インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

半導体大手のインテルコーポレーションは、ドローン事業にも積極的な投資を行っている。その理由は、ドローン産業の発展がデータ革命をけん引すると予測しているから。インテルのドローン事業から産業の未来像を考察する。(田中亘)


データは21世紀の油田だと提唱するインテルとドローンの関係

ドローンが収集する膨大なデータ量は新しい産業のオイルとなるか

 数年前からインテルでは「データは21世紀の油田だ」と提唱している。世界中の人たちがSNSなどで様々な情報を交換し、インターネットと結ばれたIoT端末やスマート家電がデータを発信するようになり、膨大な情報がサイバー空間には満ち溢れている。この多様なデータの中から、価値ある洞察を導き出したビジネスが、新たな産業の覇者になると考えられている。インテルでは、半導体が利用される様々な産業分野に積極的な投資を行い、CPUをはじめとした同社の製品が利用される市場と機会の拡大を推進している。その中でも、ドローン産業に注力している背景には、ドローンの飛行によって生成されるデータの膨大さがある。インテルの試算によれば、3Dマップのために撮影される画像数を500枚としたときに、そのデータサイズは30メガバイトに及ぶ。これは、一台のドローンの試算なので、仮に75台のドローン、あるいは75回の飛行が行われれば、一日あたり18テラバイトのデータが生成される計算になる。3Dマップだけで18テラバイトを超えるとすれば、空撮動画や測量用の静止画なども、飛行するドローンの数と回数が増えていけば、指数関数的に増加していく。そのデータ量の増加は、半導体産業やIT市場にとって、魅力的なビジネスとなる。

インテルの注力する業界と市場規模

インテルの注力する業界とドローンの用途

 ドローンを活用したデータ生成事業の中でも、インテルが注力している業界は、建設、公益事業、農業、石油とガスの4分野になる。それぞれの市場規模の予測は、ABI社の試算によれば、建設が$6.6B(約7,000億円)、公益事業が$2B(約2,140億円)、農業が$8.4B(約9,000億円)、石油とガスが$6B(約6,400億円)となる。
 これらの注力市場に向けて、インテルでは3つの商用ドローン・ソリューションで対応している。一つが、オクタコプターのインテルFALCON 8+ドローン。ソニー製のα7や赤外線カメラなどを搭載し、強風下でも安定した飛行が可能で、インフラ点検や3D画像作成など、数多くの空撮業務をこなしている。もうひとつが、固定翼型のインテルSIRIUS PRO。セスナのような形状をした小型ドローンで、広域の飛行に適している。手で投げて飛ばし、発泡樹脂製の軽量な機体は胴体着陸で帰還する。そして3つ目のソリューションが、インテルMISSION CONTROLというフライト計画を自動化するアプリケーション。先ごろ来日したインテルコーポレーションのドローン事業部マーケテイング責任者のシンディー・ウン氏は、「MISSION CONTROLによりパイロットはボタンを押すだけになる。後はドローンがデータをキャプチャして戻ってくるので、データを解析するプロセスに容易に移行できる」と話している。インテルの描くドローン産業の近未来は、熟練したパイロットを不要にする自律飛行プログラムにより、ドローンはデータを生成する飛行ロボットとして、正確に対象物の撮影を行うようになる。その結果、定期的な点検や調査が可能になり、収集した膨大なデータを解析する段階で、インテルの半導体製品や各種ソリューションを利用する。これら一連のサービスをインテルではワークフローとして整理している。

インテルが提供する3つのドローン関連ソリューション

産業用ドローンのサービス向けワークフロー

 もちろん、現時点ですべてを自動化するのは難しい。特に、ドローンの安定した飛行のためには、まだまだ多くの技術革新が求められる。そこでインテルでは、REALSENSEという障害物回避システムや、画像認識型AIのMovidiusに、ドローン開発者向けのキット販売などを通して、ドローン技術の革新や向上にも取り組んでいる。また、インテル以外にもドローンの自律飛行に向けたAIやエッジコンピーティングを推進するベンチャー企業や半導体メーカーもある。こうした企業間の技術競争により、近い将来にはインテルの目指す「完全な自律飛行によるデータ収集マシン」としての産業用ドローンが、広く普及していく可能性は高い。

インテルのドローン関連のイノベーション

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのパースで、リソース資産の検査や視覚化を事業にしているAirscope社は、インテルのFalcon 8+ドローンを活用して、石油ガス施設の撮影画像から3-Dモデリングによる仮想キャンバスの開発に成功した。


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(前編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(前編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、米国における2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。その8つの予測と日本市場の展望を考察する。


【CES2018】インテルのShooting Starがラスベガスでライトショーを披露

【CES2018】インテルのShooting Starがラスベガスでライトショーを披露

米国ラスベガスで1月8日から11日まで開催されているCES2018の期間に、インテルは250機のIntel Shooting Starによるドローンライトショーを開催する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


最新の投稿


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。


水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

日本初の水中ドローン(ROV)専業メーカーとして2014年に創業した 株式会社 空間知能化研究所が、自社開発の水中ドローンのレンタルサービス開始を前に、3月30日付で社名を「株式会社 FullDepth」(フルデプス)へ変更したと発表した。