DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

『DroneAgent』 高解像度一眼カメラ「SONY α7R III」をDJI製大型ドローン「Matrice600pro」に搭載し撮影した、360度のパノラマ眺望写真を公開。眺望撮影に最適な機材の提案や導入相談にも対応、各種機材も販売。


 オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、DJI製の産業用ドローン「Matrice600pro」に、デジタル一眼カメラ「SONY α7R Ⅲ」を搭載し、高度60mから横浜みなとみらいの360度パノラマ撮影を、日中と夕方の2つのシチュエーションで行った。
 撮影した360°パノラマ写真は、 「パノラマ 不動産 眺望」(https://droneagent.jp/panorama/ ) で見ることができる。なおこのサイトでは、パノラマ眺望撮影について、各種機材や方法などについて紹介している。

 ドローンを使ったパノラマ撮影は、タワーマンションの広告宣伝素材としてニーズが高まっている。特にコルトン*用に高解像度の画像が必要とされるため、同社では有効約4240万画素で、ノイズが少なく夜景撮影にも適した、最新デジタル一眼カメラ「SONY α7R Ⅲ」を撮影に使用している。
 同社では、撮影だけでなく、事前の許可申請や現場の電波状態や工事の状況確認、撮影後、要望に応じた画像加工も一貫して行う。また、夕景・夜景の撮影は、コアタイムが限られるため、天候や諸条件を考慮し、安全性を確保しながら、実施することになる。

*コルトン:内照式の看板等に使用するプラスティック製のフィルム

360度パノラマ眺望写真 1

360度パノラマ眺望写真 2

360度パノラマ眺望写真 3

専門サイト(https://droneagent.jp/panorama/ )画面上で360度ご見られる。

「Matrice600pro」に「SONY α7R Ⅲ」を搭載

「パノラマ 不動産 眺望」の撮影に特化した専門サイト(https://droneagent.jp/panorama/ )

株式会社FLIGHTS
本社: 東京都港区新橋5丁目8−4 柴田ビル2F
代表: 代表取締役 峠下 周平
設立: 2016年3月4日

<問い合わせ先>
株式会社FLIGHTS
https://droneagent.jp/panorama/
TEL: 03-5860-1023
Mail: info@droneagent.jp

この記事のライター

関連する投稿


DroneAgent、ドローン操縦士採用イベント「ドローン操縦・空撮体験会 in Tokyo 8/25開催

DroneAgent、ドローン操縦士採用イベント「ドローン操縦・空撮体験会 in Tokyo 8/25開催

DroneAgentでは、TV、CM、企業プロモーションビデオ、パノラマ撮影など空撮案件増加により、ドローン操縦士を積極採用するイベントを開催。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 株式会社ビックカメラと提携し、 DJI製の産業用ドローンの販売サポートとアフターサポートを開始。


ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になる。


最新の投稿


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。


20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

2015年に17歳でTeal社を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEOは、3年の歳月をかけてTeal Oneドローンの製品化を実現し販売を開始した。最高速度60mph(約96km/h)の高性能ドローンは、米国のドローン市場を革新するだろうか。


防災に広がるドローン活用 危機管理産業展2018

防災に広がるドローン活用 危機管理産業展2018

防災・減災、セキュリティ、事業リスク対策など危機管理分野で活用される最新技術・製品・サービスを一堂に集めた危機管理産業展2018が、10月10日〜12日、東京ビッグサイトで開催され、幅広い分野での無人航空機の活用事例も紹介された。