ドローンが65人の命を救った 2017年、DJIの人命救助事例を最新レポート

ドローンが65人の命を救った 2017年、DJIの人命救助事例を最新レポート

DJI がドローンの人命救助に関する最新レ ポートを発表し、その中で、2017 年には少なくとも 65 名の人命救助にドローンが活用されていると発表した。このレポートは、世界中のニュースサイトや公的安全機関からの報告を収集し、 五大陸で発生した 27 件の個別事例が含まれている。


2017年、DJI ドローンによる人命救助事例の最新レポート

 今回の人命救助レポートと2016年度の発表(※英語のみ)と併せると、ドローン活用による人命救助数は、のべ 124 名にのぼる。今回のレポートでは、オーストラリアとブラジルで水難者にブイを落としての救助、イギリスとアメリカでは、氷点下で意識を失っている遭難者を発見、また、野山、川、山岳地帯に取り残された 遭難者の救助など、ドローンを活用した世界各国の人命救助事例を紹介している。

 レポートによると、少なく とも 18 名が、暗闇や茂みの密集地帯など、肉眼では目視できないエリアで、ドローンの赤外線サー マルカメラを活用することによって発見されている。
 イギリスのリンカンシャー州の事例では、人里離れた暗い道で冬の夜に交通事故が発生し、要救助者 である運転手を肉眼では発見することが難しい状況だった。しかし、赤外線サーマルカメラを搭載し たドローンが、事故現場から離れた溝の中に運転手が倒れているのを空中から発見し、救助することができた。この劇的な救出の一部始終は、ドローンにより記録された。

※「More Lives Saved: A Year of Drone Rescues Around The World(※英文のみ)」
https://www.dropbox.com/s/7f6lhzz5mt1fcz0/More%20Lives%20Saved%202018.pdf?dl=0

 車の衝突事故の犠牲者は意識が無く、冷え込んで真っ暗な道路では発見することが難しかった。イギリスのリンカンシャー警察の警官は、ドローンと赤外線サーマルカメラを使うことで犠牲者の命を救った。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 人命救助

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。


20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

20歳の起業家が米国でTeal Oneドローンの販売を開始

2015年に17歳でTeal社を創業したジョージ・マタス(George Matus)CEOは、3年の歳月をかけてTeal Oneドローンの製品化を実現し販売を開始した。最高速度60mph(約96km/h)の高性能ドローンは、米国のドローン市場を革新するだろうか。


防災に広がるドローン活用 危機管理産業展2018

防災に広がるドローン活用 危機管理産業展2018

防災・減災、セキュリティ、事業リスク対策など危機管理分野で活用される最新技術・製品・サービスを一堂に集めた危機管理産業展2018が、10月10日〜12日、東京ビッグサイトで開催され、幅広い分野での無人航空機の活用事例も紹介された。