DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

コンシューマ向けドローンの世界的リーダーのDJI(中国)は、大手ITベンダーの米国Microsoft(シアトル)と、戦略的なパートナーシップを発表した。Microsoftは、エッジ コンピューティングとクラウド コンピューティングで、DJI製のドローンに高度なAIと機械学習を提供する。(田中亘)


マイクロソフトの開発者向け会議Build 2018の会場でDJIのドローンを使って配管の欠陥をAIで解析する様子

MicrosoftがDJIのドローンでリアルタイムAIと機械学習を可能にする

DJIの開発者向けサイトではベータ版の登録を開始する予定

 DJIとMicrosoftの提携により、Windows用の新しい開発ツールを活用して、DJIドローンのユーザーは、Azure IoTエッジサービスによるリアルタイムAIと機械学習の開発が可能になる。DJIは、Windows用ソフトウェア開発キット(SDK)をリリースし、商用ドローン技術を世界最大のエンタープライズ開発者コミュニティに提供する。DJIのドローンは、Windows 10のPC用に作成されたアプリケーションを使用して、完全な飛行制御とリアルタイムのデータ転送など、産業用途向けにカスタマイズした制御が可能になる。またDJIは、Microsoft AzureのAIおよび機械学習を利用して、ドローンで収集した膨大な数の航空写真やビデオデータから、実践的な洞察を導き出すクラウドコンピューティングを実現する。今回のパートナーシップにより、DJIはAzure IP Advantageプログラムを利用して、知的財産の保護にも取り組む。
 Microsoftのクラウド&エンタープライズ グループのスコット・ガスリー(Scott Guthrie)氏は「コンピューティングが普及するにつれて、インテリジェントなエッジは、次の技術のフロンティアとして浮上しています。DJIは商用ドローン技術のリーダーであり、Microsoft Azureはビジネスに適したクラウドです。私たちは、比類のないインテリジェントなクラウドとAzureのIoT機能を最先端のデバイスにもたらし、農業、公共安全、建設など複数の業界のビジネスを変革する可能性をもたらします」と述べる。
 DJIの新しいSDK for Windowsは、自律飛行やリアルタイムデータストリーミングなど、DJIドローンを遠隔操作できるWindowsアプリケーションの開発を可能にする。同SDKは、Windows開発者コミュニティが、マルチスペクトルセンサーやカスタムアクチュエータにロボットコンポーネントなど、サードパーティ製のペイロードを統合して制御することも可能にし、企業でのドローンの使用方法を拡大する。
 DJIのロジャー・ルオ(Roger Luo)社長は「マイクロソフトとのパートナーシップにより、DJIのフライト プラットフォームをマイクロソフトの開発者に提供することを嬉しく思います。新しいSDKを使用することで、Windows開発者はドローンとAIに機械学習を使用して、ビジネスの時間とコストを節約し、ドローンのテクノロジーを業務の中核にするインテリジェントな飛行ロボットを作成できます」と話す。
 マイクロソフトとDJIは、SDK for Windowsのほかに、Azure IoT EdgeとAIテクノロジを使用して、農業、建設、公共安全などの主要な産業セグメントの顧客に対して、商用ドローン ソリューションを共同で開発していく。Windows開発者は、クラウドサービスのAzureとIoTツールセットと共に、DJIのドローンを使用して、クラウド上でトレーニングしたAIや機械学習を活用し、現場のドローンでリアルタイムのAIソリューションを構築できるようになる。
 DJIとマイクロソフトは、Azure IoT Edge上で実行されているAIモデルを使用して、航空センサーと地上センサーからのデータを集約して分析するMicrosoftのFarmBeatsソリューションを活用し、精密農業の技術を進歩させるために既に協力している。Microsoft FarmBeatsは、DJIのPC Ground Station Proソフトウェアとマッピングアルゴリズムを統合し、Azure IoT Edgeでリアルタイムのヒートマップを作成する。これらのヒートマップは、土壌条件が種子の発芽に適しているかどうかを示すことによって農家の作付け戦略を知らせるなど、さまざまな方法で使用できる。

 WindowsのSDKとDJIの完全な統合の詳細については、2018年の秋に公開される。現在は、以下のサイトでベータ版の提供を予定している。
developer.dji.com

DJIとMicrosoftが協力して精密農業に取り組む

この記事のライター

関連する投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とDJI JAPANは、女子旅コミュニティ「タビジョ」にむけ、ドローンを活用した空撮や、縦型動画に対応可能な次世代型トラベラー育成プログラムを組み、旅の魅力を伝える新たなシェア方法を実現する。


DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

2018年8月6日 、中国、深セン。民間用ドローンの世界的リーダーのDJIは、LINE FRIENDSとのブランド提携を発表した。


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。