$295で屋根の診断を行うドローン検査サービスが米国でスタート

$295で屋根の診断を行うドローン検査サービスが米国でスタート

LOVELAND INOVATIONS社(本社:米国ユタ州)は、ドローンの自動飛行を活用して$295(約31,000円)で屋根の検査サービスを提供すると発表した。


自動飛行を活用して5分で屋根を撮影して診断

専用のアプリで屋根のエリアを指定すると自動で飛行して撮影する

 LOVELAND INOVATIONS社の屋根診断は、ドローンの自動飛行を活用したサービス。サイトに公開されている動画からは、PHANTOM 4を利用していると見られる。足場などを組んで点検する通常のサービスでは診断結果が出るまでに10〜14日の日数を要するのに対して、DRONE ASSISTと呼ばれる屋根診断サービスは、$295のコストで3〜5日で診断結果を報告する。IMGINGという屋根や土地の点検ソリューションで、ドローンを自動飛行させて撮影した高解像度の画像をAIと深層学習ツールを使用して、診断レポートを作成する。
 LOVELAND INOVATIONS社の創設者ジム・ラヴランド氏は「これは、クレームプロセスの次の進化です。伝統的な請求の調整に代わる迅速で費用対効果に優れた、安全なフルサービスです」と話す。

この記事のライター

最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。