テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


約30haの山地を約4時間で計測

韓国初となる3次元レーザー計測の様子

 従来の山地計測では、森林の地表面の計測を行い、樹木の下にある地表面を計測するため、樹高を観照と地盤高の計算をし、必要な部分に関しては実際に森林を伐採して計測を行ってきた。しかし、正確な地表面データを取ることが困難であり、実際に施工を行うと、取得したデータの誤差が激しく、計測の段階からやり直しを行わければならず、数ヶ月の遅れとともに
数千万円単位の追加費用がかかることや安全面についても大きな課題があった。また韓国は国土の約 65%が山地であり、洪水や土砂崩れが頻繁に起こるため、災害対策における山地計測の需要は高いものの、従来方法では工数も費用もかかるため、十分な地表面情報が計測できていない。
 今回の韓国で初となるUAV 3次元レーザー計測では、韓国・釜山にある荒嶺山で、約30haの山地を約 4 時間で、高精
度な地表面データを取得した。レーザー搭載ドローンによる樹木下の 3 次元計測では、広範囲の樹木下のデータを伐採することなく、空中からレーザーを照射し、地表面や地物に反射した 3 次元データを短時間で取得でき韓国で多くの需要が見込まれる。また、レーザー搭載ドローンの活用は計測だけではなく、地震や洪水時などの災害対策や施設点検など、多方面にわたって活用が期待されている。テラドローンは、UTM(ドローン運行管理システム)、レーザー計測、そしてドローン専用画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」事業を今年度韓国にて、韓国現地企業とともに、さらなる事業展開をしていく予定。

取得した点群データの例

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


Terra Mapper、リンクを送るだけで点群データを共有できる点群ビューワー 機能を追加

Terra Mapper、リンクを送るだけで点群データを共有できる点群ビューワー 機能を追加

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 i-Construction対応のドローン測量用画像処理ソフト「Terra Mapper デスクトップ版」 に、 リンクを送るだけ点群データを共有できる点群ビューワー機能を追加した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。