【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


ソリューションパッケージを展示

各分野のソリューションパッケージを紹介したブイキューブロボティクス=4月19日、千葉・幕張メッセ(渡辺聡明撮影)

 株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。

MATRICE 200搭載の赤外線カメラが来場者の姿をを映し出していた。

 「太陽光発電施設点検パッケージ」サービスは、メガソーラー施設の点検作業の短縮を達成した。具体的には太陽光パネルの配置に合わせ事前にドローンの飛行ルートを設定、赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンは自動航行しながら太陽光パネルを撮影する。撮影された画像データはクラウド上でAIによる画像解析を自動に行い、異常パネルを検知すると、場所が分かる点検レポートを自動作成する。ドローンによる点検作業は作業時間の短縮になっていたが、これまでは画像を解析し、点検結果レポートを作成するまで多くの時間を費やしていた。全ての行程を自動化したことで点検業務の作業効率の向上につなげた。
 防災・減災ドローンについては、これまで宮城県仙台市・株式会社 NTT ドコモ 東北支社と共同で数々の防災・減災に関わる実証実験を 行ってきた。今年3にはLTEネットワークをドローンの制御や映像伝送に活用する「セルラードローン」の自動飛行による「ドローンを活用した津波避難広報の実証実験」をおこない成功させた。
 警備・監視では完全自動運用のドローン遠隔システムを使うことで24時間警備を実現し、警備員がいない場合でもサーマルカメラや画像認識技術を組み合わせ不審者の侵入や交通網の異常などを察知することができるようになった。大手企業の警備を行う五大テック株式会社は、「ドローントータルソリューション」を導入し、広範囲な敷地や高所でも効率的かつ安全な警備監視を実現した。今後、警備の強化や施設点検作業にもドローンを活用したいとしている。
 またドローンの自動離着陸や自動充電が行えるシステムが一体となった“基地”として「DRONEBOX」を展示。DRONEBOXはこれまでのものより大型化し、今後は要望の多いDJI MATRICE 200シリーズや同 MATRICE 600といった産業用の大型ドローンも視野に入れて開発していく。

一回り大きくなったDRONE BOX。進化は続くようだ。

仙台市の実証実験で使用された減災ドローン。

この記事のライター

関連するキーワード


ブイキューブロボティクス

関連する投稿


ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

 全自動ドローン運用サービス「ドローンボックス」など、企業、自治体向けロボティクスソリューションを手掛ける株式会社ブイキューブロボティクス(東京)は6月29日、総額約 12 億円の資金調達を実施し、 7 月 1 日に社名を「式会社センシンロボテ ィクス(SENSYN ROBOTICS)」に変更すると発表した。


ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクスと、株式会社 NTTデータが業務提携契約を締結。


ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、無人航空機(ドローン)操縦者向けにオンライン学科講習サービスを開始した。


ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンによる太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。人工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供が可能となった。


最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。