【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


ファルコン8+が日本市場に登場

 株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。
 インテルのファルコン8は北米市場の商用ドローンサービスプロバイダーなどに向けて開発された機体で、日本国内での販売はこれが初めてとなる。ファルコン8+の日本市場での販売に関しては先月インテルから発表があったばかりだが、販売パートナーについては明かされていなかった。
 ファルコン8+は、特徴のある特許取得済みのV字形フレームに、8ローター設計の機体で、インフラ点検、測量、精密農業などに活用できる産業用ドローンだ。ペイロードは測量用にフルサイズの36Mピクセルの高解像度を誇るSony α7Rを搭載することで高精細な画像データの取得が可能となっている。また点検用ペイロードは1台のジンバルにフルサイズセンサーのRGBカメラとFLIR Tau 640カメラを搭載し、RGBおよび14bitRAW赤外線画像をタイムスタンプとジオタグ付きで同時に撮影することができる。ジンバルは上下に90°に動かすことが可能なため、橋梁点検などの真上や真下の撮影ができる。前面のペイロードは絶妙のバランスで。V字フレームの利点を生かし、広い視野角が得られている。
 特に大きな特徴は、インテル・コックピット・コントローラーで、右手スティックで上下左右に動かし、スティックのシリンダーを回すことで左スティックでおこなう旋回の動きを右スティックだけで操作できる。このために操縦モードをモード2のみに固定されているが、右手による操縦に集中でき、微妙な産業用ドローンの操作に対応している。カメラの設定や操作もコントローラー側から行うことができる。
 またバッテリーはスマートバッテリーシステムで、飛行時間は20分程だが、コントローラーと併用できる。
 販売価格(カメラを含む)は300万円ほどになりそう。販売の時期については6月頃になる見通しだ。ファルコン8+の操縦教習は、一般社団法人ドローン大学校(東京都千代田区)で行うことが決まっている。

ファルコン8+について説明するドローンラボ取締役の名倉慎吾氏=4月18日、千葉・幕張メッセ(渡辺照明撮影)

コントロールに集中できるインテル・コックピット・コントローラー。

■Intel FALCON8+UAVの問い合わせ、発注
Intel FALCON8+UAVリセラー 株式会社ドローンラボ
http://www.dronelab.tech/
03-6891-2188

■Intel FALCON8+UAV教習について
一般社団法人ドローン大学校
https://dronecollege.ac/
03-6865-8188

この記事のライター

関連する投稿


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


インテルが強風で独立記念日のドローンライトショーをキャンセル

インテルが強風で独立記念日のドローンライトショーをキャンセル

2018年7月4日。米国カリフォルニア州フェアフィールドのトラビス空軍基地で予定されていたインテルのドローンライトショーが、強風のためキャンセルになった。


「TIME誌」の表紙を958機のインテルドローンが夜空に描いた

「TIME誌」の表紙を958機のインテルドローンが夜空に描いた

958機のドローンが米「TIME」誌の6月号の表紙を飾った。


インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、インテルはIntel Falcon 8+ Systemのアップデートや最新のドローン ソフトウェア ソリューションを発表した。(田中亘)


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。