インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、インテルはIntel Falcon 8+ Systemのアップデートや最新のドローン ソフトウェア ソリューションを発表した。(田中亘)


デジタル資産管理システムのインテル Insight Platformの詳細を公開

 インテル Insight Platformは、2017年9月のInterDroneで最初に発表された。それから約8ヶ月の間に、いくつかの業界で戦略的な企業顧客に導入されてきた。インテル Insight Platformは、商用ドローンが収集する豊富なデータを、顧客が保管し共有し管理できるクラウドベースのデジタル資産管理システム。ドローンが収集したデータを使用して、インテル Insight Platformは2Dおよび3Dモデルを生成し、測定を行う。そして、クラウドを介してチーム間で共有およびコラボレーションやデータ分析を可能にする。インテルは、Delair 社(フランス)と協力して、エンタープライズ顧客向けにインテル Insight Platformを提供する。

公開されたIntel Insight Platformの画面例

フライトコントローラーのミッションコントロールのアップデート計画

 インテル ミッションコントロール ソフトウェアは、Intel Falcon 8+ Systemの飛行計画やプロジェクト管理にデータ処理を実現するソフトウェア。商用ドローン飛行に関するワークフローの効率を高め、ドローンの自動化を強化するように設計されている。インテル ミッションコントロールにより、Intel Falcon 8+のオペレーターは、商業測量、マッピング、検査ミッションのための2Dおよび3D飛行計画を作成できる。飛行計画は、高度なプリセット マッピング モードで自動化される。最新のアップデートでは、飛行に関する複数の層が統合され、飛行の安全性とコンプライアンスをサポートする。そして、自動化された飛行前の安全性とシステムチェックは、ミッションが実行される前に飛行計画を検証するのに役立つ。インテル ミッションコントロール ソフトウェアは、現在、次期バージョンに向けて、高度な機能を搭載したベータ版を一部の顧客に提供し、テストを行っている。

次期アップデートに向けてベータ版を一部のユーザーに提供しているフライトコントローラーのミッション コントロール

インテルのRealSenseテクノロジーを搭載したFalcon 8+が登場

4240万画素の解像度やIntel RealSenseを搭載した最新のペイロードシステム

  Intel Falcon 8+ System用の新しいカメラとジンバルが発表された。まず、カメラにはソニーのレンズスタイルカメラが搭載される。インテルが公開した写真によれば、F1.8/24mmのカールツァイス製レンズを搭載したモデルで、発表された性能はフルフレームのSony RX1R IIに匹敵する4240万画素の解像度で、画像を鮮明にキャプチャする。将来的には、ソフトウェアのアップグレードによりRTKのサポートも予定している。また、20万画素のSony UMC-R10Cカメラを搭載したインテル デュアル イメージングペイロードは、Intel RealSense テクノロジーによる衝突回避をサポートする。Intel RealSense テクノロジーは、リアルタイムでイメージストリームを高解像度の3D深度マップに計算し、障害物を検出する。インテルイメージングおよびインテルデュアルイメージングペイロードの障害回避機能により、Intel Falcon 8+ドローンは、潜在的な障害や危険を検出して回避することで、検査中に資産から一定の距離を保った飛行が可能になる。フライト ミッション内では、オブジェクトはリアルタイムで常に識別され、3D深度マップがメモリ内に維持される。加えて、マッピング、測量、および検査のために、リアルカラー、タイムスタンプ付きおよびジオリファレンス画像も撮影できる。さらに、同ペイロードには、RGBイメージキャプチャと熱イメージングを同時に行うために、ジンバルに2台のカメラが搭載され、次の四半期に利用可能になる。

この記事のライター

関連する投稿


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


インテルが強風で独立記念日のドローンライトショーをキャンセル

インテルが強風で独立記念日のドローンライトショーをキャンセル

2018年7月4日。米国カリフォルニア州フェアフィールドのトラビス空軍基地で予定されていたインテルのドローンライトショーが、強風のためキャンセルになった。


「TIME誌」の表紙を958機のインテルドローンが夜空に描いた

「TIME誌」の表紙を958機のインテルドローンが夜空に描いた

958機のドローンが米「TIME」誌の6月号の表紙を飾った。


革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、米国シアトルに本拠を置く航空機のスタートアップJetoptera社は、革新的な流体推進システムを展示し、J2000というフライングカーのコンセプトを発表した。(田中亘)


インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテル(米国)は、創立50周年を記念して、Intel ShootingStarによるドローンライトショーで、1,500台以上の記録を樹立する計画を発表した。(田中亘)


最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。