DJI、NAB 2018 で高精度かつ直感的なジンバルソリューションを発表

DJI、NAB 2018 で高精度かつ直感的なジンバルソリューションを発表

DJI は、「NAB Show 2018」で、新しい映像 制作ツール「DJI MASTER WHEELS」 と「DJI FORCE PRO」を発表した。これはプロ仕様のジンバ ルソリューションで、ジンバルの高精度な制御を可能する。


高精度で直感的なジンバル制御を可能にするプロ仕様のジンバルソリューション

DJI が「NAB Show 2018」(米国ラスベガス)で発表したのは、プロ仕様のジンバ ルソリューションを全ての映像制作者とあらゆる撮影シーンで実現する DJI Master Wheels と DJI Force Pro。これによってジンバルの高精度な制御を可能にする。Master Wheels と Force Pro は、「RONIN 2」と「RONIN-S」に対応している。

Master Wheels:

 プロ仕様の高精度ジンバルシステムで、パン/チルト/ロールの 3 方向をコントロールできるホイールを備え、容易な操作性と機能的な設計 で、複雑なシーンの撮影を容易にし、滑らかで安定した動きで、プロ仕様の映像が撮影できる。

MASTER WHEELS –カメラワークに最高レベルの精度を

 DJI Master Wheelsは、 3つの荷重制御ホイールでパン/チルト/ロールを調整する高精度なジンバルツール。 超高解像度な光学式エンコーダーがホイールの微細な動きを検知し、 その動きをアルゴリズムが変換する事でジンバルの精度を高める。 Master Wheelsは、 最新のセンサー測位技術とデュアルバンド低遅延の2.4/5.8GHzワイヤレス伝送技術を備え、 メインコンソールからリグに信頼性の高い安定した接続を確保、その際の遅延はわずか10ミリ秒。

 効率性と使いやすさを追求し、 直感的なUIでジンバル設定と機器のステータスにすぐにアクセスできる。 三個のカスタマイズ可能なボタンは、 ショートカットを保存でき、 搭載されるモーションキャプチャーストレージで簡単にリグの動きを再現できる。 これにより、 映像制作者は、 俳優の演技などの撮影シーンの別の部分に注力できる。
 また、 内蔵の3ストップスイッチにより、 速度/滑らかさ/ダンピングをダイヤルで操作しながら各軸の調整を行うことができる。 さらに、オペレーターの希望に合わせ、 重要なカメラ設定をメインコンソールから変更できる。
 モジュラー設計は、 機能性と汎用性を実現し、 いかなる現場でも撮影をサポートする。
 例えば、 スペースが限られがちな撮影現場では、 三個のステンレス製ホイールとコントロールモジュールをメインコンソールから素早く取り外し、 ケーブルで接続することができる。 より強い信号が必要な場合には、 無線トランスミッターを取り外し、 5mケーブルの取り付けることも可能。
 映像制作者は、 メインコンソール上の1/4インチおよび3/8インチねじ穴を活用することで、 外付けモニターなどのさまざまなアクセサリーを柔軟に取り付けることができる。 操作性をより高めるために、 ユーザーの好みに合わせて制御モジュールの角度を手動で調整できる。 Master Wheelsは、 車両や三脚、 メインコンソールのベースにミッチェルマウントを搭載したさまざまなプラットフォームなどに取り付け可能。
 Master Wheelsは、 DJI製品との高い親和性とサードパーティ製のジンバルへの互換性を有し、 多くの撮影現場で汎用的に活用できる。 ユーザーは、 ジンバルの動きをRonin 2やRonin-Sを含むDJIのプロ向け製品を使って操作し、 最新のジンバル技術を最大限に活用できる。 また、 Master Wheelsは、 Ronin 2とInspire 2と同じDJI TB50インテリジェントバッテリーを使用し、 システムに最大18時間電力を供給する。
 また多くのサードパーティ製ジンバルに対応し、 DJI製以外の機器を使用している映像制作者は、 サードパーティ製のVロックバッテリー用にDC-INポートからの電力供給も可能となっている。

Force Pro:

 DJI の最先端の遠隔操作技術を使ったモーション検知システムが、Force Pro とジンバルの動きを正確に同期し、シネマ品質の撮影を容易にしする。Force Pro の操作は直感的で、複雑な機材に比べて容易な導入が可能。

FORCE PRO - 直感的操作を可能にするデザインで、 自然な動きを実現

 最新のDJI送信機技術を駆使したForce Proは、 オペレーターの動きを正確にジンバルの動きと同期し、 複雑なシーンや動きの激しいシーンでも、 滑らかな映像撮影を実現する。 被写体を常にフレームに収めるため、 一体型コンパスとIMU(慣性計測装置)が連携して正確な動きを捉え、 ジンバルのドリフトを防ぐ。 低遅延、 デュアルバンドの2.4/5.8GHzワイヤレス伝送技術が、 わずか10ミリ/秒の伝送遅延でほぼリアルタイムの制御を可能にする。
  Force Proは、 撮影現場での接続干渉の恐れを取り除くため、 CANBUSケーブルで物理的に接続し200Hz信号でやり取りすることも可能。

 使いやすさを追求したデザインのForce Proは、 直感的に操作できるので、 ジンバル制御システムを使い慣れていない映像制作者も、 すぐにForce Proの操作を習得できる。 Master Wheelsやジョイスティックといったより複雑な製品の使用経験が浅いユーザーでも、 Force Proの操作をスピーディに習得できるため、 複雑な機材に比べて容易な導入が可能。 別売の軽量なハンドヘルドバーを使うことで、 モニター、 動画伝送システムやサムコントローラーといったさまざまなアクセサリーを取り付けることができ、 Force Proを使った撮影の効率性が高まり、 ジンバル操作のトータルソリューションが実現される。 オペレーターは、 ニーズにあわせて2種類のカスタム速度プロファイルを設定できる。 また、 状況が変化する撮影現場で素早く調整を実施するため、 超高輝度OLED(有機EL)スクリーンで機器のステータスを確認し、 ジンバルとカメラ設定を変更できる。

 Force Proは、 DJI Ronin 2とRonin-Sジンバル、 その他サードパーティ製のシステムに対応している。 Force Proのバッテリー駆動時間は最大 5時間で、 オペレーターは長時間の撮影にも対応できる。 バッテリーは、 USB-Cポート、 CANBUSポート、 あるいは、 サードパーティ製Vロックバッテリーに対応する内蔵DC-INポートで充電できる。

価格と販売時期

Master Wheelsの先行予約

DJI公式オンラインストアおよびDJI正規販売代理店にて2018年4月10日から開始。
3軸一式モデルは1,036,000円
2軸モデルは776,000円
単一ホイールコントロールモジュールは326,000円(すべて税込)
Master Wheelsは2018年6月出荷開始予定

Master Wheelsの新機能や特長については、 www.DJI.com/Master-Wheels
を参照

DJI Force Proの先行予約

DJI公式オンラインストアおよびDJI正規販売代理店にて2018年4月10日から開始。
販売価格は156,000円で、 2018年6月出荷開始予定です。
Force Proの新機能や特長については、 www.DJI.com/Force-Pro
を参照。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI NAB MASTER WHEELS FORCE PRO

関連する投稿


DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)と株式会社トプコン(東京都板橋区)は、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、 世界で初めて標定点 を不要とし、大幅な省力化を実現する空中写真測量システム「TSトラッキングUAS」に対応した専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」の提供を開始した。


セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

DJIドローン正規代理店である株式会社セキドは、ドローンの産業活用へ向けた、国の補助金制度に関する情報に特化したセミナーを開催する。


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。