DJI、NAB 2018 で高精度かつ直感的なジンバルソリューションを発表

DJI、NAB 2018 で高精度かつ直感的なジンバルソリューションを発表

DJI は、「NAB Show 2018」で、新しい映像 制作ツール「DJI MASTER WHEELS」 と「DJI FORCE PRO」を発表した。これはプロ仕様のジンバ ルソリューションで、ジンバルの高精度な制御を可能する。


高精度で直感的なジンバル制御を可能にするプロ仕様のジンバルソリューション

DJI が「NAB Show 2018」(米国ラスベガス)で発表したのは、プロ仕様のジンバ ルソリューションを全ての映像制作者とあらゆる撮影シーンで実現する DJI Master Wheels と DJI Force Pro。これによってジンバルの高精度な制御を可能にする。Master Wheels と Force Pro は、「RONIN 2」と「RONIN-S」に対応している。

Master Wheels:

 プロ仕様の高精度ジンバルシステムで、パン/チルト/ロールの 3 方向をコントロールできるホイールを備え、容易な操作性と機能的な設計 で、複雑なシーンの撮影を容易にし、滑らかで安定した動きで、プロ仕様の映像が撮影できる。

MASTER WHEELS –カメラワークに最高レベルの精度を

 DJI Master Wheelsは、 3つの荷重制御ホイールでパン/チルト/ロールを調整する高精度なジンバルツール。 超高解像度な光学式エンコーダーがホイールの微細な動きを検知し、 その動きをアルゴリズムが変換する事でジンバルの精度を高める。 Master Wheelsは、 最新のセンサー測位技術とデュアルバンド低遅延の2.4/5.8GHzワイヤレス伝送技術を備え、 メインコンソールからリグに信頼性の高い安定した接続を確保、その際の遅延はわずか10ミリ秒。

 効率性と使いやすさを追求し、 直感的なUIでジンバル設定と機器のステータスにすぐにアクセスできる。 三個のカスタマイズ可能なボタンは、 ショートカットを保存でき、 搭載されるモーションキャプチャーストレージで簡単にリグの動きを再現できる。 これにより、 映像制作者は、 俳優の演技などの撮影シーンの別の部分に注力できる。
 また、 内蔵の3ストップスイッチにより、 速度/滑らかさ/ダンピングをダイヤルで操作しながら各軸の調整を行うことができる。 さらに、オペレーターの希望に合わせ、 重要なカメラ設定をメインコンソールから変更できる。
 モジュラー設計は、 機能性と汎用性を実現し、 いかなる現場でも撮影をサポートする。
 例えば、 スペースが限られがちな撮影現場では、 三個のステンレス製ホイールとコントロールモジュールをメインコンソールから素早く取り外し、 ケーブルで接続することができる。 より強い信号が必要な場合には、 無線トランスミッターを取り外し、 5mケーブルの取り付けることも可能。
 映像制作者は、 メインコンソール上の1/4インチおよび3/8インチねじ穴を活用することで、 外付けモニターなどのさまざまなアクセサリーを柔軟に取り付けることができる。 操作性をより高めるために、 ユーザーの好みに合わせて制御モジュールの角度を手動で調整できる。 Master Wheelsは、 車両や三脚、 メインコンソールのベースにミッチェルマウントを搭載したさまざまなプラットフォームなどに取り付け可能。
 Master Wheelsは、 DJI製品との高い親和性とサードパーティ製のジンバルへの互換性を有し、 多くの撮影現場で汎用的に活用できる。 ユーザーは、 ジンバルの動きをRonin 2やRonin-Sを含むDJIのプロ向け製品を使って操作し、 最新のジンバル技術を最大限に活用できる。 また、 Master Wheelsは、 Ronin 2とInspire 2と同じDJI TB50インテリジェントバッテリーを使用し、 システムに最大18時間電力を供給する。
 また多くのサードパーティ製ジンバルに対応し、 DJI製以外の機器を使用している映像制作者は、 サードパーティ製のVロックバッテリー用にDC-INポートからの電力供給も可能となっている。

Force Pro:

 DJI の最先端の遠隔操作技術を使ったモーション検知システムが、Force Pro とジンバルの動きを正確に同期し、シネマ品質の撮影を容易にしする。Force Pro の操作は直感的で、複雑な機材に比べて容易な導入が可能。

FORCE PRO - 直感的操作を可能にするデザインで、 自然な動きを実現

この記事のライター

関連するキーワード


DJI NAB MASTER WHEELS FORCE PRO

関連する投稿


DJI ZENMUSE X7 が ファームウェア更新でApple ProRes RAW に対応

DJI ZENMUSE X7 が ファームウェア更新でApple ProRes RAW に対応

空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、空撮用 Super 35mm デジタルシネマ カメラ「ZENMUSE X7」が最新のファームウェア更新で、Apple ProRes RAW に対応することを 発表した。


システムファイブ、DJI ドローン / ジンバル体験展示会  4/27開催

システムファイブ、DJI ドローン / ジンバル体験展示会  4/27開催

DJIのPhantom、Mavicを始めとするドローン、また電動ジンバルのRONINシリーズ、Osmoシリーズといったラインナップを一挙に展示。


セキドがドローン測量に必要な知識を学べる DJI GS PRO セミナー 〜測量フライト基礎〜東京を皮切りに5大都市で開催

セキドがドローン測量に必要な知識を学べる DJI GS PRO セミナー 〜測量フライト基礎〜東京を皮切りに5大都市で開催

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(東京都国立市)は、測量フライト基礎DJI GS PRO セミナーを東京を皮切りに5大都市で開催する。


DJI、赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」と「PAYLOAD SDK」を発表

DJI、赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」と「PAYLOAD SDK」を発表

空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、インフラ点検および検査、精密農 業、消防活動や捜索救援活動などの専門的な業務を対象に、高性能赤外線カメラ「ZENMUSE XT2」 と DJI の産業用ドローンプラットフォームをカスタマイズできる「PAYLOAD SDK」を発表した。


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。