革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、米国シアトルに本拠を置く航空機のスタートアップJetoptera社は、革新的な流体推進システムを展示し、J2000というフライングカーのコンセプトを発表した。(田中亘)


小型のターボジェットよりも効率のよいガスジェネレーターを推力にしたフライングカー

 Jetopteraの発表したJ2000は、時速200マイル(約320km/h)で飛行し、垂直離着陸が可能なフライングカー。同社が開発したガスジェネレーターを増強した革新的な流体推進システムにより、プロペラよりも高速で、ターボジェットよりも低騒音な飛行を目指す。すでに、いくつかの試作モデルによるテスト飛行を実現しているが、今回のAUVSI Xponentialイベントでは、実際の流体推進システムの展示と、J2000のコンセプト動画を公開した。新開発の推進システムは、小型ターボジェット機と比較して推進効率を10%以上も向上させ、燃料消費量を10%以上は低減する。また、ターボファンやターボプロップに比べて重量が約30%節約され、複雑さも大幅に軽減される。この推進システムと統合された機体は、ホバリングとVTOLが可能になる。
 公開された動画によれば、J2000は機体の前後に2基ずつの流体推進システムを備え、離着陸時には下方に噴射する。空中では、前方の噴射口を格納し、後方の推進システムだけで飛行する。Jetopteraでは、J55という試作モデルの試験飛行は完了しているが、J2000の実現に向けて、何段階かの機体が計画されている。

Jetopteraのフライングカーのロードマップ

この記事のライター

関連する投稿


インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、インテルはIntel Falcon 8+ Systemのアップデートや最新のドローン ソフトウェア ソリューションを発表した。(田中亘)


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。