹木下のデータを伐採することなく、空中からレーザーを照射し、地表面や地物に反射した 3 次元データを短時間で取得でき韓国で多くの需要が見込まれる。また、レーザー搭載ドローンの活用は計測だけではなく、地震や洪水時などの災害対策や施設点検など、多方面にわたって活用が期待されている。テラドローンは、UTM(ドローン運行管理システム)、レーザー計測、そしてドローン専用画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」事業を今年度韓国にて、韓国現地企業とともに、さらなる事業展開をしていく予定。

取得した点群データの例

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

テラドローン株式会社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に認定された。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


産業用ドローンに特化したオンラインストア「TERRA STORE」をオープン プロに相談しながら産業向けドローンの購入が可能

産業用ドローンに特化したオンラインストア「TERRA STORE」をオープン プロに相談しながら産業向けドローンの購入が可能

テラドローン株式会社は、ドローンの機体並びにドローン関連商品を販売するテラドローン公式オンラインストア「TERRA STORE」を、24月26日付けでオープンした。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。