太陽光発電所のO&M・アセットマネジメントのテーマに特化した日本唯一の国際カンファレンス開催 5月24日・25日

太陽光発電所のO&M・アセットマネジメントのテーマに特化した日本唯一の国際カンファレンス開催 5月24日・25日

今年で第4回目となる「ソーラーアセットマネジメントアジア」が、5月24日(木)、25日(金)の両日、東京コンファレンスセンター・有明で開催さる。


 今年で第4回目となる「ソーラーアセットマネジメントアジア」が、5月24日(木)、25日(金)の両日、東京コンファレンスセンター・有明で開催さる。
 稼働中の太陽光発電所のO&Mとアセット及びポートフォリオマネジメントに特化しており、今年度の講演では日本のPV発電所におけるリスクマネジメント、パフォーマンスの最適化をはじめ、セカンダリマーケットやリファイナンス、テクニカルデューディリジェンス、太陽光ファンドの運用、O&M・AMのデジタル化への対応、リパワリング、ドローンの可能性などについて議論する。
 太陽光発電をはじめとした再生エネルギーの健全な導入には、O&Mとアセットマネジメントを適切かつ効率よく行うことが不可欠。このカンファレンスには、国内外を問わず、O&Mサービスプロバイダー、資産・ポートフォリオマネージャー、IPP企業、投資企業、ディベロッパーやアドバイザーなど、アジアの太陽光発電市場で活躍する人々が参加する。

【カンファレンス概要】
■ イベント名:Solar Asset Management Asia 2018 (ソーラーアセットマネジメントアジア2018)
■ 日程:2018年5月24日(木)・25日(金)(2日間開催)
■ 会場:東京コンファレンスセンター・有明
■ 主催:ソーラープラザインターナショナルBV
■ 参加費用:有料
■ 公式サイトURL:http://bit.ly/2q9u1QW

ソーラーアセットマネジメントアジア(SAM Asia)

https://solarassetmanagement.asia/japanese/?utm_source=pr-times&utm_medium=email&utm_campaign=more-info-partner#solar-asset-management-asia-jp

24-25 May 2018 - Tokyo - 4th edition. Solar Asset Management Asia is Asia’s leading conference dedicated to Solar Operations & Maintenance and Asset / Portfolio Management. 2018年 5月24-25日 /// 東京開催。 アジア最大級、太陽光発電のO&Mとアセット/ポートフォリオマネジメントに特化した唯一のカンファレンス。

・国際的・日英同時通訳のある太陽光カンファレンス
・300名以上の参加者
・50名以上の講演者
・20社以上のスポンサー・パートナー企業

【講演プログラム】

カンファレンスは途中でO&Mのセッションとアセットマネジメントのセッションに2分割し、同時進行で講演を行う。

1日目:5月24日(木)

セッション1:オープニングセッション
日本の再生エネルギー関連の法規制や新しい情報について/その他アジアの主要太陽光市場についての概要
セッション2A :プラントパフォーマンス
コンポーネント&プラントパフォーマンス:開発および建設の過程がもたらすプラントパフォーマンスへの影響
セッション2B :アセットマネジメント
アセットマネージャーの責任範囲&「ポートフォリオレベル思考」と「アセットレベル思考」の基本的な違い
セッション3A:オペレーション&メンテナンス
①日本のO&Mの枠組み:現状、ケーススタディ/ ②低圧案件:C&I(商用&産業用)PV発電所について
セッション3B:インフラファンド
プライベートファンド&インフラファンド: 運用方法や経験、ベストプラクティス
セッション4:PV市場の成熟度合い
成熟したPV市場の例から学ぶ:日本の太陽光発電市場の学習曲線を加速させるには?

2日目:5月25日(金)

セッション5:特別基調講演 「持続可能なエネルギー社会への道」
成長中のPVセカンダリーマーケットにおける発展と機会
セッション6A:データマネジメント
モニタリングシステムへの期待や、ドローンがもたらす価値や可能性分析 & OPEXの最適化、 デジタル化と機械学習の今後の動向
セッション6B:アセットの評価と保険
日本における太陽光発電所の査定:現在の原資産価値の欠点とリスクアセスメント、リスク回避のためのストラテジー
セッション7A:グリッド & ストレージ
グリッドと系統の柔軟性 & 今後の展開について、蓄電池導入の状況、蓄電池のリスクマネジメント、O&M、期待度や可能性
セッション7B: 補助金なしのPV制度への移行
FIT制度から他の制度への移行:海外の事例や経験、日本の入札制度を振り返る
セッション8: 今後の見通し: 日本の太陽光発電市場の歩む道:その先にあるものは
低いFIT価格でも展開できるビジネスモデルや、革新的なビジネスモデル、今後の展望

講演プログラムの全概要はこちら:http://bit.ly/2q9rSVD

【講演のハイライト】

1日目
5月24日(金)16:15-16:45
テーマ: アジアの主要PV市場の概要 / 日本企業の海外における成功事例
講演者:貝塚 泉氏

株式会社資源総合システム
調査事業部 部長
太陽光発電事業のコンサルティング企業として30年以上の歴史をもつ(株)資源総合システムにおいて調査事業部長を務める。太陽光発電市場及び産業のアナリストとして、経済産業省やその他政府機関向けの調査や国内外の太陽光発電産業向けの調査等を担当している。国内外の専門誌において太陽光発電の動向を定期的に執筆している。

2日目
5月25日(金)16:15-16:45
テーマ:日本におけるソーラーインテグレーション:フューチャーグリッド&PV出力制御実証プロジェクト
講演者:深津 尚明氏

東京電力ホールディングス株式会社 
技術開発部 分散電源出力制御プロジェクトマネージャー
1997年から配電系統の電圧制御をはじめとする電力品質に関する研究に従事。
この時、配電用のSVR(自動電圧調整器)やSVC(無効電力補償装置)の開発にも携わる。その後、CHAdeMO協議会として活動。急速充電器の普及に向けて取り組む。2016年から、再生可能エネルギーと既存電力系統との協調に関する研究に従事し、現在に至る。

【講演者情報】
今年度は約50名の講演者にお越し頂く予定です。他の講演者の情報はこちらのページで随時更新しております。:
http://bit.ly/2GX9YQ4


【2018年度参加企業】
スポンサー企業(4月時点):
ダイヤモンドスポンサー:株式会社CO2O
ゴールドスポンサー:Powerhub、SMA、Mott Macdonald、AMPT、Huawei、メテオコントロールジャパン、トリナソーラー、アドラーソーラーワークス、Solarig、Dronegrid、3megawatt
ネットワーキングスポンサー:Staubli、カナディアンソーラー、Vector cuatro
エキシビションスポンサー:Crowd Credit、Green Power Monitor、テュフ ラインランド、KPMG税理士法人
ブランディングスポンサー:Inaccess、ARGOGLOBAL

その他参加を表明されている企業のロゴ一覧はこちら:http://bit.ly/2El9U7J
(※毎週更新)

【カンファレンス参加費用】

・4月27日まで = 早期購入チケット:105,000円(2日間)/ 70,000円(1日間)
・5月23日まで = レギュラーチケット:115,000円(2日間)/ 80,000円(1日間)
・当日購入   = 当日チケット:125,000円(2日間)/ 90,000円(1日間)
・4名での参加  = 4 for 3カンファレンスチケット:88,000円(2日間参加のプランのみ)
(※4 for 3カンファレンスチケットは4人で参加すると1人当たりのチケット価格が88,000円になるプラン)

・ディナーチケット:8,500円(カンファレンスチケットをご購入者のみご購入可能)
・プロジェクト視察ツアー参加チケット:12,500円(カンファレンスチケットの購者のみ購入可能)
※チケット価格は1人当たりの価格。


チケット申込みフォーム:
http://bit.ly/2uU4Bwe


・ウェブからのお申し込みの場合:
上記リンクのフォームに必要事項を入力し、クレジットカードもしくはペイパルで支払う。
・請求書払いの場合:
saori@solarplaza(担当者:南野)宛てにチケット購入希望の旨を伝えること。

【前日にプロジェクト視察イベントを開催】

カンファレンス前日に、京セラ株式会社の協力で、日本最大の水上太陽光発電所「千葉 ・山倉水上メガソーラー発電所」のプロジェクト視察イベントを開催する。

※この視察はは5月24日・25日のカンファレンスの参加者のみが追加で申込みできる限定イベント。内容や料金など、詳しくは担当者まで連絡のこと。(人数制限あり)

…この記事の続きを読む

【本件に関するお問い合わせ先】
ソーラーアセットマネジメントアジア運営チーム
日本地域担当者:南野
メールアドレス:saori@solarplaza.com
電話:+31 64 323 6064(海外番号)

この記事のライター

関連する投稿


UAVOSの太陽光発電SAT-i航空機が10時間の連続飛行を達成

UAVOSの太陽光発電SAT-i航空機が10時間の連続飛行を達成

2018年7月12日。マウンテンビューの無人ソリューション専門会社UAVOS Inc.は、昼間の監視と航空写真撮影を行うように設計された太陽光発電無人機SAT-iで、10時間の連続飛行を達成した。


【CES2018】太陽光で発電して飛行するドローンが登場する

【CES2018】太陽光で発電して飛行するドローンが登場する

国立台湾大学の研究室が、ドローンの長時間飛行に取り組むために、太陽光で発電しながら飛行するソーラードローンをホームページで発表した。また、米国のsUAS Newsによれば、米国ラスベガスで1月9日から開催されるCES2018で、ブース#52105に展示される予定。


テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 2017年2月14日、 太陽光発電関連事業者向けサービスを開始したと発表。


最新の投稿


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。


20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

2015年に17歳でTeal社を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEOは、3年の歳月をかけてTeal Oneドローンの製品化を実現し販売を開始した。最高速度60mph(約96km/h)の高性能ドローンは、米国のドローン市場を革新するだろうか。


防災に広がるドローン活用 危機管理産業展2018

防災に広がるドローン活用 危機管理産業展2018

防災・減災、セキュリティ、事業リスク対策など危機管理分野で活用される最新技術・製品・サービスを一堂に集めた危機管理産業展2018が、10月10日〜12日、東京ビッグサイトで開催され、幅広い分野での無人航空機の活用事例も紹介された。