AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

4月10日から米国のフロリダ州オーランドで開催されているMRO AMERICASで、AIRBUS社(本社:フランス)は航空機の検査用ドローンを発表した。(田中亘)


2018年後半の実用を目指して非破壊検査子会社と提携

機体は4本アームに8枚プロペラのマルチコプター

 航空宇宙産業の展示会MRO Americas 2018で、エアバスは航空機のダウンタイムを大幅に短縮し検査レポートの品質を向上させるために、飛行機を格納しているハンガー内で使用する高度検査ドローンによる革新的なメンテナンスツールを実演した。エアバスの広範な航空機の知識と最高クラスのドローン技術を組み合わせた検査用ドローンは、一体型の視覚カメラを搭載し4本アームに8枚プロペラで飛行する。レーザーベースの障害物検知センサーを備え、フライトプランナー用ソフトウェアに、エアバスの航空機検査ソフトウェア分析ツールを用意する。エアバスのドローン航空機検査システムは、航空機胴体の上部を検査するために最適化され、非破壊検査を専門とするAirbusの子会社Testiaと協力して開発された。

MRO Americas 2018でのデモフライトの様子

 検査用ドローンは、オートパイロットによって定義された検査パスに従って、オンボードカメラで必要なすべてのイメージをキャプチャする。高品質の画像は、ソフトウェアシステムを使用して詳細な分析を行うためにPCのデータベースに転送される。オペレータは、航空機のデジタルモックアップと比較することにより、航空機の表面上の視覚的損傷の測定が可能になる。また、ソフトウェアによって検査レポートが自動的に生成される。ドローンは、メンテナンス用のハンガーの内部で使用するように設計されているため、障害を検出し必要に応じて検査を停止できるレーザーベースのセンサーを装備している。レーザーベースの障害物検知により、遠隔操縦を必要とせずに自動的に飛行できる。
 ドローンを活用した新しい検査システムにより、オペレーターとMROプロバイダーは検査時間を短縮して、航空機の早期リリースを可能にし、レポートの全体的な品質を向上させ、損傷のローカライゼーション、再現性とトレーサビリティを向上させる。従来の目視検査では、地面や航空機の上部の伸縮式プラットフォームを使用して、1日がかりで行われている。それに対して、新しい検査プロセスはドローンによる30分の画像キャプチャを含んでもわずか3時間で、オペレータの安全性も向上する。
 新システムは、EASA(European Aviation Safety Agency:欧州航空安全機関)が新しい検査プロセスを承認した後、2018年の第4四半期に業界で利用可能になる。MRO組織にも提供される。エアバスはメンテナンス活動のデジタル化と自動化を通じて、飛行機の増加に伴う航空会社のメンテナンスニーズの増加に対応していく計画。

非破壊検査を専門とするAirbusの子会社Testiaと協力して開発された検査システムも提供

この記事のライター

関連する投稿


エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

2018年2月7日。エアバス社はシンガポール国立大学で、ドローンによる物流を目指すSkywaysプロジェクトを初披露した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


エアバス社が米国でドローン事業を開始

エアバス社が米国でドローン事業を開始

米国テキサス州ダラス。2017年5月10日、エアバス社(証券取引所シンボル:AIR)は、商業用無人機のスタートアップ企業のAirbus Aerial(エアバス・エアリアル)を設立したと発表した。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。