米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国DJIは、Phantom 4 Proの改良モデルになるV2.0の発売を開始した。新型モデルは、飛行音が60%静かになり、1インチCMOSセンサーによる高画質な撮影と60fpsの4K動画撮影に対応する。(田中亘)


1インチのセンサーとメカニカルシャッターでカメラ性能が向上

1インチのセンサーと高画質なレンズを搭載する

 Phantom 4 Pro V2.0は、1インチ20メガピクセルのExmore R COMSセンサーを搭載し、f2.8〜f11の絞りとメカニカルシャッターを備え、60fpsの4K動画が撮影できる。飛行時間は30分で最大制御範囲は4km。改良のポイントは、改善されたプロペラによる4dBのノイズ低減。5.5インチのディスプレー一体型の送信機は、1000cd/m2の輝度で1080pの動画を表示できる。また、OcuSync HD伝送システムにより、4KフィードをDJIのヘッドセットに直接転送し、FPV飛行を可能にする。両目の視界は85度で、1080pのライブカメラビューを実現する。そして、7mの距離まで検知できる赤外線センサーを備える。

プロペラが改良されて4dBのノイズ低減を実現している

最大で7mまで検知できる赤外線センサーが搭載される

1000cd/m2の輝度で1080pの動画を表示できるディスプレーを備えた送信機

この記事のライター

関連するキーワード


Phantom 4 Pro V2 DJI

関連する投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とDJI JAPANは、女子旅コミュニティ「タビジョ」にむけ、ドローンを活用した空撮や、縦型動画に対応可能な次世代型トラベラー育成プログラムを組み、旅の魅力を伝える新たなシェア方法を実現する。


DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

2018年8月6日 、中国、深セン。民間用ドローンの世界的リーダーのDJIは、LINE FRIENDSとのブランド提携を発表した。


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。