ドローンが65人の命を救った 2017年、DJIの人命救助事例を最新レポート

ドローンが65人の命を救った 2017年、DJIの人命救助事例を最新レポート

DJI がドローンの人命救助に関する最新レ ポートを発表し、その中で、2017 年には少なくとも 65 名の人命救助にドローンが活用されていると発表した。このレポートは、世界中のニュースサイトや公的安全機関からの報告を収集し、 五大陸で発生した 27 件の個別事例が含まれている。


2017年、DJI ドローンによる人命救助事例の最新レポート

 今回の人命救助レポートと2016年度の発表(※英語のみ)と併せると、ドローン活用による人命救助数は、のべ 124 名にのぼる。今回のレポートでは、オーストラリアとブラジルで水難者にブイを落としての救助、イギリスとアメリカでは、氷点下で意識を失っている遭難者を発見、また、野山、川、山岳地帯に取り残された 遭難者の救助など、ドローンを活用した世界各国の人命救助事例を紹介している。

 レポートによると、少なく とも 18 名が、暗闇や茂みの密集地帯など、肉眼では目視できないエリアで、ドローンの赤外線サー マルカメラを活用することによって発見されている。
 イギリスのリンカンシャー州の事例では、人里離れた暗い道で冬の夜に交通事故が発生し、要救助者 である運転手を肉眼では発見することが難しい状況だった。しかし、赤外線サーマルカメラを搭載し たドローンが、事故現場から離れた溝の中に運転手が倒れているのを空中から発見し、救助することができた。この劇的な救出の一部始終は、ドローンにより記録された。

※「More Lives Saved: A Year of Drone Rescues Around The World(※英文のみ)」
https://www.dropbox.com/s/7f6lhzz5mt1fcz0/More%20Lives%20Saved%202018.pdf?dl=0

 車の衝突事故の犠牲者は意識が無く、冷え込んで真っ暗な道路では発見することが難しかった。イギリスのリンカンシャー警察の警官は、ドローンと赤外線サーマルカメラを使うことで犠牲者の命を救った。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 人命救助

関連する投稿


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

無人化技術分野のリーダーたちが集う国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」で、 DJIとAUVSIが主催する第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」への応募が開始された。


DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

2019年1月11日 - 欧州。DJI EMEAは、ドローン事件の初期報告を評価する際には注意するようにと喚起した。過去の誤認には、ビニール袋やバルーンがあったという。


システムファイブ、「DJI産業用ドローン展示会」を開催

システムファイブ、「DJI産業用ドローン展示会」を開催

赤外線カメラ・可視カメラ両搭載ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」や照明・スピーカーを搭載可能な「Mavic 2 Enterprise」など、様々なお仕事ができるドローンを展示。


DJI、内蔵ディスプレイ搭載「スマート送信機」を CES 2019 で発表

DJI、内蔵ディスプレイ搭載「スマート送信機」を CES 2019 で発表

DJIは、CES 2019 で DJI ドローン用の内蔵ディスプレイ搭載のスマート送信機を発表した。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。